2010/2/3

ネットマガジン「知の木々舎」  執筆原稿

東京都立川市の女性グループが立ち上げたインターネットマガジン「知の木々舎」(横幕玲子代表)に、今年のはじめから丸木美術館が連載をさせて頂いています。
このネットマガジンは、立川市を中心とした歴史や文化について市内外の執筆者が寄稿し、月2回の割合で更新しています。
執筆者は写真家や大学の先生、宗教家、作家、元市長など多彩な顔ぶれで、被爆者でエッセイストの関千枝子さんも執筆されています。
http://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/

丸木美術館の連載は「都幾川のほとり通信」と題し、事務局のN野さん、Y子さん、岡村の3人で交替で文章を書いています。

第1回目はY子さんが担当し、丸木美術館の概要を紹介。
http://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2009-12-27-14

第2回目はN野さんが美術館の周辺を紹介して下さいました。
http://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2010-01-14-3

2月上旬号の第3回目は岡村が、原爆の図第1部《幽霊》の紹介と、1952年8月に立川で開催された原爆の図展についての記事を書きました。
http://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2010-01-28-1

連載は今後も原爆の図を紹介しながら、しばらくのあいだ続く予定です。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ