現在は ミホんち  を書いてます。覗いてみてね。

2004/12/16

白菊会  
 今日は木曜日。ひょんなことから二週続けて「白菊会」の寄り合いに顔を出してしまった。白菊会ってのは勝手に私がつけただけだけど。要するに、50代〜60代のご婦人方7,8人が毎週木曜の午前中に持ち回りで集まって編み物教室兼おしゃべり会を開いているというサークルだ。「へっ?ミホが編み物教室?」と声を上げた貴方。その声は正しい。私も確かにそう思う。編み物は苦手だし、英語は分からんしで断ることは簡単だけど(こっちの人は、イエス・ノーがはっきりしてるので断ることにも罪悪感はない)親切オーラがバンバンあがっているので参加してみることにした。それに、アイダホフォールズで初めて自分で開拓した人間関係である。これまでは、全ての関係は皆おっちゃんつながりだった。張り切る価値ありありだ。手ぶらでは手持ち無沙汰なので、マフラー(これしかできない)用に毛糸と棒針を購入。日本人は手先が器用という先人の積み重ねた苦労をいとも簡単に崩れさせた私を許してほしい。

 英語が早い早い。日本語を習い始めたばかりの人間が、日本の地方言葉を大切にしている辺りの婦人会のお茶飲み会に招待されたと思し召せ。「パードン?」の連発である。しかしmam達は元気。編み物する人、刺繍の人、クリスマスツリーのオーナメントを作る人様々だが、絶えず口は動いていて、しゃべるかお菓子をつまむかお茶を飲むかのどれかだ。全員が口を閉じている時間は一瞬もないだろう。私はぼんやりマフラーを編んでいればいいのか、というとそれは甘い。うまく聞き取れなくても神経を集中させていないと「ね。ミホ?日本ではどう?」などとふってくるのだ。「へ?」などと言っては失礼である。せめてまったくトンチンカンなことを言わないようにせねば。日本人の名前には意味があるとか、日本ではお正月の方がメインでお飾りをしたり、おせち料理を作ったり、年賀状の交換をしたりする、などと聞かれたことにポッチポッチ応える健気な私だ。

 そんなこんなで三時間はあっという間。「ミホはクリスマスの買い物はしちゃったの?今からショッピングに行かない?」いやいや姐さん、あたしゃもうグッタリですで…。帰っておうどんでお昼にします。次回はクリスマスをはさむので未定だが、お誘いあらば又出かけてみようかね。そして今日のお別れに「テレビで見たわ。日本ではこう言うんでしょ?ドーモー。」誰やねん、そんな日本語教えたのは。「さようなら」ってきれいな日本語ありますって。

 おかしく疲れた木曜でした。デジカメも持って行ってるのに、緊張のあまり写真を写すのを忘れます。おっちゃんの感想。「日本で英会話教室行ってみー。先生7人に生徒一人やったら、めちゃめちゃ高いで」それって説得力ありすぎ。

0

2004/12/15

オリエンタル  
 スーパーマーケットに行きますと、「オリエンタル」ってコーナーがありまして日本をはじめ(いやいやはじめは中国やな)アジア各国入り混じっての調味料や食材が手に入ります。眺めているだけでも楽しいです。
 お米はカリフォルニア米。もちろん日本のお米とは比べ物になりませんが、浸水時間を長めにして水を多めにすると、炊き立てはおいしいのよ。時間たつとパサパサなので、お弁当は食べづらいんだと思う。キロ当たり2ドルくらいで安いけどきっと農薬バンバンだよね。 
 納豆が置いてあるスーパーも一軒だけあります。但し、お味・食感は日本のものとはまったく違います。子供たちはよく食べていたけど、あたしゃちょっとね・・・。
 ラーメン(なんと20セントー55セント)やカップめん(こちらもビックリの25セント前後、少々の売り出しでもお目にかかれない超安値)も種類は多く、チリペッパーの入った辛い系のをメキシコ系の人たちが大量にカートに入れてます。私もお昼に頂くことありますが、予想した味と違ったりしておもしろいよ。(注:現在1セントは約1円かと)
 ってわけで、そんなに不自由はしない日本食ではあります。七味唐辛子とフリカケ、乾燥野菜(ゴボウ・ゼンマイ・高菜など)は持ってきました。うまいこと使ってもたさなくては。
0

2004/12/14

流れ星  
 双子座流星群、日本でも見えたところがあるそうですが、おっちゃんは昨日バス待ちしてる時に南西の空に流れ星を見たそうです。<心のきれいな人>しか見えないそうです。へぇへぇ、あたしゃどうせ大あくびと共にベッドに直行しましたともさ。

 Idaho Fallsという名前の由来の滝ですが、凍り付いてしまっております。町の中心部にあります。川も凍ってしまい、少し残っている水面に鴨たちが集まって寒そうに泳いでおります。左後方に見えるのはモルモン教の礼拝堂です。隣のユタ州ソルトレイクシテイ(そーそーあの2002年冬季オリンピックの)にはモルモン教の総本山があって、この辺りでも信徒さんは多いようです。

0

2004/12/13

起床  
 皆様は何時にお目覚めでしょうか?私は日本では5時半でありまして、結構早い方かと思いますが、ここでは何と4時起床です。真っ暗ですが、ヒーターが切れることはないので動くのがいやってほどではないです。もちろん、しっかりお昼寝つき。

 おっちゃんは5時半のバス(研究所専用バス、市内バスはありません)に乗って50マイル(80キロ)離れた研究所に通うため5時20分に家を出るので、お弁当と朝ごはんを作るには4時。ほんでもって夜は6時50分着のバスできっちり帰ってきます。夏はこの時間が2分以上ずれることはありませんでしたが、冬は雪のため遅れがち。こんな勤務時間のために、月〜木の四日が仕事で金土日はお休みです。こうしないと研究所の人々は銀行や役所や郵便局に行くこともできないのです。砂漠の真ん中にドーンと建ってて多くの人がバスや車でガンガン通っています。周りにはなーんもありません。しかし、日本でも6時半に出て8時半に帰るので働きすぎではないかと思いますが、日本のお父さんはこげなもんでしょう。

 そして7時には食卓に並ぶことができるので、主婦としては予定が立てやすいことです。揚げ物始める時間とか、料理をオーブンから出す時間とか計れるからさ。

 今日の写真はBettyのおうちのツリーです。2メートルの高さ。生木です。毎年一つずつオーナメントを増やしていくのが楽しみだそうで、家族の思い出が詰まった素敵なツリーです。我が家のテレビの上に飾れる大きさのとはえらい違いやわ。

0

2004/12/12

お買い物  
 日本ではチマチマと毎日近所に買い物に出かける私ですが、こちらでは週末にドドン(っていっても夫婦二人なんでしれてますが)と買い込む作戦に出てます。チエックといって小切手で買うのでおっちゃんにきってもらって買い込むわけです。写真のかんじ。ビール(350ccで72セント)やコーラ(同じく25セント)、牛肉(まあまあのお肉グラム50セントくらい)←BSEでご無沙汰のアメリカ牛でっせ。のように徹底的に安いものもありますが、紙製品などは日本が安いし、全体的に物価は同じくらい、やや安値って感じかなあ。2002年には5%だった税率は現在6%です。
 昨夜はおっちゃんの研究所の人に誘ってもらって、オーケストラのクリスマスコンサートに出かけました。生演奏はいいわね。ゆったりしたひとときでした。日本ではこういうことに出かけるとなると、着替えてバス停まで歩いて、バスに乗ってと段取りが面倒ですが、ここでは家から10分以内に町のあらゆる施設に到着し、車は止め放題、渋滞ナシで腰が軽くなります。
0

2004/12/11

どこま〜でも行こう  
 昨日、今日は暖かくて(5℃くらい)雨が降りました。それで雪が全部溶けてしまいました。おはようございます。
 写真は、先週ドライブに出かけたSwan valley(勝手に白鳥谷と命名)への道です。助手席から写しました。正面の山々が雪を冠ってきれいでしょ。アイダホの中でも大好きな風景です。州のハイウエイはこんなにひたすら真っ直ぐ。車とめったにすれ違いません。速度は65マイル制限なので104キロってことですが。ひゃあ。なのに途中の道から車が普通に入ってきたりするんだよ。うおっ。私には運転できまっせん。だけど、毎日ヨロヨロと町の中を走っています。怖いので目をつむって!って、こちらの道は本当に広いし、歩行者も自転車・バイクも通らないし、皆優しいのでオタオタと走っていても大丈夫です。アイダホフォールズの皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ないです。ハンドルにしがみつくように眼を飛ばしている東洋人は私です。
0

2004/12/10

帰ってきたぞ!  
 ご無沙汰でございます。皆様お変わりないですか。

 12月1日の水曜日にアパートに移ることができました。今回はアパートに全てがフルセット(電話・電気・テレビ・家具・寝具・生活雑貨等)と聞いていたので、「ラッキー」と期待していたら、そうは問屋がアメリカン。というわけでライフラインの確保が一筋縄ではいかないアメリカのこと。電話回線だけが遅れに遅れて今日まで情報とは無縁の暮らしをしていました。日本の情報は皆無な町で、行き倒れにでもなった日にゃ無縁仏かい…などと悲観的になる私達でありました。成人しているとはいっても子供たちのことや、老いた親のことなど気がかりでした。フ〜。。。
 今日からは復活インターネット生活ですので、またこちらでの暮らしをご案内させていただきます。どうぞ読んでやってね。右下のコメントっていうとこをクリックすると書き込みもできますので、お声を寄せてください。

 先週末は気温も2℃くらいまで上がっていいお天気でしたが、毎日寒いです。到着した日に積もった雪が溶けずにそのまま残っている場所もあります。写真は雪の中のアパートの様子です。部屋の中は22℃くらいに一定していて(但し、ものすごい音でヒーターが入ったり止まったりしてビックリ。寝ていて起きることも有)快適ですがパリパリに乾燥してます。体のいたるところが粉吹き芋。写真は見たくないよね?

 遡って日々のご案内をしたいところですがこの日記はそれができないらしいので、今日から心機一転ってことで。
 先週はクリスマスの集いに行きました。30人くらいの小さな集まりです。食事とおしゃべりとプレゼント交換(小学生の時以来か?)というイベントです。くじ引きの順でプレゼント(夫婦一組につき10ドル以下のもの)をゲットし、三回までは交換可。多いに盛り上がり私達はワインを手に入れましたのことよ。日本から持参した正月模様付きの箸置きは大人気(たぶん来たばかりの日本人を盛り立ててくれてたんだわ)で三回目に落ち着きました。アメリカの人っちゃ本当に無邪気だわ。は〜アイダホ暮らし三回目ともなるとミホも一人前やん、と思ったそこの貴方。それは違うね、チッチッチ。相変わらず英語の洪水にはアップアップ。理解できる2パーセントほどの単語をつかんだらそれについてチョロッと一言申し述べるだけで場が和む。今は車の話みたいだわ→「私は日本では運転できない。アイダホフォールズオンリードライバーっす」するってえと「あーら私だってシカゴじゃしないわよ」「あら、私もロサンゼルスじゃ無理よ」ってなことになるのさ。
 アメリカ暮らしの長い友は言った。「英語ができないと言って引きこもったらつまらない。できなくても出て行った方がいい。ニコニコしてる人を誰も悪くは思わないよ」OK。今日も私は口角上げてにこやかに座っております。
 ではまた明日。

0

2004/11/30

師走  
 日本は師走となり、何となく慌しいですね。こちらは11月30日の夕方ですが、町はクリスマスの支度に余念がないようです。ホテルのロビーにも暖炉の隣に大きなツリーが登場しました。暗くなって町を走ると、そこここの家の周りや、庭をきれいに飾りつけたところに出会うことができます。日本のどこかの街で見かける(テレビでしか知らないけれど)目がつぶれそうな電飾で家が燃えそう、といったのはなくて、本当に静かに心からクリスマスをお祝している様子が伝わってきます。木々や道や屋根に雪も積もり、サンタさんの故郷はアイダホフォールズかも・・・などと思ってしまいます。写真をとってきてご案内するつもりですが、何せ車の外は寒くて。しばらくお待ちください。
 私は現在プーな日々ですが、おっちゃんは毎日研修やら何やらと忙しくしています。人間、たまにはヒマに過ごしたいものですけど、本当にやることがないのは辛いです。インターネットはありがたし!
0

2004/11/29

時差ぼけ  
 こちらと日本は時差16時間、こちらが後追いをしています。夜は10時頃には眠たくなってベッドに入るのですが、2ー3時間もすると目が覚めてしまって眠れません。気持ちは「夜だわ、寝なくちゃ」なんだけど体は「ほーれ、こんなにお昼寝したら大変!はよ起きんさい!」と思ってるわけで。4日目くらいで、やっと体の方がだまされていくって感じです。仕方なく真夜中に夫婦でシリトリ。
 「リンゴ」「ゴリラ」「ラッパ」「パンツ」「ちょっとーパンツはさっき出たろー」
 悲しい・・・。
 まだアパートに入ることができなくてホテル住まいをしています。外食もたまにはうれしいけれど毎日はしんどい。お昼はコーヒーメーカーで沸かしたお湯でぬるめのカップめんでした。とほほ。
 写真は荒れた天気で後ろの山々は見えないソルトレイクシテイ空港です。この飛行機はデルタの一番小さいヤツ。座席から操縦席丸見えでドキドキします。今回はもうすこし大きい(といっても40人乗り)のでやってきました。
0

2004/11/29

アイダホは雪だった・・・  
 成田空港からサンフランシスコ→ソルトレイクシテイ→アイダホフォールズと乗り継いで20時間。昨晩、おっちゃんと私は雪の積もった(積雪は今年初めてだったそうな)アイダホフォールズの町に無事に辿りつきました。長時間のフライトと時差でヨレヨレの体をとにもかくにもホテルに押し込みホッと一息です。
 ボツボツとご案内していきますので、どうぞ読んでやってくださいね。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ