あれなん

アレは?ココはたしか.. 

 

カレンダー

2009
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の投稿画像

最近の投稿画像
天道工業団地にポツ…

最近の投稿画像
あさかぜ

最近の投稿画像
EF66 33 運用離脱…

最近の投稿画像
ハイプリ装着(空波…

最近の投稿画像
空波弐号納車

過去ログ

過去帳

      準 備 中

投稿の訂正情報や、連絡・  その他はこちら

昔からの掲示板はこちら

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

平成筑豊鉄道 中泉駅

廃線ではありませんが...

昨日放送の『テツタビ』を見逃した悔しさで?平筑の駅を投稿(T T)







かつてはこの駅の支線で藤棚炭鉱(日焼駅・藤棚駅などの貨物駅)方向や
大城駅(貨物駅)方向に線路が延びていたらしい。
*大城駅はどこだか判りませんが、頴田の勢田地区の大城??



画像は中泉駅から200mくらい藤棚駅方向にある踏切から藤棚駅方向






同じようなアングルで昔の風景
藤棚駅(貨物駅)へ分かれて行く線路は現在農道&生活道路になってます。
*昔は人が乗り降りする藤棚駅はありませんでした、出来たのは平筑になってから


駅構内



田川方向





今では投稿画像のように寂れたホームですが、複線だし駅の規模が大きいところが
昔の繁栄を物語ってます。
当時はこの線路を石炭満載の長蛇の貨車を引いたSLが頑張っていたんでしょう。






1963年の航空画像から(画像は国土交通省国土地理院より)
中泉駅から弧を描いて伸びる支線がわかる



現在では線路は道路化してますが、ラインそのものは同じなので判りやすい


ちなみに支線だった大城駅(貨物駅)ですが最初に書いたように
何処だかさっぱり...
仮に頴田の勢田地区大城だとすれば、明治鉱業明治炭坑の積出駅ですな。
古い航空画像から支線をたどると明治坑第三坑から先の支線らしいラインが
途中山になっていて途切れてます。
詳しい知識が無いのでわかりませんが、仮に正解なら山はトンネルで
クリアしていたのか??
もしトンネルがあるなら探してみたいですねぇ

投稿者:ちくまえ。

泉水炭坑跡

鞍手地区シリーズが続きます

鞍手町新延付近泉水地区にあった炭坑

古くは炭坑王の伊藤伝右衛門氏の会社大正鉱業が採炭していたが
昭和初期には売却、閉山時期はわからんです。






1961年頃の鉱業所付近(黄色丸)
(画像は国土地理院より)


この跡地に泉水炭坑の坑口が残っているというので行ってみた。
場所はこの辺





県道から泉水地区方向へ曲がり、ちょっと走ると泉水地区の
住宅地が現れる
谷間の狭い地域にあった炭坑なので元炭住の規模も細長いですな


場所を聞くためその辺にいるおばあちゃんをつかまえて聞くと
『そこ曲がった川たい、坑口は水が出よるけんな』という事で
あっけなく到着






コレが坑口の川?? 溝でしょ(^ ^;






とりあえず下に下りて接近、確かに穴から水が出よります







なるほど、確かに煉瓦が見えます。
坑内水の特徴である鉄分を多量に含んだ湧水で藻も真っ赤だし







中は見えん、プレートでも判れば...
これじゃ本卸坑口か連卸坑口どっちか判らん
ただ、アーチ状になっているのは確かだし、横の団地のおばちゃんに
聞いても『ソレたい』って言うので間違いないでしょう。
*プレートは外されていて資料館にあります






水路も鉄分の沈殿で真っ赤ですな、たまに鉱害対策の調査が
来てるらしい(byおばちゃん談)

坑口が残っているのは嬉しいものですが、塞がないとこのように
変な水が滾々と湧き出るのも考えものです。
稲築の山野炭坑坑内水は処理して放流しているらしいし...
閉山後も何かとカネがかかるのはやっかいです。


さて、斜坑があったという事は巻揚機もあったハズなので付近を
探すも既に宅地化していて何も残ってない。
ウロウロして農作業のおばちゃんに何か残ってないか聞くと
昔は残っていたが今はもう無いというお言葉でした(T T)
それでも地区一帯はボタの石垣やボタ山があるので元炭坑というのが
判ります。






坑口から少し上った場所から
小さく見えるガードレールが坑口付近溝にかかる橋


ボタ山にも上ってみた






ボタ山からの泉水地区
鉄筋の綺麗な住宅が並ぶ谷間の静かで小さな集落



と言うわけでちょっと当時のイメージが湧かない小さな跡地でした。

あと...
三人から言われましたが、イノシシに注意!!らしい(^ ^;


◆3月10日追加分◆
坑口のプレートは資料館にあるという事なので、行って来ました




漢字は右から、英字は左から...ややこしい(^ ^;
プレートの上には坑口の投稿画像白黒版があります

資料館は無料、インターホンで『見たい!』って言うと
照明の電源を入れてくれます。
当日は貸切状態でしたが、薄暗い坑道を模した展示場を一人で
見ていると結構不気味です(^ ^;
おまけに誰もいないのに勝手に自動扉が開くし...(ブルブル)
あと三菱 新入炭鉱を知りたい方はお勧めです
投稿者:ちくまえ。
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ