2020/8/26

第21回定期演奏会  定期演奏会
クリックすると元のサイズで表示します
8月23日 浦安音楽ホール 写真提供:OB会会長 飯田亮一氏

みんな笑顔で演奏会を終わることが出来ました。開催できて本当に良かった、、役員さんはじめご家族の皆様、トレーナーの先生、子供達も、ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
ここからは私のスマホで撮った写真 リハーサル

オリンピックの影響で2020年春、夏の合宿施設が使えないということで前途多難な今期のスタートでした。それでも色々探して下さって春の合宿は岩井海岸、、と楽しみにしていた矢先、春からはコロナ禍が。感染が広がる度に(ダメかしら)と思いながら話し合いを重ねていたのですが、役員さんは常に笑顔で前向きで、、春夏の合宿の会場探しに代々木や柏まで出向いて下さったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
感染対策@:譜面台は一人に1本 控室のTV画面より

世の中コロナの話題で持ちきりですから、子供達も感染防止について肝に銘じていたのでしょう。演奏会実現の為に普段以上に気をつけてくれたと思います。コロナでなくても、咳や熱で参加できませんから風邪もひけません。その甲斐あって病気にもならず、「演奏会成功」への気持ちが、いつも以上に強くなっていたのだと思います。アンコールのホルベルクも「弾きたい人だけ練習して!」と言ったのに、結局全員弾きました。

クリックすると元のサイズで表示します
感染対策A:お客様は2席空けて座って頂きました

今回は私は後方で電子チェンバロ弾いていました。すると、ソリストを盛り立てようとするヴィオラや、お互いを聴き合う1st、2nd(ヴィヴァルディでは向き合っていた)の様子が、手に取るようにわかります。
様々な形態の音楽があって、それぞれ素晴らしいけれど、音を聴き合い、心を寄せ合い、今年は特に「コロナを超えて成功させたい」というみんなの想いが音楽に表れたのではないかと思います。更に、私達は4〜5歳の子供の頃から同じ指導者の下で音に磨きをかけてきた仲間です。

クリックすると元のサイズで表示します
次期インペク崇紘君作 シートはテーブルクロス、お持ち帰り自由

演奏会には消極的な空気が漂う首都圏での演奏会。座席は2席づつ開け、アルコールを配置し、マスクはステージに出る時に捨て、ステージから戻る時には新しいマスクを頂く。一人3〜4枚使ったのではないかと思います。役員さんの知恵は素晴らしい!!

クリックすると元のサイズで表示します
感染対策B:ステージに出る時マスクは捨てて、ステージから帰ったら常に新しいマスク

6月末、演奏会実行に舵は取ったものの、その後も感染者は増え続け、世の中の演奏会は延期、中止、、 様子を見ていると、学校での子供達の様子はかなり密です。演奏中は話はしません。マスクをつけていれば、演奏自体のリスクは高くないのでは、、 でも浦安市のコロナ注意報は赤の警報に。ここまで来て、、最後まで頑張ってみよう! 直前になって、ステージ上でのマスク必須指示が解けました。

クリックすると元のサイズで表示します
感染対策C:感染予防グッズ 検温

良いことの一つもないようなコロナですが、自分の活動に忙しい大学生が、コロナで自由な時間が出来て、こちらの練習に集中してくれたことは「不幸中の幸」だった気がします。合宿もなく、いつも大きな力を頂いているOBOGの助けもステージに乗れる人数制限で最小限、素敵な音で私達を引っ張って下さったチェロの矢野さんも帰国できず。本当に今回は皆さんの力の結集でしたね、、受験生も頑張って弾いてくれました。琴乃さんは前日成田に着いて半年ぶりのヴィオラ。突然のアンコールのヤナーチェクは初見だったのでは、、

クリックすると元のサイズで表示します
感染対策D:記念写真も密にならずこの通り 写真提供:飯田亮一氏

本番の魔力は凄いです。特に今回は「勇気を伴った集中力」でした。そして卒団生にとって、本番もなく何となく解散になったかもしれない自分達と、こうして立派に演奏会を成功させた自信を持った自分達。今後の進む道、音楽人生にとって、どれほどの差が出るのか、、 考えてみれば、人生選択の連続でしたよね、、 小さい頃ヴァイオリンを始める選択。練習をしようか止めようかの選択。ストリングスへの選択。困難な時期の演奏会の選択。皆さんには、どんなことにも失敗を恐れず、勇気を持って自分の道を歩いてほしいです。そして自分達が小さい頃、先輩の力もあってここまで来たことを想い、今度は後輩達の為に力を貸して下さい。そんな愛の力で千葉ジュニア・ストリングスは42年間、やってこられたのです。

2020/8/22

あと1日  定期演奏会
クリックすると元のサイズで表示します
今年はオリンピックの年だったので、春、夏の合宿会場は使えず(オリンピックの会場になる予定だった)、会場探しに翻弄され、その内にコロナ禍となってしまい、合宿はおろか練習もままならない状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します
感染が心配な人、ご家族に病気の方がおられる人、コロナ感染による団の存続を心配された方、色々なご意見がありましたが、中止も視野に入れた上で出来るところまでやってみよう!と決定したのが6月末。

クリックすると元のサイズで表示します
今回で卒団予定の大学生にとって、演奏会があるのとないのでは、今後の音楽人生に大きな差があるのではないかと思ったのが開催したかった理由の一番目。
やはりみんな弾きたいんですよね、、 そして演奏会という目的があるので、普通以上に感染には気をつけます。自分の行動がみんなの迷惑になりますから、、(万が一、感染者が出ても恨まないとも話しました) 

クリックすると元のサイズで表示します
あと1日という所まで来ました。みんなに感謝です。

2018/8/20

宝物。  定期演奏会
クリックすると元のサイズで表示します

昨日、多くの皆様の熱意とご尽力により、創立40周年記念、第20回定期演奏会を無事終了することが出来ました。素晴らしい演奏を聴かせて下さった川本さん、演奏で支えて下さった悠子ちゃんや檜山君をはじめ多くのOB、OGの皆さん、記念誌作成や会の運営に携わって下さった方、色々な企画、雑用を引き受けて下さったインペクの母さん、それら全てを統括して下さった佐々木さん、それから子供達も、、素敵な会でしたね♪ ありがとうございました。

今回は4曲弾くことになってしまったので撮影には気が回らないだろう、、写真は写真屋さんに任せよう、、と思ってしまったので、写真は、とっさにスマホで撮ったチェンバロの写真だけ。費用のこともあるけれど、本物のチェンバロさん、お願いして良かった〜♪

昨夜から、OBさんのFBにはずらりと写真が並んでいるのですが、こちらは記事もなくて寂しい限りですね、、 そのうちどなたかの写真を拝借してきますから、待っててね、、 ここは私が一人で書き込んでいるので、みんなで書き込んだり写真の投稿が出来るといいね、、ちょっと思ったこと。

さて、昨日の私の話と重複しますが、話足りなかったこともあるので、感想などを、、

2年程前、松本の指導者研究会で川本さんのレクチャーがあって、自分が室内楽が好きなこともあるのだけれど、それがとても楽しくて、いつか子供達にもそんな体験をさせたい、、と思っていました。「40周年」の企画が上がった時、そんな話をして、ダメもとで川本さんに伺ったら「時期さえ合えばOK」。夏は講習会、サイトウキネン等があって、なかなか決まらず、もし駄目の時はヴィオラのアンサンブルでもしようか、、等と話したこともありましたが、運よくOKに。 間近に一流の、それもOGである方の演奏を聴ける(一部の人は一緒に演奏出来た♪)ことは一生の宝物です。

さて宝物と言えば、、一生懸命、C.J.Sと我が子の為にご尽力下さるご父母の皆さんは、本当に宝物だなぁ、、と、昨日話足りなかったことが、ちょっと残念でしたので、ここで御礼を申し上げます。OB、OGの皆さんもですが、この「ご父母パワー」が宝物であり誇りです。

チラシ、プログラムをご覧になりましたか? デザインは第1回目から40年間、同じ方がやって下さっているのです。第1回目は中学生くらいでしたか、、40年も続くとはご本人も考えていなかったと思いますが、色々な意味で、みんなで創り上げている演奏会、宝物です。

もう一つの宝物、それはチェロの矢野さんです。演奏の要となるチェロを、演奏会の時だけではあるけれど、ずっと支えて下さいました。低弦の充実は弦楽団全体を支えます。1996年頃、矢野さんのチェロの音と人柄に惚れ込んで、自分の勉強会で一緒に弾いて頂いたのが最初。フォーレでした。次の年はメンデルスゾーンのPトリオ。その内、C.J.Sでもお願いするようになって、本拠地をドイツの黒い森の麓フライブルクに置いている彼が、毎回C.J.Sの演奏会に合わせて2年に一度帰国して下さいます(・・というのはちょっと大げさですが、、笑)

ストリングスの音が温かいのは、寄せ集めでは無くて「同じ釜の飯を食った」というか「同じ師匠の下で何年間を過ごした」仲間だからでしょうね、、

今回は記念演奏会の前、、ということもあってか、一人を除き、団員は合宿全日程参加でした。素晴らしい!! だけれど(言って良いのか悪いのか?ですが)、此処の良さは「両立できる」ことだとも思っています。練習も合宿も必ず全日程参加(一時、3回欠席したら退団、、と言っていた時期もあった)、合宿は遠くの合宿地で、、となると、参加者は減りますよね、、 「音楽はみんなのもの」という信念があります。特別なものではなくて、生活の中にとけこむもの。だから都合を付けて参加する。でも1日しか来られなくても参加できる。塾があるから仲間を離れる、、では寂しいです。心の中では「仲間」

2016/8/21

第19回定期演奏会終了しました。  定期演奏会
クリックすると元のサイズで表示します
昨日は、皆様のおかげで素敵な演奏会になりました。39年間、続けることが出来たのは、本当に皆様のおかげです。

お母様方のてきぱきとした働きは毎回、どなたからも賞賛の声が上がります。ネットや新聞広告で聴きにいらしたお客様が40名余り、、身内やお友達・・のお客様が来られることはとても嬉しいですが、柵のない、音楽を聴きたい、、と来られた方が多くいらしたことは嬉しい驚きでした。
前日の電話で・・「どのような団体ですか?」 「小学校3年生から大学生、OBOGです・・」 「500円は安いですね、、発表会のようなもの?」 「・・・」
当日終了後・・「500円でこんな素晴らしい演奏が聴けるとは、、」 「次の演奏会はいつですか?」

クリックすると元のサイズで表示します
アンサンブルの醍醐味は、自分以外の音が聴こえてきて、そこから醸し出される響や音楽、、そこに自分も参加しているという充実感、発見・・ それを言葉に出来る程、子供達は気づかなかったかもしれないけれど、何となく何となく、、じわ〜っと、、(矢野先生には色々教えて頂きました・・というか気づかせて頂いています)

C.J.S.の響は柔らかい・・と言われます。これだけ心のこもった響を出せるジュニアの団体は少ないのではないでしょうか、、 特に部活の盛んな千葉県で、忙しい勉強や部活との両立。「練習を休まないように」とは言いつつ、練習参加の少ない子も居づらい場所ではない、、みんなで何とかカバーします。出来る時に精一杯出来れば、それで良いのでしょう。小さい頃から同じ奏法で、同じような子育ての目標を持ったご家族の中で育った、、というのも大きいのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
嬉しかったこといくつか・・
@夏の合宿、演奏会は全員参加だったこと。(中3が多いのに)
A今まで影に居たような中3の男子達が積極的に動いていたこと。
BCちゃんが復帰してくれたこと。
C初代コンサートマスターの飯田亮一さんがいらしたこと。
D昔からのご父母とお目にかかれたこと。
E指揮者が元気にこの日を迎えられたこと。

クリックすると元のサイズで表示します
39年続いた団ですが、5〜6年で主力が卒業して小さな団員の入団・・どうしても同じような曲の繰り返しになってしまいます。それでも毎回、新たな気持ちと充実感があるのは、底辺にC.J.S.、スズキの歴史があるからかな・・という気がします。

トレーナーのH先生、チェロの佐藤有香先生のおじいちゃん、昔、繋がりのあった方です。矢野先生の音には皆さん惚れ惚れ、、と仰っていましたが、20年ほど前、私が一聴き惚れして、それから事あるごとに演奏をお願いしていました。Pトリオをお願いしたこともあったり、、(ちょっと思い出) それら色々のことが全部、今に繋がっています。

子供達は勉強、部活に忙しいけれど、大人になっても仕事をしないでヴァイオリンだけ弾いている訳にはいきません。少しづつ時間を見つけて精進する、アンサンブル、音楽の故郷があること、、そのことの大切さと有難さに子供達は、きっと大人になったら気づくことでしょう。
S先生も、、皆さんお忙しい中、本当に骨身惜しまずに頑張って下さって、ありがとうございました。子供達は幸せですが、夫も幸せ者です。

♪ひとこと♪
皆さんが良く使う「お疲れさま」という言葉。ちょっと前にFBで話題になりました。「お疲れさま」は、目下の人、同等の人に使う言葉で、目上の人には使わない…のが本来だそうです。
FBでは「いつも使ってるよ」「そうかなぁ」という方も多かったです。使ってはいけない・・程ではないかも知れませんが、本来の使い方を知っていると日本語がスマートになりますね。

2014/8/31

第18回定期演奏会  定期演奏会
クリックすると元のサイズで表示します

2014年8月31日(日)14:00 京葉銀行文化プラザ音楽ホール

指揮        富川 歓
コンサートマスター 中台寛人 飛田晴彦
インスペクター   西山 涼 飛田信彦  演奏40名

モーツァルト   アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525
レスピーギ    リュートの為の古風な舞曲とアリア第3組曲
チャイコフスキー 弦楽セレナーデハ長調 作品48

https://www.facebook.com/kazuko.tomikawa

今日の演奏会を立川から聴きに来て下さったピカリ直美先生がFaceBookに投稿して下さったのですが、、F.B.って、皆さん見られるのでしょうか、、??


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ