2010/2/9

ポポタム「丸木俊・スマ展」など  館外展・関連企画

午前中に埼玉県立近代美術館「小村雪岱展」を観た後、池袋のブックギャラリーポポタムで開催されている「丸木俊・スマ 絵筆のある生活展」に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

http://www6.kiwi-us.com/~popotame/shop/archives/2010/02/post_81.html

ポポタムさんは小さな古書店ですが、店の奥に展示スペースがあり、ここ数年丸木夫妻に関連する企画を続けて開催して下さっています。
2月5日(金)には俊さんの姪の丸木ひさ子さんがトークを行いました。

展示は小品のかわいらしいものが多く、俊さんが描いた「スマおばあちゃんとねこ」のデッサンが味わい深くて良かったです。

ポポタムさんは書籍のラインナップもなかなか面白く、今回は藤宮史さんの木版漫画『パラソルの微風』『黒猫堂商店の一夜』『セメント樽の中の手紙』『蜜柑』を見つけて購入しました。
藤宮史さんは木版画で限定少部数の漫画などを制作している作家さんで、その前時代的なぬくもりが感じられる本造りにとても感銘を受けました。
http://www.interq.or.jp/tokyo/kuroneko/f.htm

その後は新宿に出て丸木美術館でも企画展に参加した増山麗奈さんの映画『桃色のジャンヌ・ダルク』試写会に参加。
丸木美術館で行ったパフォーマンスや、イラク人芸術家カーシム・サブディ氏を連れて《原爆の図》を見学した様子が紹介されていました。
この映画は3月27日よりユーロスペースで公開される予定です。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ