2005/10/18

葛飾区青戸の勝養寺へ  作品・資料

丸木美術館所蔵のものとは別ヴァージョンの原爆の図4作品《幽霊》《火》《水》《夜》を寄託して下さる東京都葛飾区青戸の勝養寺を訪れて、作品の梱包を手伝った。
いずれも幅2メートルを越える大作なので、半地下の展示室から搬出するためには、展示室の壁を壊さなければならない。今回は寺の改修工事に伴う寄託であり、11月なかば頃に丸木美術館へ搬入される予定。
同時に作品に関する資料もいただいた。それによると、勝養寺の先代の住職が丸木夫妻のもとを訪れて「原爆の図」の制作を依頼。門徒の方々も絵のモデルになって4点の作品が完成し、1982年3月の第8回从展(上野・東京都美術館)出品後に勝養寺へ寄贈されたとのこと。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ