2010/1/30

竹伐りボランティア  ボランティア

昨年から森林組合に転職したDさんが、職場の先輩Kさんといっしょに丸木美術館の南側斜面の竹林を整備して下さいました。
元事務局長のNさんもサポートに駆けつけて下さいました。

クリックすると元のサイズで表示します

すっかり伸び放題になった竹林は、美術館南側の窓の日当たりを妨げていて、長年職員を悩ませていました。
急な斜面に隙間なく竹が密生しているため、素人では手入れができなくなっていたのです。
さすがにDさん、Kさんのプロの腕は素晴しく、みるみるうちに竹が切り倒されていきました。

クリックすると元のサイズで表示します

竹林の半分ほどが整備されると、見違えるほど明るい光が差し込むようになりました。
館内の冬の冷え込みは、この竹林の影響も大きいと思われるので、整備が進むことは本当に美術館にとっても“明るい光”となることでしょう。

Dさん、Kさん、Nさん、どうもありがとうございました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ