あれなん

アレは?ココはたしか.. 

 

カレンダー

2019
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の投稿画像

最近の投稿画像
天道工業団地にポツ…

最近の投稿画像
あさかぜ

最近の投稿画像
EF66 33 運用離脱…

最近の投稿画像
ハイプリ装着(空波…

最近の投稿画像
空波弐号納車

過去ログ

過去帳

      準 備 中

投稿の訂正情報や、連絡・  その他はこちら

昔からの掲示板はこちら

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

船木鉄道跡巡り

新年最初は廃線巡りでスタート

山口県宇部市 船木鉄道
以前から気になっていた廃線で既に数名の先輩方が
詳細を投稿されていますし詳細はナントカペディアにて
ご確認ください。

今回は現状版という事で投稿

船木鉄道(通称せんてつ)は簡単に書きますと...

1916年 宇部(西宇部駅)−船木間開通
1923年 船木−万倉間開通
1926年 7月万倉-今福間開通 11月今福−吉部間開通

1944年 万倉−吉部間が戦争によるレール提供で休止
1961年 全線廃止

各駅は
西宇部 - 有帆駅 - 字中村駅 - 船木町駅 - 裁判所前駅 -
宗方駅 - 伏附駅 - 万倉駅 - 矢矯駅 - 今富駅 - 峠駅 - 大棚駅 - 吉部駅

現在はバス会社になりました。

ではJR宇部駅(せんてつ名は西宇部)からスタート
(カッコ内数値は緯度経度です、多少のズレがあるかも)






クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
宇部駅北側裏側にせんてつのホームはあったみたいです。
この橋台遺構が当時のものらしい。(場所は地下道入り口横)
(34.004202, 131.219496)






クリックすると元のサイズで表示します
線路はしばらく下関方面へJR線と平行に走って







クリックすると元のサイズで表示します
JR線が左へカーブするあたりから右手方向へ進み丘を登っていたみたい
(34.005427, 131.215163)


この後県道より多少山側を進み現大和団地の真ん中から宇部興産
専用道路を越えて南平台団地の東側の山沿いを走っていた。




クリックすると元のサイズで表示します
有帆地区に入る手前、山の終わり付近に有る橋台跡
現在は道路新設工事が行われているため見やすい状態
(34.016383, 131.206241)




クリックすると元のサイズで表示します
両側しっかりと残ってます
ココは工事の影響は受けないかも




クリックすると元のサイズで表示します
有帆方向(船木方向)
築堤はまだ残ってますが途中からは無くなってます
この後有帆駅(有帆交差点付近)から線路は現在県道30号線になる。
途中『字中村駅』は何処だかさっぱり判らず...

線路は同鉄道会社の本拠地船木駅へ



クリックすると元のサイズで表示します
100周年らしいです、おめでとうございます\(^o^)/
この看板の裏が当時はヤード状になっていたみたい。
現在はバスの車庫です
(34.041975, 131.223279)






クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
本社社屋兼船木駅舎(現船木バス停)
廃止当時のまま変ってないそーです。






クリックすると元のサイズで表示します
表側、バスは当然せんてつバス

船木を出てから裁判所前へ
裁判所前は名前のように家庭裁判所が現在は学びの森くすのきバス停
横に有るのでこの付近に有ったんでしょう。

線路は更に北方向へ進み国道2号線を越えてもう一度宇部興産専用道路をくぐる。
専用道路をくぐった地点は三叉路になっており田んぼの中を通る道が元線路で
真っ直ぐな道が続く。

宗方駅も判らなかったが多分促進住宅前バス停付近がそうだったかも。
(34.053987, 131.233101)



同じく伏附駅も痕跡等判らなかったがバス停がそのまま伏附なので
その付近でしょう。
(34.061578, 131.236143)

線路は間もなく終戦以降は終点になった 万倉駅に入る






クリックすると元のサイズで表示します
万倉駅付近
広いスペースが特徴? 駅舎とか判らんけどこの付近が駅だったらしい
(34.070954, 131.241871)




クリックすると元のサイズで表示します
万倉バス停




この先吉部までは戦時に鉄が必要だったのでレールを提供するため
休止→そのまま廃止になった区間

投稿者:ちくまえ。

撮り鉄で出会った遺構

山口県周南市戸田 棚田と景色が有名な四郎谷から海岸へ行くと...

クリックすると元のサイズで表示します
こんなのが撮れるイイ場所が有る

さらに奥へ行ける道があって門もあるけどずっと開門してる
みたいだし立入禁止とも書いてないので進むと






クリックすると元のサイズで表示します
煉瓦と石積みの隧道登場
左から道路用?となりは山陽本線(下り)、一番右が山陽本線(上り)
ちなみに隧道名は『姥石隧道』

路面は未舗装だけど車も通れる感じなので突入!(画像なし)
中は上から地下水がシトシト、路面にはあちこち水溜り。
側壁には退避スペースも有る。
ほどなく抜けて二本目(『真名ヶ尻隧道』)へ突入、こちらも内部は一緒。
(二本連続)






クリックすると元のサイズで表示します
真名ヶ尻隧道側から
左のトンネルは上り線用、下りは木で見えない。

ジモジーが頼んでないのに解説してくれた(笑)
現在の生活道路になってる隧道と現行山陽本線下り線が元々セットで
昭和39年までSLが走っていたそうな。
電化の際架線を通すスペースを作れないとの判断で一本放棄し、
山側に新たにトンネル掘って現在の形になったとのこと。

そのため



クリックすると元のサイズで表示します
下り線のトンネルはこんなに素敵な石組です









クリックすると元のサイズで表示します
接近 上の部分改造?








クリックすると元のサイズで表示します
こちらは人車用?になった真名ヶ尻隧道







クリックすると元のサイズで表示します
半分から上は煉瓦巻
中の天井はSLのススも付いてます

路盤は完全に未舗装路ですが






クリックすると元のサイズで表示します
木柱の土台遺構も有る、標識?信号?
道路は元線路だったというのがよく判る







クリックすると元のサイズで表示します
良い眺めです、コンクリもほどよく粗悪ですばい

ジモジーによるとこの古い隧道と道は現在も正式にはJRの所有らしいけど
地元民が畑の往復やら作業用で使えるようにあえて何も言わないらしい。
(何か事故でもあったら対策するでしょうけど)

そんな古い隧道を抜けると



クリックすると元のサイズで表示します
素敵な景色が待ってます


おまけで


旧線路の遺構は他にもあって




クリックすると元のサイズで表示します
手前の小さな川には旧線の橋台もあります。




以上撮り鉄の産物でした。




投稿者:ちくまえ。
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/28 
 
AutoPage最新お知らせ