さや侍の感想  

今迄の作風と異なる親子の愛情ものです。
時代劇に、現代お笑い含む、エンターテイメントをぶつけた感じで、
更にスタッフ、観客、司会などの重要性を教えられた感です。
僕も人の親なので、色々考える事がありますが、逆に結婚しない人や子供を作らない人の否定にならないか。そればかりが気になりました。

子供がなくても、何かを産み出そうとしている人は立派だと。
そう思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ