ブログランキングに参加中♪  にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

2011/12/6  23:24

成人式に向けての練習  着付け自主練習

アップしておりませんでしたが、振袖の練習はイベント準備やレッスンの合間を縫って続けておりました。
定期的にやっておかないと手の感覚が衰えてしまいますからね。
週に1回は必ず振袖に触れるようにしています。(本当はもっとやらないといけないのですが...)

11月分まとめてアップします。

クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ帯び結びだけでなく小物使いも練習していかないと、ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

蝶々の羽根をイメージして作ってみた帯結びです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


もう少しバランスを整えて改良が必要ですが、お花の立て矢系。
クリックすると元のサイズで表示します

衣紋は、ご希望の無い限りはこのくらいにする予定です。
19〜20歳のお嬢様なので“恥じらいのある抜き加減”にしています。
後ろから見た時に、半衿も伊達衿も見えない状態が、私の基本です。

ただ、毎年「たっぷり抜いて下さい」とおっしゃる方もいらっしゃるので、
その場合はご希望に添うように致します。



衿まわりの注意点。
クリックすると元のサイズで表示します
着物の衿が長じゅばんの衿にしっかり乗っていないと、幅がどんどん肩に流れてしまうので、注意しています。

クリックすると元のサイズで表示します

帯締め、練習用にもっと違うタイプもいくつか欲しいなぁと思ってます。

いよいよ成人式まであと一ヶ月ですね。
体調を崩さないように気を引き締めて頑張りましょう♪
3

2011/11/9  12:26

森英恵の振袖  着付け自主練習

昨日の振袖練習。

学院のお友達の振袖を借りました。
クリックすると元のサイズで表示します
森英恵デザインの振袖です。蝶々♪
なんと40年前の振袖。今でも十分モダンで素敵ですよね!
袖と裾には比翼がついていて、ずっしりと重たかったです。
(衿は重ね衿です)
今度の成人式でお嬢様がこの振袖を帯や小物を変えて着るそうです◎

帯結びは、おリボン系を結んでみました。
クリックすると元のサイズで表示します

最近の課題は、着付け技術や帯結びもありますが、
着付けている時の所作を、ゆったりとした動きで出来るように、
心がけています、、、が、、、、
早く仕上げようと焦ると忙しなく動いて落ち着きがなくなるように見えるのを何とかしたいです(><)
まだまだですが、着付けている姿も美しくあるように精進したいと思います。

1

2011/11/3  15:11

今週の振袖練習  着付け自主練習

今週は立矢系の結びを考えてみました。
来年成人式のお支度でお一人背の高いお嬢様のご依頼があるので、立矢系で気に入った形を完成させたいと思っています。

本に載っている結びのアレンジですが、なかなかバランスが難しいです。
クリックすると元のサイズで表示します
本では飾りを使って上の二枚羽根のサイドに小さい二つ羽根になっていましたが、飾りなしで、ゴムや仮紐を見せないようにちょっと変えました。
結び目やゴムを飾りを使って隠すのだけは練習でしないように心がけてます。


違う帯でやってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
硬い帯です。

どちらも同じくらいの長さの帯ですが、手先の長さや帯の硬さによって全然結び方も変わってきますね〜。
どっちも短くもなく長くもなく、です。

なんだか納得いきません。まだまだ練習します。
もっと長い帯で練習がしたい!と思って、
創作結びの練習用に、先日少し長めの袋帯をリサイクルで買いました。
振袖とお襦袢セットも練習用に買ったんです〜♪

また届いたらアップしますね!

1

2011/11/2  17:05

江戸時代の着付け講習  着付け自主練習

今日は学院本部の特別講習へ行ってきました。

江戸大奥武家の道中着の着装、
江戸時代後期の小袖に路考(ろこう)結び、
明治初期の袿袴(けいこ)の着装、
の実技講習を受けてきました。


袿袴は時間の都合で着装手順を見ただけで終わりました。
お公家さんの常姿です。
実際に着装練習をしたのは、路考結びと大奥のかげばしょり。

路考結びは、お太鼓の原型と言われていて、役者さんのお名前から付いたそうです。
形は引き抜きの角出しのような結び方。
町人から芸者さんまで幅広く結ばれます。
時代劇でもよく出てきてます。
ちょっと違うけど↓このイラストが分かりやすいかな。(角の形)
http://www5.ocn.ne.jp/~ukiyo26/onna_7.html
角の片方が三角になっていて、そのヒダの取り方、結び方が難しかった〜〜〜。


大奥の道中着は、打掛の裾引き姿を外出用に裾をあげる着装方。
現代でも花嫁さんは外を歩く時には裾を上げて持ちますよね。
そのような形です。(ちょっと違うのだけど)
かげばしょりと言います。
お武家以上の階級の方の着装です。
お籠に乗る時などにもそのように着たそうです。
この着付けは、やっぱり打掛があるから、重たくって大変でした!!
もちろん1人では出来ません。前、後ろ、2人でお着せします。



時代着付けも少しずつ知っていくと、時代劇を見るのがますます楽しみになります♪
着付けは奥が深いですね。
まだまだ覚える事が山のよう!楽しい!!




1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ