2010/8/21

雑感  
昔、高校生の頃、大学生のオケが好きで、桐朋学園のオケとか、随分聴きあさった時期がありました。 友達と二人で、「N響なんて上手くないよね、、」とか、、 笑) 少々生意気、、なこともあったのですが、今でも、そのときの気持ちはわかるような、、 笑) 

今日は、高校野球の決勝ですね、、 プロと比較して、ボールのスピードとか技術とか違うけれど、あの「ひたむきさ」には惹かれるものがあります。

さて、我々も、今日は最後の練習で、明日は「本番」です。 「一生懸命」が聴いて下さる方に伝わるといいですね、、 技術的には拙くとも、やる気さえあれば、心は伝わるものです。 どちらが人を惹きつけるか、、って、やっぱり熱意のある、心のある演奏でしょう。

何人かのお母様から「子供が演奏会を楽しみにしています。」と、メールを頂きました。 急に書き込みをしたくなって、、 笑)  明日は、みんなも楽しんで、聴いて下さる方にも、その気持ちが伝わって、会場が「いっぱいの楽しさ」に溢れるといいですね♪ 

2010/8/19

演奏会前に  
クリックすると元のサイズで表示します

毎度、勝手なことばかり書き込んでいてすみません。 ここは宣伝の場所ではないので思ったことを正直に書いています(打っています)。 合宿の補足といいますか私の反省点、、 

「タイの最後では音をなくそう」という練習の折、何度言っても直らない子供を見ていて・・ 普段のレッスンでも、注意したことが次の週に直っていないこと、多々あるのです。 2〜3回は注意するのですが、何度言っても直らないと、「この子は、直すと言う能力が未だついていないんだ、、」と、諦めてしまいます。(何度かは注意しますが、、) そのようなひとつひとつのことが、合奏の時、如実に表れてきます。 「もっとしっかり言わないとダメだなぁ」 私の反省。

注意しても注意しても直らない子供。 どこに原因があるのか考えなくてはいけない問題です。 注意することは難しくありませんが、原因を突き止めて、自分で修正できる子供にするのは並大抵ではありません。 このようなことは、なにもヴァイオリンのレッスンに限ったことではなくて、普段の生活でも同じだと思うのですよ。 精神的に子供なのかな、、(あ、子供ですよね、、 笑)とも思うけれど、はっきり物を言ったり、直そうとしているお子さんもいます。 

息子の行動を見て「自分のコピーだ!」と思うことの多い私ですが、お母様方も「次はもっと美味しいご飯を作ろう」とか「今日は上手くいった!」とか、大袈裟に子供の前で仰って「前向きな姿勢を示す」ことが、子供の向上心を育てることに繋がるような気がします。 「千葉ジュニアストリングス」ではなくて「教室だより」に書くことだったかもしれませんね、、 笑)

さて、普段なかなか練習できない私も、この2〜3日、真面目にやっています。 というか優先順位を「仕事、家事」から「練習」に変えているだけですが、、 家族の協力にも感謝したり、レッスンも今週はお休みにして、皆さんに少し我慢をして頂いている、、ということです。 

真面目にやり始めると見えてくるものが沢山ありますね、、 その中の一つ、弦を替えること、全然、音の響きが変わってきます。 合宿中、E線が錆びているよ!と子供に言ったけれど、その子は弦、替えたかな〜? 「お金かかるな」とか「めんどう」と思わずに、そういうことにも気を配って下さるようになると、子供のやる気も本気になるのではないか、、と、ふと思いました。 

合宿で色々練習したこと、みんな覚えていて練習しているだろうか、、 普段のレッスンの曲ばかりやっていないかな、、 演奏会前は、普段の曲はちょっとおいておいて、ストリングスの曲を、合宿の時の注意を守って練習する。 そのようなことが、長い目で見ると「集中力」に繋がるのではないかと思います。(余裕のあるお子さんは沢山練習して下さい) 「あれもしなさい! これもしなさい!」と仰っていませんか? お母さん!

2008/12/13

還暦祝  
クリックすると元のサイズで表示します

忙しいことと体調不良が続き、書き込みが遅くなりましたが、実は今年の11月15日は音楽監督が還暦。 11月9日の練習の日、みんなでお祝いして下さいました。 こんな素敵なプレゼント♪  これ、Nちゃんが作ったんですって!! みなさん、ありがとうございました!!  これからも頑張ります♪

2007/7/8

トレーナー参加の練習  
 今日、7月8日の練習は、トレーナーの佐々木智幸先生と川原愛先生に練習の演奏に
加わっていただきました。 経験豊かなお二人の参加で、団員に緊張と安心が混ざり、
とても良い刺激になりました。 佐々木先生の揺ぎ無いリズムと川原先生の艶やかな音色で、練習がとても引き締まりました。  またお二人には、春、夏の合宿にも毎回参加をいただき
アンサンブルの基本やCJSの団員としての心構えを教えていただいています。

2007/6/13

OBの中角君  
OBの中角翔君が6月10日の練習に参加してくださいました。
早稲田大学在学中で、いろんな仲間とアンサンブルを楽しんでいるそうです。
楽器も購入し、張り切っています。これからも後輩の指導に力を貸していただきたいと思います。 OB,OGの皆さん時間がありましたら、ぜひ顔を出してアドバイスをお願いします。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ