キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

今日は絶好の紅葉日和。
たぶん永観堂,南禅寺,清水寺あたりはものすごいヒトだかりでゆっくり紅葉を見ることができないよネ・・ということで,ヒトの少なそうで紅葉がキレイなところ・・宇治に行ってきました。

平等院鳳凰堂(10円玉のデザイン)↓           天瀬ダムの手前↓

午前中から散策開始!
まずはお茶で有名な町,宇治でのランチはてんぷら茶そば。
茶そばは初めて食べました。ものすごく濃いお茶の色が出てて,抹茶の味がきいてておいしかった。

平等院でぶらりした後,宇治川のほとりにある
対凰庵<たいほうあん>というお茶室へ。
ここは宇治市市営の茶室なのです。お茶の町ならではのもの。
本格的な設備を整えた広間の茶室があって,お点前は市内のお茶の先生とそのお弟子さんらが交替で担当しているようです。
ここはかなり本格的なお点前でした。何やらお茶の道具をちょっとキュッとふいては戻し,またちょっとだけキュッとふいては戻し・・。お茶の作法は奥が深い。
基本的な作法ぐらいはちょっと勉強していくとよいかも。
わたしたちの隣のカップルのところに先にお茶が運ばれてきて,隣の人に何も言わずに飲んだので,「お隣の方に「お先に。」と挨拶した方がよいですネ。」と軽く注意されていました。 


↑お茶碗も秋らしいデザイン      ↑栗羊羹の上にはもみじのお菓子が

その後紅葉の景色を楽しみながら,宇治川沿いを天瀬ダムに向かってひたすら歩きました。
すっごく綺麗な景色が続いて,木々がいっぱいで空気も澄んでて気持ちよくて,まさに行きはよいよいだったけど,結構な距離のため帰りはかなりへとへとに。
でも自然をたっぷり満喫できたし,とっても充実した一日でした。

*ちなみにプロの方が撮影するとこんなふうに。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ