あれなん

アレは?ココはたしか.. 

 

カレンダー

2016
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の投稿画像

最近の投稿画像
天道工業団地にポツ…

最近の投稿画像
あさかぜ

最近の投稿画像
EF66 33 運用離脱…

最近の投稿画像
ハイプリ装着(空波…

最近の投稿画像
空波弐号納車

過去ログ

過去帳

      準 備 中

投稿の訂正情報や、連絡・  その他はこちら

昔からの掲示板はこちら

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

撮り鉄で出会った遺構

山口県周南市戸田 棚田と景色が有名な四郎谷から海岸へ行くと...

クリックすると元のサイズで表示します
こんなのが撮れるイイ場所が有る

さらに奥へ行ける道があって門もあるけどずっと開門してる
みたいだし立入禁止とも書いてないので進むと






クリックすると元のサイズで表示します
煉瓦と石積みの隧道登場
左から道路用?となりは山陽本線(下り)、一番右が山陽本線(上り)
ちなみに隧道名は『姥石隧道』

路面は未舗装だけど車も通れる感じなので突入!(画像なし)
中は上から地下水がシトシト、路面にはあちこち水溜り。
側壁には退避スペースも有る。
ほどなく抜けて二本目(『真名ヶ尻隧道』)へ突入、こちらも内部は一緒。
(二本連続)






クリックすると元のサイズで表示します
真名ヶ尻隧道側から
左のトンネルは上り線用、下りは木で見えない。

ジモジーが頼んでないのに解説してくれた(笑)
現在の生活道路になってる隧道と現行山陽本線下り線が元々セットで
昭和39年までSLが走っていたそうな。
電化の際架線を通すスペースを作れないとの判断で一本放棄し、
山側に新たにトンネル掘って現在の形になったとのこと。

そのため



クリックすると元のサイズで表示します
下り線のトンネルはこんなに素敵な石組です









クリックすると元のサイズで表示します
接近 上の部分改造?








クリックすると元のサイズで表示します
こちらは人車用?になった真名ヶ尻隧道







クリックすると元のサイズで表示します
半分から上は煉瓦巻
中の天井はSLのススも付いてます

路盤は完全に未舗装路ですが






クリックすると元のサイズで表示します
木柱の土台遺構も有る、標識?信号?
道路は元線路だったというのがよく判る







クリックすると元のサイズで表示します
良い眺めです、コンクリもほどよく粗悪ですばい

ジモジーによるとこの古い隧道と道は現在も正式にはJRの所有らしいけど
地元民が畑の往復やら作業用で使えるようにあえて何も言わないらしい。
(何か事故でもあったら対策するでしょうけど)

そんな古い隧道を抜けると



クリックすると元のサイズで表示します
素敵な景色が待ってます


おまけで


旧線路の遺構は他にもあって




クリックすると元のサイズで表示します
手前の小さな川には旧線の橋台もあります。




以上撮り鉄の産物でした。




投稿者:ちくまえ。

天草 アナとキドーのツー

表題は企画者でもある帝王さま命名である。


クリックすると元のサイズで表示します
さる週末、おっちー師匠と共に帝王さまの号令に従い集結。

今回は天草が目的地なので集合も早けりゃ移動も高速、
まずは閉山した陶石鉱山跡地を目指す。

クリックすると元のサイズで表示します
着!某陶石鉱山跡地に残る積込場跡

閉山して10年そこらやけどココまでなるかなぁ
自然は凄い!





クリックすると元のサイズで表示します
基礎やら残るけどあまりの自然化に絶句






クリックすると元のサイズで表示します
これ坑口ですがしっかり塞がれて...





クリックすると元のサイズで表示します
いません(笑)
これは帝王さまにカメラ渡して撮ってもらいました(感謝)





クリックすると元のサイズで表示します
モジャが意外と凄いので詳細な探索もソコソコに撤収
この手摺は多分事務所へ行くための通路です。


次は私のリクエストで烏帽子坑へ




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
途中寄った桟橋の遺構
多分烏帽子坑の積出用と思うけど...


そして


クリックすると元のサイズで表示します
烏帽子坑 素敵ですばい






クリックすると元のサイズで表示します
煉瓦が映えますな






クリックすると元のサイズで表示します
よく見たら補強してあるし(笑)
以前要石が落下したとか聞いたけど補修もしたんでしょう






クリックすると元のサイズで表示します
横からも素敵です

烏帽子はココまでで次の地へ






クリックすると元のサイズで表示します
ココも陶石鉱山跡地
ってか坑口はソコだし





クリックすると元のサイズで表示します
入ってはいけません
きっと足が沢山有る生物がいっぱいでしょう(^ ^;

この鉱山(ってか敷地)は上の方も色々あって




クリックすると元のサイズで表示します
事務所らしき空家の横にも坑口があって






クリックすると元のサイズで表示します
かなり覗くのも勇気が必要な坑口
しかもこの付近にはレールも残ってました。




クリックすると元のサイズで表示します
とどめは火薬庫?
(管理者が記載されていたためモザイクです)





クリックすると元のサイズで表示します
こんなドライブスルーな場所にありました

時間が無いので次へ







クリックすると元のサイズで表示します
鉱山系ラストはココです
パッと見はただの溝ですがしっかり坑口です








クリックすると元のサイズで表示します
皆さんご活躍でした(笑)


この後はおっ○い岩見て私は途中仮眠(爆)して帰宅、
走行距離は578km  燃費は35km/L でした。

帝王さま、おっちー師匠 お疲れでした!
投稿者:ちくまえ。
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ