2010/9/26

『朝日新聞』「反核反戦展」掲載  掲載雑誌・新聞

2010年9月26日付『朝日新聞』埼玉版に、“「反核反戦展」灯消さぬ”との見出しで、現在開催中の企画展「今日の反核反戦展」の記事が掲載されました。

http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000001009270004

「誰にでも開かれた平和展を」――。今年5月に亡くなった美術評論家で、「原爆の図 丸木美術館」(東松山市)の前館長針生一郎さんのそんな遺志を引き継ぎ、今年も「今日の反核反戦展」が同美術館で開かれている。著名な画家、アマチュアの区別なく90人の作品が並ぶ。絵画やオブジェに託された思いを想像する企画展だ。

という書き出しではじまる記事には、「反戦への思いや現代文明への危機感を作品にぶつけた」という池田龍雄さんの作品《場の位相》3点連作が写真入りで紹介され、針生館長の「特定の政治的イデオロギーや宗教にかかわりなく、誰にでも開かれた反戦展を開きたい」との思いも記されています。

記事のおかげで電話による反響もかなり届いています。
取材をして下さったM記者に感謝いたします。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ