あれなん

アレは?ココはたしか.. 

 

カレンダー

2019
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の投稿画像

最近の投稿画像
天道工業団地にポツ…

最近の投稿画像
あさかぜ

最近の投稿画像
EF66 33 運用離脱…

最近の投稿画像
ハイプリ装着(空波…

最近の投稿画像
空波弐号納車

過去ログ

過去帳

      準 備 中

投稿の訂正情報や、連絡・  その他はこちら

昔からの掲示板はこちら

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

萩森炭鉱専用線跡と遺構(山陽小野田市)

この物件は撮り鉄のロケハンしてる時に発見したのがキッカケ



クリックすると元のサイズで表示します
コレ何??

金見鉄道のコレと似てね??

わからんまま一応撮るだけ撮って帰宅後調べたら...


なんと炭鉱の専用線橋台跡
この辺はセメントばかりと思ってたからまさか石炭が出てたとは...

ネットでは既に何件か先人様が紹介されたのがヒットするけど
あまり有名じゃ無いみたいなので遠征ついでにプチ探索。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
一応この炭鉱を簡単に紹介

萩森炭鉱

昭和13年設立

昭和18年 中国炭鉱を合併(吸収?)し宇部興産の
グループ企業となる。

昭和38年 閉山(萩森興産社史より)社名も萩森興産へ変更


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1974年頃の航空画像(国土交通省画像)
を見ていただくと判ると思いますが小野田駅から北へゆるやかなカーブを描く
専用線跡が写っとります(遺構も判る)


ほんじゃ駅からの分岐付近からスタート






クリックすると元のサイズで表示します
駅から分岐したところ
奥が山陽本線、用地杭とかはザッと探したけど見つけきらんかった










クリックすると元のサイズで表示します
炭鉱方向
工場の中は入れんから迂回








クリックすると元のサイズで表示します
奥はさっきの場所
振り返って炭鉱方向に進む







クリックすると元のサイズで表示します
緑地道のほうが線路跡でしょう
横の道は新設されたと思われます




進んで






クリックすると元のサイズで表示します
振り返るとこんな感じ
原チャの所が線路でしょう







クリックすると元のサイズで表示します
途中こんな小さな橋を渡って未舗装な線路跡を進むと








クリックすると元のサイズで表示します
コイツに到着







クリックすると元のサイズで表示します
橋台をバックに駅方向の道
ゆるやかにカーブしてるところが廃線チック






クリックすると元のサイズで表示します
さてこの橋台こっち側だけしか残ってないし
向こう側に見える築堤もかなり削られとります。
(以前築堤はもっと残ってたらしい)
なので向こう側の遺構は撤去率が高いかも



更にこの先には






クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
橋が残ってます








クリックすると元のサイズで表示します
くぐってみた
結構立派!







クリックすると元のサイズで表示します
折角なので上ってみる







クリックすると元のサイズで表示します
駅方向
橋台が見える







クリックすると元のサイズで表示します
炭鉱方向
線路上には既に民家が建つ



家を迂回して線路の続きは





クリックすると元のサイズで表示します
この工場へと進んでます
ココも入れんから迂回







クリックすると元のサイズで表示します
画像奥が工場
線路はこの道路ではなく住宅地の中を通ってるみたい
さすがに何も無いのに住宅地でカメラ構える勇気はありません(^ ^;








クリックすると元のサイズで表示します
線路は住宅地を抜けて道路に接近
トラックの左あたりが線路と思われます









クリックすると元のサイズで表示します
更に進んで間もなく終点
線路は左のモジャの中
終点に積み込み施設とか何か有れば納得だけどモジャが凄くて..



その代り当時のモノと思われる遺構が近くに有るので探す
1962年頃の航空画像(国土交通省画像)

閉山期の鉱業所 池の上付近には何かの施設が確認出来る

YAHOO地図では

横切る道路の下に何か確認出来る
でも現在その遺構への道は残念ながら鎖がしてあって入れん..





ところが丁度遺構方向からタケノコを収穫して戻るお年寄りが
歩いて来たので遺構を聞くとなんと地主さんだった(運がイイ)
『この先曲がった所に有るから見てきていいよ』とのお言葉に感謝!

それが





クリックすると元のサイズで表示します
コレです







クリックすると元のサイズで表示します
遺構もさることながら凄いモジャっぷり
機動探索車から大きさがだいたい判るでしょう








クリックすると元のサイズで表示します
接近を試みたけど足元のモジャはレベル5の野バラだし
膝以上まである深いモジャなので諦め








クリックすると元のサイズで表示します
なのでこうやって望遠で我慢








クリックすると元のサイズで表示します
奥の山にも何か有りそうだけどねぇ..

ちなみに遺構のほとんどは横の山陽自動車道の
下になってると思われます。


この遺構もポケットか何か判らんけど埋まってる
関連施設の一部でしょうな

ここ以外では地元の人に聞いても遺構らしいものはほとんど無いらしい







クリックすると元のサイズで表示します
残ってる炭住もほんの数件









クリックすると元のサイズで表示します
一帯は現在も萩森興産が管理
しかし跡地ってどこも筑豊風とでも言いますか..何故か同じ風景
そのうち今流行りのメガソーラーが出来たりするかも


続きがあるなら冬かな

投稿者:ちくまえ。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ