2006/4/7

団体来館、下見など  来客・取材

午前中、陶芸家のKさんがグループを引き連れ来館。「原爆の図」の前で館内説明を行う。直前にうっかり差し入れのブランデーケーキを食べてしまい、ややほろ酔い気味で説明をしてしまった。その危機感のせいか、説明はいつもより調子が良く、しかも柔らかくできた気がする。
午後には埼玉県立U高校のI先生一行が5月2日の遠足の下見のため来館。U高校は、毎年この時期に平和資料館と丸木美術館をセットで訪れてくれる団体で、1学年320人ほどが来館する予定。

午後、埼玉新聞のH記者が来館。支援芸術祭と丸木美術館の近況について取材をする。
今日も入館者は多く、作品も絵画を中心にずいぶん売れた。地元の出品作家の方も来館して、他の作家さんの作品を購入して下さった。

S印刷のSさんが支援芸術祭の増刷チラシを納品して下さる。また、合わせてお願いしていた新版「丸木美術館ミニガイドブック」の納品が4月18日に決定。
「原爆の図」をライフワークにしている舞踏家の和泉舞さんからブックレット「舞祷 和泉舞の世界」が届いた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ