2009/2/5

ちひろ美術館から作品返却  来客・取材

今日は、ちひろ美術館・東京から、「ちひろと水墨」展に出品されていた丸木位里水墨画やいわさきちひろがモデルになった裸体デッサンが返却されました。
若き日のちひろの絵画に影響を与えた丸木夫妻の作品。今回の展覧会は、その技法に視点を当てながら、位里の代表作《臥牛》などを紹介する好企画でした。
これからも、ちひろ美術館とは交流を続けていきたいと思っています。

   *   *   *

午後にはそのまま収蔵庫で原爆の図デッサンの整理作業と写真撮影を行いました。
古くなって傷の目立つ額を新しい額に取り換え、作品箱と布袋を新調する作業を、今週末に近くの額屋さんに依頼する予定になっています。
同時に、この機会に丸木夫妻の原爆の図デッサンを見直して、正確なデータを作成することにしました。原爆の図制作のために人物を基礎から描きなおしたという位里のデッサンは味わい深く、もともと人物描写に定評のある俊のデッサンは冴えわたり円熟味を感じさせます。なかなかじっくりと見せる機会の少ない二人のデッサンですが、原爆の図の礎となったこれらの作品は、資料としてもたいへん興味深いものだと思います。

   *   *   *

明治学院大学の学生のゼミグループが来館し、館内の説明を行いました。
見学のあとは小高文庫で30分ほど時間をとり、戦争を語り継ぐ方法としての絵画の可能性や、世界から見た丸木美術館の役割など、さまざまなテーマで質疑応答を行いました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ