悟空  

僕の歌を支えてくれた孤高のトロンボーン奏者です。
2006年から僅かではあったけど、悟空と活源ではツアーもしたし、ショウジョウスタイルの最重要なポジションでした。
孤高としたのは、彼のスタイルの特徴が異例である事。
楽曲に口出す事を嫌い、純粋に自分のアレンジを追求する姿勢は職人風情があります。
ドスカ、ドジャズなものからマーチングバンド的なアレンジの自由さには、安心感を覚えます。
いわゆる管として、超マニュアルゴールド免許所持者と呼んでいいでしょう。
本当にいい音楽とアレンジつまでも関わってくれたら、きっとそこに価値はあります。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ