2009/10/9

唐子小出張ワークショップ第2日  ワークショップ

台風の影響で1日順延となった唐子小学校ワークショップ2日目。
体育館に集まった子どもたちは、前回に引き続き、刺繍を貼りこんだ大きな簾に小さな模様を貼りつけていきます。この模様は、実はもともと帯だった布を細かく切ったものなのです。

クリックすると元のサイズで表示します

この帯の再利用も、案内人M年山さんの得意技。動物の刺繍のまわりがみるみるうちに素敵な模様でいっぱいになっていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真が完成作品!
「わーすごい。きれい」と先生も子どもたちも大よろこび。

クリックすると元のサイズで表示します

個人制作の方は、厚紙に太いマジックで名前を書き、そのまわりを色鉛筆できれいに塗っていきます。塗り上がった厚紙は、竹の表面に瞬間接着剤で固定させていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが完成作。名前の文字が書いてある厚紙を、□型ではなく◇型に貼るのがポイントです。たくさん集まると、動きがあって賑やかに見えます。
気がつけば、あっという間に給食の時間になっていました。

この作品は、10月10日(土)に東松山市文化センターで開かれる「環境フェア」に出品します。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ