あれなん

アレは?ココはたしか.. 

 

カレンダー

2012
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の投稿画像

最近の投稿画像
天道工業団地にポツ…

最近の投稿画像
あさかぜ

最近の投稿画像
EF66 33 運用離脱…

最近の投稿画像
ハイプリ装着(空波…

最近の投稿画像
空波弐号納車

過去ログ

過去帳

      準 備 中

投稿の訂正情報や、連絡・  その他はこちら

昔からの掲示板はこちら

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

嗚呼、入水隧..いや洞窟?

クリックすると元のサイズで表示します
JR後藤寺線 入水トンネル飯塚側坑口の上に(丸囲の位置に)







クリックすると元のサイズで表示します
こんな洞窟みたいなのが有る(画像は昨年秋)

ココの常連さんたちの間でも正体を見たいということで
何回か突撃計画したけど天候等の問題で保留になっていた。


そうこうしているうちに季節は春!
モジャ全盛にならんうちに見らんといかんばい!ってことで








クリックすると元のサイズで表示します
あっぱれさま、宗像調査部長さま、そんで私の3名で
強風が吹荒れ小雨降るなか強行!!(止めると思ったのに(^ ^; )



モジャ突のプロ、調査部長さまを先頭に鉄塔保安用山道を進むと..








クリックすると元のサイズで表示します
早速難関登場
先日の豪雪での倒木と思われますが...強行突破じゃ!







クリックすると元のサイズで表示します
目標の確認
雨で暗いけど何とか行けそう


途中後藤寺線のスグ横を通りますがそこからは





クリックすると元のサイズで表示します
入水トンネルです







クリックすると元のサイズで表示します
飯塚側はココから、田川側はセメント工場敷地内を
通らないと見れないトンネル


さぁ、ココから本格的な傾斜が始まり..

カメラを構えるのも困難な角度で






クリックすると元のサイズで表示します
30°はあろうかと言うほどの斜面!
しかも下は滑りやすい泥道なので両側の笹を掴んでおかないと
滑落してしまう(滝汗)


そんでココ数十年は伸ばした事無いくらいにアキレス腱を
酷使し、上りでズッコケる事2回(笑)

二人の姿が見えなくなったので..




クリックすると元のサイズで表示します
勝手に休憩中、丁度列車が来た


さぁ、穴を探さんと!




クリックすると元のサイズで表示します
探索中の調査部長さま
どこかにあっぱれさまも埋もれているハズ(^ ^;
(笹が背丈以上有るので何処に居るやら..)

これから数分間は二人の姿が見えないけどそこらへんから
『ズサー!』とか転がるサウンドが聞こえるので
かなりコケてると思われる(^ ^;






クリックすると元のサイズで表示します
おっ!発見した模様、楽なアプローチを探す
石灰の山なのでデコボコだし突然崖になっとるから
慌てると危険がいっぱいなん


そんで





クリックすると元のサイズで表示します
到着!!
調査部長さま視察中
ご案内はあっぱれさま(^ ^)




丁度下から電話が有り


クリックすると元のサイズで表示します
おっちー師匠とCAPが応援に来てくれた
(異様な3名を笑いに来たとも言う)
きっと下からの画もそのうちに公開されることでしょう
そして





クリックすると元のサイズで表示します
コレがその洞窟...ってか







クリックすると元のサイズで表示します
ただの穴やし(^ ^;
それに何かの巣っぽい
あまり覗くとヤバイのが出て来るんやね??

3名で大笑いして






クリックすると元のサイズで表示します
ココからの景色を堪能後下山しました
晴れてればもっと素敵だったでしょうなぁ

もちろん下山時も3回ほどコケてズボンは泥だらけだし
コケる時に支えるため色んな所に力が入って体はボロボロ(爆)


調査の簡易速報会は






クリックすると元のサイズで表示します
名誉美人駅長様がやってるお好み焼き屋で行いましたが..
結局下から見た感じとはえらい違うただの穴だったというオチでした。
CAP家の王子さま・王女さまもご参加頂き有難うございました(笑)

じゃ、入水隧道って存在したのか??

謎は残ったままですな


参加の皆様お疲れさまでしたm(_"_)m
投稿者:ちくまえ。

三菱鉱業 鯰田新五坑 積出線橋梁..かも

綱分栄町交差点付近、最近投稿した遺構を含めてこの周辺は
立入禁止看板からも判る通り現在の土地所有者は三菱マテリアル。
ってことは当時三菱鉱業の何かがあったであろうと予想は付くけど
投稿した一帯を除いてほとんど遺構は残っていない。
なので他に何か残って無いか池の方まで目を向けてみた



クリックすると元のサイズで表示します
この右側のモジャ一帯にはかつて三菱 鯰田新五坑の
鉱業所があったらしい(昭和32年地質図より)


用水路沿いのあぜ道を突当たりまで行くと






クリックすると元のサイズで表示します
手すり?何かに似てるよーな....









クリックすると元のサイズで表示します
橋梁は木??
両側だけかもしれんけど...(モジャでよく判らん)










クリックすると元のサイズで表示します
この角度から撮ると廃線の橋に見えんですか??








クリックすると元のサイズで表示します
橋の下側
イマイチ暗いから判りにくいけど木の梁みたいなのが見える
下に潜らんと判らんなぁ(長靴じゃないし)








クリックすると元のサイズで表示します
謎のレール
水没するからでしょう、かなり腐食が進んどります








クリックすると元のサイズで表示します

しかしなんでこんなところにレールが並んどるのか??
(この高さ分陥没した??)


この橋、先入観が有るにせよ鉄道の橋に見えてしまう


しかも







クリックすると元のサイズで表示します
鴨生の鯰田五坑からの積出線であった現道路に向かうこの築堤みたいな土手!



で、





クリックすると元のサイズで表示します
調べたら昭和32年地質図には鴨生の五坑からの積出線に合流する
新五坑から出た線路が載っとります♪(矢印の線路ね)






クリックすると元のサイズで表示します
1963年頃の航空画像(画像は国土交通省より)
地質図との比較用、実際の地形はこんなだった


まぁこの橋は後に架け替えられたのかもしれませんが、元々は積出の
用途で架かってたのは確かみたいだし、築堤っぽいのも納得ですな。
こうやって資料と現場が一致して辻褄が合うと嬉しいもんです(^ ^)

選炭は合理化で鯰田駅横の施設で行っていたでしょうから
ココからは原炭を出してたのかも。





クリックすると元のサイズで表示します
向こうの遺構群が残る一帯も野焼きでもしてくれたら








クリックすると元のサイズで表示します
位置関係とか各遺構の姿が判って嬉しいんやけどねぇ




場所は以下

車は無理ですばい
投稿者:ちくまえ。
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ