あれなん

アレは?ココはたしか.. 

 

カレンダー

2019
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の投稿画像

最近の投稿画像
天道工業団地にポツ…

最近の投稿画像
あさかぜ

最近の投稿画像
EF66 33 運用離脱…

最近の投稿画像
ハイプリ装着(空波…

最近の投稿画像
空波弐号納車

過去ログ

過去帳

      準 備 中

投稿の訂正情報や、連絡・  その他はこちら

昔からの掲示板はこちら

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ハイプリ装着(空波U)


クリックすると元のサイズで表示します
納車から約1ヶ月、走行距離も2000kmを突破したので
そろそろ慣らしも終わりですな。



ETCは




クリックすると元のサイズで表示します
アンテナはハンドルに付けて






クリックすると元のサイズで表示します
本体はフロントのボックス内に設置
ここなら一応カギもかかるから安心





そして今回も1号で気に入った星野設計さんのハイスピードプーリー+2を
取り付けた。

出だしが良くなって高速クルージング時はオーバートップ的な
変速をしてくれるから燃費も向上。
ただしお値段が純正部品の倍以上します(^ ^;

どんなプーリーかと言うと


クリックすると元のサイズで表示します
右がハイプリ、左がノーマル
ひと目で違いが判る人は職人さんかも


ウェイトローラーがころがる部分(溝)に加工がされていて
中心側と外周側に違いがあります。





クリックすると元のサイズで表示します
ノーマルとの違いはWRが更に内側へ移動出来るように
削られてます。






クリックすると元のサイズで表示します
外側もアップで見たら判りますな
右のハイプリは更に外側へ移動出来るようになってます。


この加工で乗り味がかなり変ります。
私の場合WRを推奨(25g)より重くしてますので(30g)
出だしはそんなに良くはありませんが高速走行時の恩恵は
素晴らしくお気に入りです。


ハイプリはリピーターには割引制度があるので初回より安く
購入できますので興味が有る方はいかがでしょ?
ヤフオクにも出てますので詳細はそちらでお願いします。






クリックすると元のサイズで表示します
ナックルガード装着を考え中ですがとりあえずコレで完成
大事にせねば(^ ^)



投稿者:ちくまえ。

ヘッドライトが点かん!

もう50000キロを突破した空波
先日セルボタンが戻らん現象が発生した。
気づかず乗ってるとブレーキの度に変な音がするから何かいな?
って色々探したらスターターボタンが押し込まれたまま(^ ^;

その時はCRCをボタンにぶっかけたらスグに復活したから
そのまま乗ってたら今度はセル回した後ボタンは戻るけどライトが
点かんくなった。

ボタンが原因というのは判るけど...
便利な時代でネットで調べたら同じ現象で解決されてる方々が居て
詳細が判った。
どーやらヘッドライトの回線とセルモーターの回線がこのスターター
ボタンに来てるらしい。
まぁリレーやらヒューズを疑うのが先かもしれんけど今回は最初は
点いてセル動作後点かないという事やったから犯人はボタンと疑った。

とりあえず右のSW部分を分解せんといかんのでネジで止まってる
上下を分解し、スロットルワイヤーも外さないかんので遊び調整ネジを
ユルユルになるまで回して開け側と閉め側のワイヤーを外したところが


クリックすると元のサイズで表示します
この状態

さらにケーブルを押さえてるプラ部品を外すと




クリックすると元のサイズで表示します
結束バンドで固定されたケーブルが見える
この結束バンドは切ります(修理後新たに縛ります)

上のハザードSWのユニットを外すと





クリックすると元のサイズで表示します
このように下側のセルSWも付いて来ます。
矢印がセルボタン、白丸がライトの接点端子で通常ボタンが戻ると
この間が導通しライトが点きます。
黄色丸はセル接点端子でボタンを押し込むとライトが消えてこちらが
導通しセルが回ります。
要するにこのSWの接触不良が今回の原因なので更にセルSWのみ
分解したのが






クリックすると元のサイズで表示します
コレ
長年の使用で変形や磨耗が見られます。セルを長く回すと大電流が
このSWに流れるので熱も発生し酷い場合SWが融けるかも。

大きなバネはSWボタンを押し戻す動作用で小さなバネはコの字型した
スライド銅体を端子に押し付ける役目。
このコの字型のパーツがしっかりスムーズに動作しないと接触不良で
電気が流れませんから動きが良くなるように変形部を削ったりして
形を整えて組みます。



クリックすると元のサイズで表示します
このように組立て各動作部にはシリコングリス等塗布して動きを
確認します。
バネパーツなので飛んでいってしまわないように注意して復旧作業。

後は分解と逆の手順で作業し終了、セルボタンもスムーズになり
ヘッドライトも無事点灯するようになりました。

このSW部分のパーツってもしかしてケーブル丸ごとアッシー?(^ ^;
投稿者:ちくまえ。
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/22 
 
AutoPage最新お知らせ