2005/10/25

神宮寺の襖絵「涅槃図」搬入  企画展

クリックすると元のサイズで表示します
▲神宮寺の襖絵「涅槃図」

長野県松本市の浅間温泉にある神宮寺へ、Y子さんといっしょに襖絵「涅槃図」をお借りしに行った。この襖絵は、1988年に丸木夫妻が描いた88枚の襖絵のうちの一部である。ほかに神宮寺には、地獄図や羅漢図、長野のアルプスと道祖神、火焔山や天山山脈などの中国の山々の襖絵と、「十牛の図」を描いた杉戸絵がある。いずれも丸木夫妻晩年のたいへん力の入った良い作品である。
ふだんは非公開となっている作品であり、他の場所で展示されるのも今回が初めてとのこと。貴重な機会を下さった神宮寺の高橋住職に感謝したい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ