2005/7/30

7月30日(土)  分類なし

▲和泉舞さん『原爆の図』舞踏リハーサルの様子

【今日の入館者】114人(団体54人、障害者1人、友の会3人)

学芸員実習生
今日から8月9日(火)までの11日間、千葉大のNさんと専修大のIくんが学芸員実習で美術館に来る。初日の今日は簡単なミーティングの後、ひろしま忌のポスター作りと、とうろう作りの準備をしてもらう。学芸員実習とは、学芸員の資格を取得するための必須課程。他の美術館では専門的なカリキュラムを組む場合が多いが、丸木美術館の場合は職員といっしょに汗を流して働いてもらう。文字通りの“実習”である。
暑い時期の実習なので、決して楽しいことばかりではないと思うが、その後もボランティアとしてイベントに参加してくれる実習生が多いのが丸木美術館の学芸員実習の特徴である。かくいう私も実習をきっかけにしてボランティアから学芸員の道を歩んでいる。

和泉舞『原爆の図』舞踏 リハーサル
8月6日ひろしま忌に『原爆の図』舞踏を公演する和泉舞さんがスタッフと共に来館。会場の設営と音響、スライドなどの確認とリハーサル。午後2時頃からはじまり、当日と同じ時間帯の明るさを確認しながら午後9時頃まで作業をする予定。
また、以前和泉さんの舞踏を記事にしてくれた東京新聞町田通信部のK記者から問い合わせがあり、8月6日の前に紹介してくださるとのこと。和泉さんの舞踏についてコメントを求められたので、「戦争の記憶は、体験者と被体験者のあいだに決定的な距離(越えられない壁)があり、被体験者はその“遠さ”を自覚しながら、しかし、なおかつそこに近づくために、残された文章や絵画を手がかりにしながら想像力を働かせる必要がある。和泉さんの舞踏は、そうした試みのひとつであると個人的には考えている」と返答する。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/7/30

7月29日(金)  分類なし

▲多摩市平和展 会場展示の様子

【今日の入館者】38人(友の会2人)

多摩市平和展 会場展示
7月30日(土)から8月7日(日)まで東京多摩市のパルテノン多摩で行われる「多摩市平和展」に原爆の図第2部『火』、第6部『原子野』、第11部『母子像』を搬入。午前中は美術運送業者が丸木美術館に来館して作品を積み込み、午後からパルテノン多摩の会場にて展示作業。会場には町田市のK理事も来て下さった。
「多摩市平和展」は一昨年から3年連続でこの時期に『原爆の図』を借りて展示している。毎年数千人が会場を訪れているとのこと。『原爆の図』を借りるのは今年が最後だそうだが、またいつか声をかけていただきたい。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/7/29

7月28日(木)  分類なし

【今日の入館者】46人(団体28人、友の会1人)

夏休み期間中は無休
丸木美術館は開館日だが、私は8・6前の(おそらく最後の)休み。美術館は夏休み中無休なので職員は交替で休みをとることになる。明日からまた忙しい日々を送るので、息子といっしょに川越の伊佐沼公園に行き水浴びをしてリフレッシュ。

大道あや展情報
下記の要項で「大道あや展 いのちの絵にたどりつく」が巡回されます。
大道あやさんは丸木位里さんの妹で、院展や女流展にも入選した日本画家です。お近くの方はぜひご覧下さい。
8月6日(土)〜14日(日)滋賀県立長浜文化芸術会館
8月20日(土)〜28日(日)滋賀県立水口文化芸術会館
9月4日(日)〜19日(月・祝)滋賀県立草津文化芸術会館
いずれも入館料500円(中学生以下無料) 午前9時〜午後5時 月曜休館
『ヒロシマに原爆がおとされたとき』ほか絵本原画4作品、大作『しかけ花火』など約100点を展示。
0

2005/7/27

7月27日(水)  分類なし

▲台風で増水した都幾川

【今日の入館者】85人(団体59人、招待2人、障害者1人)

台風一過
台風7号は都幾川が増水した程度でたいした被害もなく、今日は台風一過の乾いた晴天。N事務局長、美術館のまわりを点検・整備して歩く。
展覧会2日目の若本武志氏は午前中のみ来館し、美術館周辺の写真を撮影したあと、木陰にハンモックのような椅子を置いて気持ちよさそうに睡眠。

団体入館
午前中に三多摩広島派遣団27人、午後に入間市平和バスツアー32人が来館。館内説明を行う。駐車場問題は相変わらず難しく、結局バスには路上に停車して待機してもらうことになってしまう。

「ホタルの里の展覧会」報告
昨日、「天の園」の会のIさんより、「ホタルの里の展覧会」の成果を東松山市の女性ネットワークの発行紙に報告して欲しいと依頼された。締め切りは今月末までと急なので、早速原稿を書く。

「ホタルの里の展覧会」からはじまる一歩
5月22日から7月15日まで丸木美術館で開催された「ホタルの里の展覧会」。唐子地区の恵まれた自然環境から「生命のつながりが見える未来」を考えるというこの企画展は、アニメ「天の園」上映委員会、唐子地区ハートピアまちづくり協議会、東松山市、丸木美術館の共同開催という初めての試みで行われました。
展覧会の初日は、市民文化センターで行われたアニメ映画『雲の学校』の上映会の当日でした。上映会はたいへんな盛況で、そのあとに美術館を訪れる家族連れの姿も目立ちました。感想ノートには「映画を見た足でやってきました。唐子にはよく遊びに来るので、子どもたちには自然にいっぱいふれさせてあげたいです」という言葉もありました。
 和太鼓クラブの演奏、東松山市歌・唐子よさこいの披露、児童文学『天の園』の朗読会、竹のろうそく立て作りのワークショップ、ささら獅子舞など地元の出演者によるイベントが盛りだくさんだったのも今回の大きな特徴でした。会場となった美術館の前庭に150人を越える人たちが集まった日もありました。
 会期全体の入館者数はそれほど伸びませんでしたが、それでもこの企画を「成功だった」と思えるのは、さまざまな人たちが地域をテーマにした企画に力を合わせ、参加したという点にあると思います。丸木美術館にとっても、地域の人びとの集う「場」としての役割の重要性を再認識する良い機会になりました。
「天の園」の名にふさわしい美しい風景がいまも残り、文学や芸術、伝統芸能などの文化資源も豊富な唐子地区。今回の試みを一度限りで終わらせることなく、地域の宝を次世代につなげていくための、確かな一歩にしていきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/7/26

7月26日(火)  分類なし

▲若本武志写真展オープニング

【今日の入館者】35人

丸木美術館アートスペース 若本武志写真展
台風第7号が接近中のこの日、「若本武志写真展 〜川風に緑躍る〜」がオープン。丸木美術館周辺の自然を題材にした写真約30点を展示。午前中に展示を済ませ、午後からオープニングパーティが開かれた。20人ほどが参加して、若本さんの展覧会の開催と誕生日(前日が誕生日だったので)をお祝いする。川越のHさんがギターを弾いて歌を歌い、乾杯のあと、軽食、デザート、誕生日ケーキなどが振舞われる。
若本さんは、「場」としての丸木美術館の魅力を多くの人に共有してもらうために写真展を開催した。素朴な展覧会ではあるが、多くの人に見てもらえるといいな、と思う。

取 材
カナダ・トロントのアントン・ワグナー・プロダクションのスタッフ2名がドキュメンタリー映画“Song of Life”の撮影のために来館。午後いっぱいを使って、かなり丁寧に『原爆の図』を撮影していた様子。

0

2005/7/24

7月24日(日)  分類なし

▲奈良幸琥さん(左)、池田龍雄さん(右)のパフォーマンス

【今日の入館者】208人(団体35人、招待78人、友の会10人)

今日の反戦展 オープニング・イベント
午後1時から企画展「戦後60年企画 今日の反戦展」のオープニング・イベントが行われ、出品作家を中心にたくさんの人が集まった。反戦平和をテーマにしたさまざまなパフォーマンスや針生一郎館長の講評など、午後8時を過ぎるまでとても賑やかな時を過ごす。チジミや炊き込みご飯などの出店も出る。ボランティアに理事のTさんやDさん(送迎車)、評議員のSさん、理事のMさんグループ、近所のRちゃんたち(出店)が活躍。
出品作家には一人一部ずつ企画展のミニ図録を差し上げる。

来 客
NHK国際放送局のディレクターKさんが来館。8月5日に長野県松本市の神宮寺で行われるイベント「いのちの伝承」を取材するため、そのときに貸出展示される『原爆の図』を事前に見る目的で来館されたとのこと。番組は海外向けだが、日本国内にはBS1で8月27日午前4時10分と午前9時10分からの30分番組“What’s on / Japan”のなかで放送される予定。

団体入館
午後7時より親子読書の会(K理事のお連れ合いが引率)35人が来館。嵐山町の国立女性教育会館(NWEC)に宿泊とのことで、館内説明と作品鑑賞の後、午後9時まで美術館の小高文庫を使用して会合を行った。たいへん熱心な団体で、館内説明も集中して聞き、たくさんのグッズを買って下さった。ありがたい。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/7/23

7月23日(土)  分類なし

【今日の入館者】48人(招待1人)

アートスペース
7月26日(火)より丸木美術館アートスペースで写真展を開催する若本武志さんが来館、最終的な展示準備などを行う。丸木美術館周辺の自然風景を撮影した展覧会で、ふだん美術館を訪れている人でも新しい発見ができるような写真をたくさん展示する予定。

若本武志写真展〜川風に緑踊る〜
2005年7月26日(火)〜8月8日(月)9:00〜17:00
※初日は13:00より、最終日は15:00まで
原爆の図丸木美術館2階アートスペース(会期中無休)

取 材
中国テレビ局CCTVのスタッフが取材撮影のため来館。9月18日放送予定の「第二次大戦の地図」に丸木美術館を紹介して下さるとのこと。丸木夫妻の生い立ちや『原爆の図』『南京大虐殺の図』について、館内を回りながら詳しくインタビューを受ける。「落ちついた、いい雰囲気の美術館ですね。『原爆の図』の絵は素晴らしいですね。感動しました」というのがプロデュ−サーの感想。美術館スタッフの昼食の様子も撮影されてしまった。

来 客
今日も午後から近所のRちゃんとYくんが遊びに来る。Rちゃん、今日も事務仕事をいろいろと手伝ってくれる。Yくんは庭でとんぼとり。明日の企画展オープニング・イベントのスケジュールを書き出していたら、Yくんに「ねえ、とんぼとって!」と言われて、とんぼを二匹つかまえる。石を投げてとんぼを気絶させて捕まえる作戦。Yくんはビニール袋に空気穴をあけて、中にとんぼを入れて家に持ち帰った。

平和行進
午前中、N事務局長は浦和で行われた平和行進に参加。丸木美術館の支援チラシを配り、5分ほどのアピールも行った模様。
0

2005/7/22

7月22日(金)  分類なし

▲新館ホールにてN中学校の合唱風景

【今日の入館者】210人(団体199人)

団体来館
午前中、茨城県K市役所の平和バスツアー44名が来館。館内説明を行う。
午後、東京都M市のN中学校160名が来館。K理事のお連れ合いが引率。館内説明の後、全員で“Tomorrow”を合唱する。N中学校で作成した平和学習ノートを見ると、『原爆の図』の感想欄が第14部まで準備されていた。企画展の都合で、現在展示されているのは第1部から第8部までだったので、申し訳なく思う。企画委員会などで、『原爆の図』を全作品展示しなくてもいいのではないかという意見はたびたび出るが、実際には、全部を展示していないと、「残りの作品はどこにありますか?」と聞かれることが多い。来館者の多くが見たがっているのは、やはり『原爆の図』なのだと痛感する。

来 客
「天の園」の会のYさんが来館。Yさんは先日、ホタルの里の展覧会のオープニングで児童文学『天の園』の朗読をして下さった女性。昨日来館したMさんに「丸木美術館に素敵な古民家があるので、一度見に行くといいよ」と言われて来館したとのことで、野木庵と流々庵をご案内する。「せっかく地域にある資源を、地元の人が利用しないともったいないですよね」とYさん。Yさんは、11月のスリーデーマーチにあわせて『天の園』の朗読会をしたいと考えている様子。友の会にも入会して下さった。ありがたい。
午後、近所のRちゃんとYくんが来る。Rちゃん、夏休みの宿題の絵を描く。美術館の前庭の高台から見下ろせる都幾川の絵。鉛筆でスケッチを描き、色付けは明日とのこと。その後、受付のMさんの事務仕事を手伝ってくれる。Yくんはまだ小さくて、お手伝いをやらせてもらえないので、不満そうにうろうろしている。

取 材
朝日新聞埼玉支局の記者が美術館の経営危機について取材のため来館。N事務局長が応対する。

0

2005/7/21

7月21日(木)  分類なし

【今日の入館者】80人(団体64人、下見2人)

丸木美術館友の会文京主催・原爆の図パネル展報告
7月18日から20日まで文京シビックセンターで開催された原爆の図パネル展の報告を、昨日の搬出に立ち会った事務局のYさんより受ける。
3日間の入場者は400人〜500人、最終日に250人ほどが来場。会場には『幽霊』『火』『水』『からす』の大パネルと『虹』『少年少女』の小パネルを展示。ビデオ『劫火 ヒロシマからの旅』などを上映。区内の小学生に宣伝できなかったのは残念だったが、来場者のなかに丸木美術館に来たことのない人たちが多かったのは良かったとのこと。

団体来館・再び駐車場問題
午前中、茨城県K市役所の平和バスツアー42名とコープ東京M市コープ会22名の2団体が来館。1時間に2度の館内説明を行う。いよいよ夏休みがやって来たという感じがするが、例年と大きく違うのは駐車場問題。N事務局長は(臨時に借りている)浄空院の駐車場でバスの出入りの世話に掛かりきりになっていて、戻ってくるなり「これからは浄空院の駐車場は使えないだろう」と言った。工事の状況や、地盤の弱さなどの理由で、大型車を浄空院の駐車場に停めるのは不可能とのこと。団体の多い美術館にあって、大型車用の駐車場が用意できないのはかなり痛い。とりあえず今後はすべての大型車に「回送で待機」をしてもらうことになり、旅行会社や来館予定の団体への連絡、対応に一日じゅう追われる。

来 客
午前中、アニメ「天の園」上映委員会のMさん(ナスをお土産にいただく)とSさんが、「ホタルの里の展覧会」の展示物を引き取りに来館。
昼頃、中国大使館のOさんが来館。9月2日から18日まで開かれる北京・中国美術館の国際美術展に『原爆の図』から4点(『幽霊』『火』『救出』『署名』)を出品したいとのことで、条件交渉のための来館。まだ正式決定ではないが、展示のため中国出張の可能性もあり。

ボランティア
東松山市内の女子高生2人から8月6日のボランティアを希望する電話があった。高校の先生がチラシを配って下さったとのこと。たいへんありがたい。2人とも快活そうな子。前日の午前中に一度来てもらって、打ち合わせなどをする予定。
0

2005/7/20

7月20日(水)  分類なし

【今日の入館者】16人(障害者1人、友の会2人)

今日の反戦展 初日(TV取材)
テレビ埼玉の取材班が撮影のため来館。水谷イズルさん、谷口遼さん、大津年雄雄さん、井上活魂さんの4作品を撮影。その後、「今日の反戦展」の見どころと、丸木美術館の財政危機についてインタビューを受ける。「戦後60年と共に戦争の記憶を忘れてしまうのではなく、あらためて「今日の反戦展」の110人の作品や『原爆の図』から戦争の記憶を共有して欲しい。現在も地球上で戦争は続いているのだから」というようなことを話す。今夜の9時30分からのニュース番組のなかで放送予定。
午後、友の会会員のBB堂SさんとJさんが来館、企画展を見ていく。「いろいろあって面白いね」とのこと。

丸木位里・俊展(富山)
富山で8月1日から15日まで「丸木位里・俊展」を開催するギャラリー史のTさんが来館。展覧会のDMを100部置いていって下さる。来年5月に丸木美術館アートスペースを借りて、二科展会員の女性作家の展覧会をしたいという話もして下さる。

〜生命を見つめて〜丸木位里・俊展
2005年8月1日(日)〜15日(月)10:30〜19:00
富山市千石町 アートサロンコスモ1階ギャラリー(会期中無休・入場無料)
主催/アートサロンコスモ 丸木位里・俊展実行委員会
共催/北日本新聞社
後援/富山市教育委員会 朝日新聞富山総局
協力/原爆の図丸木美術館 有限会社流々 ギャラリー史
戦争体験の風化が久しくいわれ、今では原爆を知らないこどもたちが街を歩くようになりました。人間の愚かさを描き、時代の歪みを告発し続けた画家夫妻はすでに世にありませんが、豊かさの中で見失ってはならないものを私たちにたくさん遺しています。
今年は敗戦60年、原爆が投下されて60年の節目の年です。本展では「原爆の図 哀しみ」など「反戦」「鎮魂」を主題とした作品をはじめ、夫妻の身近な生活の中からつむぎ出された作品、絵本の挿絵など50点余を展観します。
また8月がやってきます。

銀座松坂屋丸木スマ展
9月14日から19日まで銀座松坂屋で開かれる「丸木スマの絵画展」の後援に東松山市教育委員会が決定。これで後援は東京都社会福祉協議会に続いて2団体目。
今日から丸木スマ展に向けたミニ図録の編集作業を開始。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/7/20

7月18日(月・祝)  分類なし

【今日の入館者】31人(障害者1人、その他は団体料金にて入館)

展示替え 3日目
「戦後60年企画 今日の反戦展」展示替え最終日。ボランティアにDさん、川越のS評議員夫妻。昨日よりは風があって働きやすい一日。午後6時過ぎまで作業をしてほぼ完了する(まだ到着していない作品もある)。およそ110点の作品を立体、平面ともバランスよく展示することができた。一方で設備面の限界も感じ、今回の規模が今後の展覧会の基準になるだろうと思われる。特に最近は電源を必要とする作品やビデオアートを希望する作家さんが増えているが、丸木美術館はそれらの作品に対応できる設備が整っていないため、展示に制限が生じることをあらかじめ周知させる必要があるだろう。

総合学習
7月7日に総合学習で来館した川本町の中学生よりお礼状が届く。
「初心者の私たちに資料などを紹介してくださり、核、原爆のことがよくわかりました。 資料などの少ない学校よりも専門的な知識・資料のある丸木美術館さんに行って調べられたことがよかったと思っています。特にあの本の多さにはおどろきました。また、核、原爆のことについてわからないことがあったら丸木美術館さんに行って調べさせていただきたいと思います」とのこと。
0

2005/7/18

7月17日(日)  分類なし

【今日の入館者】46人(障害者1人、その他は団体料金にて入館)

展示替え 2日目
「戦後60年企画 今日の反戦展」作品搬入日。展示ボランティアにDさん、Jさん、カメラマンのTさん、現代美術作家(兼花火職人見習い)のNくん、川越のS評議員が参加して下さる。一日じゅう展示室で(滝のように流れる汗を拭いながら!)展示作業。丸木美術館は平面作品を展示することを前提に作られている美術館なので、立体やインスタレーションの展示には苦労をする。どうしても展示場所の確保は早く来た人の勝ちになってしまう。明日もあるので午後6時までの作業でいったん終了。

「天の園」の会
アニメ「天の園」上映委員会のIさんが朝一番で来館。美術館ニュースと緊急支援呼びかけチラシ、振替用紙の三点セットを知人に配りたいとのことで、20セットほど持っていって下さった。Iさんは地元唐子の方。積極的に協力してくださってとても嬉しい。
午後、同じくアニメ「天の園」上映委員会のMさんが「ホタルの里の展覧会」の展示物を引き取りに来館。Mさんにアニメ映画『雲の学校』の吉見町、入間市の上映会の様子を聞く。それなりに盛況のようだが、「一見淡々とした日常の描写の部分が『雲の学校』の一番伝えたいことなのだけど、なかなか難しいんですよねえ…」とのこと。
0

2005/7/16

7月16日(土)  分類なし

【今日の入館者】12人(障害者1人、その他は団体料金にて入館)

展示替え
「戦後60年企画 今日の反戦展」のため、館内の大規模な展示替え。ボランティアに常連のDさん、Jさんに、東松山市内のKさん(N事務局長の飲み仲間)が参加して下さる。1階の『原爆の図』6点すべてを収蔵庫に収め、丸木スマ作品を1階の一番手前の部屋に展示。奥の4部屋を空にして明日、明後日の展示に備える。展示替え期間中の3日間に限り入館料は100円引きの630円(一般、税込)とする。

丸木美術館再生プロジェクト
午後6時からの会議の準備のため、緊急支援の途中経過をまとめる。7月16日到着現在で賛同人は161人に増え、支援金の総額は78万6,100円となっている。本当にありがたい。

『原爆の図』舞踏公演
8月6日のひろしま忌で『原爆の図』の舞踏公演を行う和泉舞さんが下見のために来館。しばらく会場の野木庵にいた後、「暑いですね…」と汗だくになって事務所に帰ってきた。風がないのでとても蒸し暑かった様子。当日は風があると良いのだが…

掲載誌のお知らせ
月刊まなぶ8月号(まなぶの仲間社発行)の特集「被爆60年の課題」に「『原爆の図』ととうろう流し―60年前の記憶との邂逅」と題する岡村の文章が掲載されています。興味のある方はご覧下さい。
0

2005/7/16

7月15日(金)  分類なし

【今日の入館者】75人(団体59人、招待2人)

「ホタルの里の展覧会」最終日
丸木美術館の地元唐子地区をテーマにした「ホタルの里の展覧会」が会期終了。
最終日ということもあり、唐子地区ハートピアまちづくり協議会会長のSさんが差し入れを持って来館。バリ島帰りのBB堂夫妻がお土産を持って来館。夕方、東松山市役所環境保全課職員が来館し、展示ブースを撤去。
0

2005/7/14

7月14日(木)  分類なし

【今日の入館者】20人(前売10人、招待3人、障害者1人)

「ホタルの里の展覧会」あと2日
会期終了の迫る「ホタルの里の展覧会」。今日は前売券(600円)を持参したお客さんの入館が目立った。昨日は出品者や新聞社に配布した招待券を持参した入館者が多かった。美術館の入館者を増やすため、従来とは違うさまざまな取り組みをしているが、どれだけ効果があるのかはよくわからない。
ただ、確実に地元の人が来てくれているのはわかる。今日は地元評議員のMさんが3人ほどお客さんを連れて来館。じゃがいもといんげんを差し入れてくれた。

週末の準備
16〜18日の「今日の反戦展」展示替えと、16日夜に開かれる再生プロジェクト会議に向けての打ち合わせを行う。それにともなう準備物などを制作。
さらに8月6日ひろしま忌の吉武輝子さん講演の広報用原稿の作成、9月の「日韓五世代の作家展」日本側出品作家選定のための館長への連絡や、11月の「丸木位里没後10年展」のイベント交渉準備など、一日こまごまとした仕事を行う。仕事がなかなか進まず、天気もうす曇りで気分の晴れない一日。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ