あれなん

アレは?ココはたしか.. 

 

カレンダー

2014
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の投稿画像

最近の投稿画像
天道工業団地にポツ…

最近の投稿画像
あさかぜ

最近の投稿画像
EF66 33 運用離脱…

最近の投稿画像
ハイプリ装着(空波…

最近の投稿画像
空波弐号納車

過去ログ

過去帳

      準 備 中

投稿の訂正情報や、連絡・  その他はこちら

昔からの掲示板はこちら

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

耳納山中穴巡り

梅雨の晴れ間、帝王さまより召集がかかった!

今回は耳納連山のアチコチに残る古い穴を探すらしい...
(キツそうだ)

こーなったら犠牲者は一人でも多くということで
宗像調査部長さまも引きずり込むことにする(爆)

帝王邸の本卸坑口前で本日の行程を聞いてるとほどなく
調査部長さまが到着したので出発じゃ!







クリックすると元のサイズで表示します
スグに展望台で休憩






クリックすると元のサイズで表示します
高齢者が二名ほど居るので休憩はこまめに(笑)


巡った順番も疲労で定かではないけど...








クリックすると元のサイズで表示します
○○の名所(滝汗)な橋から景色を眺め






クリックすると元のサイズで表示します
真下に実行された方がいないのをみてホッとする










クリックすると元のサイズで表示します
一発目の穴(穴は暗いところ)
帝王さまと調査部長さまは精力的に調査中






クリックすると元のサイズで表示します
私は穴だけ撮影(笑)
う〜ん、やっぱ素掘りにはときめかないなぁ..
ってか何か出てきそうで怖い(^ ^;









クリックすると元のサイズで表示します
二ヶ所目の穴に向け行軍中の帝王さま
よくこんなところの穴を見つけるなぁ...







クリックすると元のサイズで表示します
各人配置図(笑)
調査部長さまの現着がもっとも早い!さすがその道のプロ
(マタギではありませんので)






クリックすると元のサイズで表示します
穴を前に語り合う二人
わたしゃ完全に傍観者モード(爆)







クリックすると元のサイズで表示します
二個目の穴
鉱物は金なのか銅なのかさっぱりわからん、まぁいっか





移動!

すでに自分がどの辺を走っているかサッパリ判らん状態で






クリックすると元のサイズで表示します
こんなのがある付近着







クリックすると元のサイズで表示します
本日の参加車両
ここに停めて入山!






クリックすると元のサイズで表示します
小一時間不気味な山中を探索するも穴は発見に至らず






クリックすると元のサイズで表示します
しかしこんなカラミは沢山散らばってるのでココに鉱山が
あったのは確かですな。



仕方なく昼なので飯へ...

の途中








クリックすると元のサイズで表示します
本日二ヶ所目の○○の名所的な橋着








クリックすると元のサイズで表示します
という名称らしい








クリックすると元のサイズで表示します
こう見ると今からバンジーやる前に見える(笑)



さて飯の場所も決まったので直行







クリックすると元のサイズで表示します
こんな水車がある蕎麦屋さん着
(お店は水車小屋の隣です)


ココの蕎麦が凄く美味しかった






クリックすると元のサイズで表示します
生わさびをサメ肌でゴシゴシする本格派!








クリックすると元のサイズで表示します
ザル蕎麦大盛り
(腹減って最初撮るの忘れた)


帝王さまは替え玉(笑)して完食
お値段は少しお高いですけど雰囲気もイイお店でした











クリックすると元のサイズで表示します
お店の周りはアジサイが綺麗ですばい
お店は以下
水車そばさかせ




お腹も膨れたので探索開始







クリックすると元のサイズで表示します
次はこの山へ入るらしい(^ ^;
橋も無い川も渡らんといかんし...



あまりの難易度で途中の画像は無し

その目的の穴は





クリックすると元のサイズで表示します
素掘りの斜坑
45°くらい急角度で地中へ

よくまぁ掘ったよねぇ

何の穴かは判りません(帝王さまがコメくれるでしょう)




この後は温石温泉付近の穴を探すもニアピンで発見出来ず時間切れ
ヘロヘロだったので画像も無し(^ ^;
(コレは後日の宿題になった)


最後のシメは






クリックすると元のサイズで表示します
翌日から点検でしばらくお休みの『ななつ星』
最後に鉄を持ってくるのはお約束?(笑)


以上、宗像調査部長さま、帝王さまお疲れでした。
それに帝王さま、年寄2名の対応有難うございました!
投稿者:ちくまえ。

厚東川のコンクリート水路

宇部周辺で撮り鉄ついでに探した面白そうな物件(^ ^)

カテゴリ的にはまだ遺構でもないけど一部はもうすぐ
役目を終えるらしいので記録してみた。








クリックすると元のサイズで表示します
スタートは厚東川ダム それと水力発電所







クリックすると元のサイズで表示します
水路はココで発電用水車を回し終えたダム水を工業用水として
利用するために造られたらしい(厚東川1期導水路)

では下って....








クリックすると元のサイズで表示します
発電所からスグのところに新しいポンプ場が有る(画像奥側がダム)
その近くに...(スクーターのところから左側方向)









クリックすると元のサイズで表示します
変なのが有るけどコレは古い水位計らしい(機能してるか不明)
その後ろにデッカイ導水管








クリックすると元のサイズで表示します
導水管はこの付近でモジャの中を突き進みほどなく
地中に入るので見えなくなる。
(地中水路は地理院地図で確認出来ます)


次に現れるのが









クリックすると元のサイズで表示します
国道2号線沿いに有る有名な『厚東川水路橋』
画像奥方向が厚東駅








クリックすると元のサイズで表示します
この水路橋、山側から流れて来て道路手前で一旦地中深くに潜り
国道と鉄道をくぐって水路橋右支柱内で湧き出す逆サイフォン形式
なので水の流れはこの方向から見ると右から左です。






クリックすると元のサイズで表示します
対岸からも見える場所が有るらしいけど梅雨だし雨天後で
ダートがぬかるんでいるためパス。

ちなみにこの水路橋は老朽化のため現在新たに水路を作る計画だとか
その後取壊すか産業遺産として遺すか今後の展開が気になるところです。






更にその近くにも導水管が地表に出てるところが有るらしいけど
モジャ突の必要性とヘビが嫌なので諦める。



さて導水路は地中を進んで温見の集落へ..


この付近では山沿いを進んでるので谷部分では



クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に地表へ出てきてる所が有る

この少し先には







クリックすると元のサイズで表示します
こんな立派なアーチ
元々は最初コレを見つけて調べる気になった(笑)







クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ココから下流はまた地中を進んで宇部の工業地帯へ行ってるらしい。

付近は系統は違うけど宇部興産関連のポンプ場もあって古い時代からの
水利権や治水関連事業を調べると炭鉱も絡んでてなかなか面白そう。


それにセメント日本一な地域だけによーく探すと...



クリックすると元のサイズで表示します
こんな素敵な物件も見つかったりする(^ ^)
用水路にこんな気合いが入った装飾は他では見れんかも


以上クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますを撮りながら収穫した物件でした。




投稿者:ちくまえ。
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ