原田芳雄  

なんだかこのところ惜しい人が亡くなります。
原田芳雄さんの演技はもちろんですが、
きっと今も脚本を描いている人は、
原田芳雄さんの演じる役を思い描いている人も多いと思います。

役者も食えない時代だと思います。
色々なキャラクターを演じなければならない時代ですが、
芯のある人が残るのではないかと、
などど演技の何もわからない僕が口にすることではありませんが。

俳優、マーロン・ブランド-Marlon Brando-はゴッドファーザーでアカデミー賞のアカデミー主演男優賞に選ばれましたが、あっさり社会的な理由で蹴りました。

否定は答えにはなりませんが、強い者(この場合は巨大な者が正しいですが)に屈しない心をいつも考えていたいです。

誰よりも大きく。何よりも深く。

0

8月13日  

夕方5時より富士山五号目富士宮口から登ります。
東京の友人らとは山頂で合流予定です。
一度は登ろうと思う方、是非。
0

お弁当にどうぞ豚の生姜焼き  

年々暑くなる地球ですが、
働く皆さんにぴったりレシピをひとつ。
※保存もきくので大助かり。

・豚肉(生姜焼き用でもいいですがその日にお得なもので結構)
 収まるくらいのタッパー(って何語?語源は?)に折り重なるように詰めます。
・そこにすりおろした、にんにく、しょうがをたっぷり大さじ山盛り分くらいを乗せます。
・豪快に醤油と、料理酒を1:1の割合で、豚肉が浸るくらいまで入れます。
・冷蔵庫で寝かして下さい。
・あとは好きな時に焼くだけ!
※夏なので早めに使って下さい。
※ちなみに焼いた後も豚肉を継ぎ足ししてもいいかも。

辛いの苦手な人は料理酒を減らしてみりんを足してもいいらしい。

せっかくの夏だうまいもの食って乗り切ろう兄弟。
0

夢のあと  

僕が死ぬ夢をみました。
前日現実で車で妻と話した事で、
例えば、再就職してから、そう贅沢は出来ませんが、万が一でも妻と息子がなんとか暮らせるよう、保険なども加入しました。
だからこそ、僕は妻に不安がひとつなくなるのだから、もっとお互いの人生を楽しめるよう考えてゆこうと。まあ縁起でもない話です。

僕は命などいつかは無くなるものと、割と楽観的に考えています。
それとは別に、愛情も報われないものと考えています。

いつも闇は足元にくすぶり、そして人に疑心暗鬼も持ちながら生きている、
それが僕だけなのか、人は皆そういうものなのかわかりませんが。

でも夢のあと、
寝ている妻の手を握りました。
息子の手も握りました。
当たり前の答えかもしれませんが、
僕にはとても難しい答えに辿り着きました。

備えで死は克服できません。
闇はもっと深い色で、
何者よりも悍ましい姿で、
僕ら家族の行く先で待ち構えています。
自分だけが納得した生き方を出来ると思うのは、
納得した終わりを迎えられると思うのは、
大違いだと、肝に銘じなければと。

結論として、
死とは仲良くなれそうにありません。
大嫌いだな。

0

富士に今年は二度登る  

今日は友人に付き添い頂き、登山靴を探しに栄へ。
友人は富士以外に興味があり、僕は富士しか見えていないもので、おかしな組み合わせだと思いました。
考える事は富士まで置いて、今は進む事だけ。
0

笹の葉サラサラ  

まず1人でも多くの子供が愛情にめぐまれる様に。

クリックすると元のサイズで表示します
0

明日は七夕  

日本一短い電報は、
妻が南極観測隊である夫に送った「あなた」の一言だそうです。
南極までの電報はとても高価で、それでも送りたかった妻の気持ちが表れています。
織姫と彦星も夫婦との事、なぜ離れ離れで、年に一度しか会えないのか、わかりませんが、天候に恵まれて欲しいものです。
僕ら夫婦は一緒に居ても、仲が良かったり悪かったりですが、こうして共に暮らせる幸せを南極観測隊の夫婦と織姫と彦星が教えてくれているのかも知れませんね。
0

男とは  

心の広さは器の大きさだと思います。
しかし言いたくない事も口にしないといけない時があります。
何処までを飲めるか。
僕は子を持ち少しずつ、自身を試しています。
生涯を子に与える覚悟を。
愛は与えるもの。渇いても。
0

僕の行方  

一年前と今と随分変わりました。
生活だけに限らず精神的にも大分落ち着いたと思います。
ある種運命に身を任せた感じですが、間違う事もしばしば。
今随分遠いところまで仕事で出ていますが、延長して貰える様に努めたり。
でもいつかは何か答えをみつけるのだと。いや答えなどいらないか。
0

夏と寝相と敷布団  

全て組み合わせると写真の様になります。
暑いのか、敷布団の下に潜り込む息子。
僕の子供の頃はこんなに暑くなかったと思います。
やはり温暖化か。
明日から7月が始まりますが、こんな子供でもこう工夫して暮らしています。
僕も「暑い」だけではなく気の効いた事を言える様になろうと思います。
----



クリックすると元のサイズで表示します
0

事実こそどうでもいいもの  

俳優ピーター・フォーク氏が亡くなりました。
「刑事コロンボ」シリーズは大好きでした。
最近とても考えるのは、今や死は死でなくなったのだと思う事です。
ただの情報なのです。

では死とはなにか。
人から忘れられる事が死なのだと、漫画ワンピースで言っていました。
確かに、来年辺りについにジミヘンがエクスペリエンスを再結成し、新譜をリリースと言われても、そうかもと思えてしまいます。

でもそれでいいのか。

会えなくなるから胸は痛み、人を大切にするのではないでしょうか。

ちなみに漫画はワンピースだけではありませんし、
本は漫画だけではありません。
0

金など  

どうにでもなる物です。
今は今しか楽しめません。
0

ザッハトルテな日曜日  

我が市にザッハトルテがやって来ました。
2007年のキッチンのツアーでは大阪ムジカジャポニカにて、ウエッコさんとご一緒しました。
チェロの音色は心地いいものですが、いつも宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」が連想されます。
カッコウは元気にしているでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
0

縁 &LIFE  

縁を最近とても考えます。
自身で操作出来ないものが縁ですが、必ず終わりがあるものです。
等と書きながらも、予測変換では上記の「終わりが」の後「ありません。」と表示され、それにも縁を感じてしまうわけです。

もう連絡取らないであろう友やお世話になった人、連絡先を整理しました。

でも大切な事は、僕は胸を張って僕に必要な縁であったということです。

lifeは日本語では人生や生活と訳されますが、
もっと軽い意味でのlifeが今日本語で欲しい言葉です。
ビートルズですが、
In My Life
をその全ての人に贈りたい。
皆のこれからのlifeを祈ります。
0

アンティークで落合公園な週末  


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ