2005/8/9

8月9日(火)  分類なし

【今日の入館者】141人(団体21人、招待1人、友の会5人)

神宮寺より『原爆の図』搬入
長野県松本市の浅間温泉神宮寺で展示されていた原爆の図第3部『水』、第10部『署名』が帰館。2点とも大きな損傷はなく、無事に搬入を済ませる。神宮寺の展覧会には今年も1200人の方々が来場したとのこと。会場には丸木美術館のためのカンパ箱を設置したそうで、そのカンパ金も届けて下さった。感謝。

中国・北京出張
9月2日より中国の北京美術館に『原爆の図』6点が展示されるため、作品に付き添って北京に出張することとなった。8月28日の中国国際航空9時30分成田発の飛行機で出発し、オープニングを見届けて、9月3日の9時40分北京発の便で帰国予定。

東松山市民ギャラリー
午後、N事務局長と学芸員実習生の2人は東松山市民ギャラリーに三橋國民「ホタルと鎮魂」展の作品展示の手伝いに行く。実習生の感想は「涼しくてよかった」。
N事務局長の報告によると、隣の展示室で丸木美術館のT顧問の「美の遍歴」展が開催されていて、丸木位里『モンブラン』も展示されていたとのこと。8月末まで開催しているので一度顔を出しておきたい。

学芸員実習最終日
今日は専修大学のIくんと千葉大のNさんの実習最終日。閉館後、みんなで近くの店に行き、打ち上げをする。
Iくんの感想「丸木美術館の良い点はお客さんとスタッフが密接に関われること。いろいろな価値観を持った人たちと接することができたのは自分にとって大きかった」
Nさんの感想「初日に丸木夫妻の作品に対する話を聞いて、この美術館が保存第一主義ではない点が嬉しかった。保存も大切だけど、今あるものを今の人たちにきちんと伝えていきたいと感じ、胸のつかえが下りたような気がした」
0

2005/8/9

8月8日(月)  分類なし

【今日の入館者】80人(友の会3人)

多摩市平和展搬出
午前9時から東京多摩市のパルテノン多摩で「多摩市平和展」に出品されていた原爆の図第2部『火』、第6部『原子野』、第11部『母子像』の搬出に立ち会う。実行委員の方々からは6日のイベントに来場した吉永小百合さんのお話を聞く。「竜宮城からやってきた乙姫さま」のようだったとのこと。何年も前からずっとお願いしていて、ようやく実現したそうなので、皆さんとても嬉しそうだった。『原爆の図』の貸出は3年目の今年で一区切りとなるが、「今後も機会がありましたらぜひよろしくお願いします」と挨拶し、午後には丸木美術館に移動して『原爆の図』の搬入展示作業。3点とも大きな損傷はなく、無事終了。

若本武志写真展最終日
丸木美術館周辺の自然を撮影した若本さんの写真展が終了した。職場の同僚の先生たちも多く来てくださったとのことで、まずは「大成功」と若本さんもご機嫌な様子だった。久しぶりに遊びに来た友の会のIくん(宇都宮在住)も手伝ってくれて、アートスペースの展示を元に戻し、午後6時過ぎにはビールで乾杯。お疲れさま。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ