2006/8/21

大塚直人と仲間展  館外展・関連企画

N事務局長が文京区に、ぼくが鴻巣市にそれぞれ展示作業で外出し、美術館はY子さんとM子さんの2人だけの一日となりました。有料入館者は久しぶりに100人を切って87人。今週は館外のイベントが重なり、スタッフが外出することが多いため、事務局がやや手薄になります。

  *  *  *

2004年に丸木美術館でも企画展を行った画家、大塚直人さんと彼をサポートする仲間たちの展覧会が鴻巣市文化センター「クレアこうのす」ではじまりました。
展覧会の準備のため、午前中から川越のMさんはじめカルディア会(Mさんが主宰する心障者のアトリエグループ)の仲間たちと共に、いつも美術館でボランティアをしてくれるDさん、Kさん、ぼく(と妻T、息子R)も展示作業を手伝いました。
相変わらず大塚さんの作品のパワーはすごいです。今回は彼が彩色したギターやマンドリンも出品されています。ガラスに描かれた動物たちの絵は展示場の窓に並べて展示され、窓の向こうに見える芝生の上を歩いているようにも見えます。

大塚直人と仲間展
2006年8月21日(月)〜27日(日)午後0時〜午後6時 入場無料
クレアこうのす展示場(免許センター前 文化センター内)
主催 自浄アトリエ★カルディア会
協賛 海老原夕美法律事務所
協力 啓朋学園、生活支援サービスにじ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ