2009/1/16

大津定信展展示  ボランティア

今日は名古屋から大津定信さんが来館し、企画展示室で作品の展示を行いました。
展示の手伝いとしてM岡くん、N川さん、初参加のM山さんに加え、前回企画展で活躍された伊東さんも来て下さいました。

クリックすると元のサイズで表示します

展示室の壁面に上から連なる「命」の文字。そして周囲には、広島の爆心地から採取した土や木炭、満潮時の元安川の水を用いた平面作品がならびます。
今回から企画展示室のパーテーションを撤去したため、空間が広くなり、とても迫力のある見やすい展示になったのではないかと思います。

また、常設スペースには丸木スマ作品に加え、丸木位里・丸木俊の個人制作の水墨画や油絵の大作をならべました。こちらも見ごたえのある作品ばかりです。《原爆の図》で知られる丸木夫妻の、もうひとつの画家としての世界を垣間見ることができるのではないでしょうか。

明日は午後1時から大津定信展のオープニングイベントが行われます。
「人間の命の尊厳」を追求する大津さんの、渾身のパフォーマンスも見られることでしょう。
とても楽しみにしています。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ