2005/11/26

お詫びと訂正  その他

クリックすると元のサイズで表示します
▲紅葉情報=駐車場のメタセコイアの樹

珍しく4件の館内説明が集中した一日。まず午前11時30分に千葉の子ども核廃、午後1時に上三川町教育委員会、1時30分には日高市手話サークル・聴覚障害会(手話通訳付の館内説明)。午後1時来館予定の平和を考える茅ヶ崎市民の会実行委員会は少し遅れるとの連絡があったのでY子さんに替わってもらった。館内説明は一日3回あたりが集中力の限界。繰り返し同じような内容を語ると、どうしても「言葉」が軽くなってしまう気がする。

   *   *   *

午後、10月26日に丸木夫妻の作品を寄贈していただいた野坂米子さんからお電話があり、「美術館ニュースを拝見しました。記事のなかで、私は野坂参三の“お連れ合い”と書かれていますが、養子なんですよ」と言われてしまった。「第一、あんなおじいちゃんの連れ合いでは、いくらなんでも私が可哀想でしょう」と笑ってくださったが、完全にこちらの確認不足なので、平謝りであった。勘違いの原因は、野坂米子さんが来場された9月17日の銀座松坂屋丸木スマ展の連絡ノートに、「故野坂参三の奥様」と書かれていたこと。それがそのまま最後まで生きてしまった。きちんと本人に直接確認をとれば防げたミス。深く反省してお詫びします。

   *   *   *

午後1時30分より文京区の男女平等センターにて丸木美術館再生プロジェクトが行われた。事務局からはN事務局長が参加。支援カンパ活動が一段落しつつある現在、今後の美術館再生への方向性が話し合われる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ