2006/4/15

美術館クラブ「かわいいペンダントを作ろう」  ワークショップ

クリックすると元のサイズで表示します
▲今回は「お話し会」もありました。

4月15日の回は、鈴木好子さんの案内で、「かわいいペンダント(年輪を生かしてワイルドに作ろう)」。参加者はスタッフを含めて20人程度。輪切りにした木の幹(太いのも細いのもある)に絵を描いて、それを首から紐でぶらさげるペンダントを作るという内容。今日は川越から初めて参加する子どもたちも多く来てくれた。
ワークショップの後には、Hさんのギターで「おんぼろ水車」などの歌も歌い、小川のお話し会の方が昔話と人形劇をやってくれた。妻Tの差し入れの手作りお菓子は、イチゴのケーキ。
わが家は妻Tのリクエストでぼくが息子Rの似顔絵を描いたペンダントを作り、妻Tは息子Rのために大好きな「でんしゃ!」の絵のペンダントを作った。二人ともそのペンダントをずっとぶらさげて一日を過ごし、妻Tはそのまま夜寝てしまった。
次回は5月5日(金/祝)の開館記念日、石塚悦子さんの案内で「手作り和紙で貼り絵を作ろう」。材料費500円、親子でも一人でも年齢にかかわらず参加可能。午前11時からはじまります。興味のある方は丸木美術館まで。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ