あれなん

アレは?ココはたしか.. 

 

カレンダー

2010
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近の投稿画像

最近の投稿画像
天道工業団地にポツ…

最近の投稿画像
あさかぜ

最近の投稿画像
EF66 33 運用離脱…

最近の投稿画像
ハイプリ装着(空波…

最近の投稿画像
空波弐号納車

過去ログ

過去帳

      準 備 中

投稿の訂正情報や、連絡・  その他はこちら

昔からの掲示板はこちら

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

くいもの(杭物) U

前回の続き


臼井−大隈−嘉穂信号場まで

まだまだ寒い2月、でもあぜ道には




クリックすると元のサイズで表示します
確実に春が来てますな
早く遺構を探さんとまたモジャの季節です


さて続きは道の駅うすい付近から




クリックすると元のサイズで表示します
画像で場所はだいたい判るでしょう
ココにもポツンと一本生き残り有り




クリックすると元のサイズで表示します
農作業では邪魔っぽいのに何故に抜かれないのか?





クリックすると元のサイズで表示します
塗料も少し残ってるし『エ』もしっかり判る状態
さて、何時まで生き残るやら...


この後道の駅うすい付近からトロトロ走って大隈駅周辺まで探すも見つけられず。

更にR211交差点を越えてちょっと進むと..






クリックすると元のサイズで表示します
民家敷地との境界付近に発見(信号場方向見て左路肩)
という事は立ってる場所が線路かな




クリックすると元のサイズで表示します
この杭も塗料が残り『エ』も判る状態
コイツはずっと残りそうです


ちょい先には



クリックすると元のサイズで表示します
木製なので何の杭かは不明、塗料だけ残る状態だけど多分コレも
鉄道関連と思いたい。





クリックすると元のサイズで表示します
大隈駅方向の風景
こんな感じで生えとります



ココから信号場までは特に発見出来ず、ってか道路化工事で絶滅してるでしょう。


続きが有るとすれば日吉〜上山田ですが..無いかも(^ ^;
投稿者:ちくまえ。

炭鉱の風呂場(古河大峰炭鉱)


炭鉱にはそこで働く従業員さん(坑夫さんとか)やその家族
のために共同の浴場があった。
炭鉱終焉の時期には炭住も変り各戸にお風呂があったらしいですが、
それでも共同の浴場は無くなる事は無く閉山までやってたみたいです。

古河鉱業大峰炭鉱、ココも当然共同浴場がありました。
大きな鉱業所だったので浴場も数箇所有り、その1つが
今もほぼ完全な形で残ってます。
(以前の島廻関連投稿でも登場してる建屋です)




廃線になった第一大任駅(貨物駅)への支線沿いの道を駅跡敷地から
更に島廻地区方向へ登ると左側に..




クリックすると元のサイズで表示します
こんな屋根した家屋がある。





クリックすると元のサイズで表示します
行き過ぎて振り向くと判りやすいかも



この屋根の形でピンと来たら貴方はそーとーなマニアです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
これは麻生吉隈炭鉱の元共同浴場だった現在はスーパーASO、
屋根の上が同じですな
きっと湯気の換気のためにこんな造りになってるんでしょう。


近づいてみると...



投稿者:ちくまえ。
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ