松山鏡  

という古典落語を聞きました。

その中で、
【子は親に 似たるものをぞ 亡き人の 恋しきときは 鏡をぞ見よ】
なんて言葉になるほど。

僕は祖父母の顔は知りません。
昔は母によく似ていると言われ、
息子を見ると母にもよく似ている。

DNAなんて言葉が当たり前の様に使われていますが、
こうして続いているのだなと感心します。

今は写真やビデオがあるけれど、
昔の人もさみしい時にどうしたらいいか、
考えていたんだなと。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ