2008/10/28  0:23

週末SWING  出来事

 週末からずっとグレーな空でしたが, 昨日はいい天気だった。午前中は12月のプークのチラシを作って、午後は今度世界一周楽団が参加するYANOO RECORDSのオムニバスCDの音源を確認しに矢野忠宅へ。目まぐるしい週末から昨日までずっとバタバタしていたが、青い空の下ポカポカ陽気の高円寺を歩いていたらとても元気になりました。週末の出来事が一気に蘇ってきた。楽しかったなー。

 金曜日。阿佐ヶ谷JAZZストリート。

 朝から雨でどうなることかと思ったが、夕方には雨があがり、阿佐ヶ谷の街もJAZZ一色になった。去年もだったが、JAZZストリートの時に阿佐ヶ谷に来るとほんと阿佐ヶ谷が好きになる。住んでみたくなる。隣町なんですがね。とりあえずウキウキするのが好きなんだな、たぶん。
 さて「鈍我楽」でのライブ。僕らのお客さんも結構いたけれど、さすがJAZZストリート。飛び込みがすごかった。ジャズを聴きたいお客さんが街中を歩き回っていて、音に吸い寄せられるようにお店に入ってくる。びっくり。
 クリックすると元のサイズで表示します
左からJORDAN(トランペット)、いおり(トロンボーン)、魚くん、サーヤ(ベース)のメンバーで2ステージ。ありがとう。いいライブになりました。

 カウリスマキも最高のスイングで盛り上げてくれました。やっぱスイングは踊れなきゃ意味がないんだと思った。心も体も。まだ若いのにたいした5人組です。もっともっと一緒にやりたい。帰りに寄った沖縄居酒屋になぜか妹とその家族が来ていた。なんだ、いるんならライブ来いよ!と思ったがまた楽しく飲みました。甥っ子と姪っ子がかわいい。

 土曜日。高円寺フェスティバル。

 クリックすると元のサイズで表示します

 前の晩は遅かったけど、早めに起きてまた阿佐ヶ谷へ自転車を飛ばした。なぜって、JAZZストリートの2日目には先々週一緒だったHIBI★CHAZZ−Kが噴水前で演奏していたからです。またまたいい演奏が聴けました。建築現場スタイルの衣装でJAZZを演奏するのですが、このステージにピッタリでした。踊れたよーサンキュー。

 阿佐ヶ谷を足早に去って今度は練馬へ。同期のパントマイムの公演の手伝いで受付と入場整理。「いらっしゃいませ」と七変化。もちろん公演も観たんですが、それがまたすごかった。同期の高桑三枝の作品が本当に面白くなっていてびっくりした。山田とうしさんも素晴らしかった。マイムはいいなと思いました。

 公演が終わってすぐに高円寺へ逆戻り、自転車がキーキー言っていた。さあこの日のメインイベント、高円寺フェスティバル。世界一周楽団と小心ズのライブです。ムーンストンプに着くと小心ズがすでにメイク完了で待っていた。なんでも家からメイクして来たらしい。凄まじい芸人魂。見習います。
 クリックすると元のサイズで表示します
写真・小心ズのブログより

 自分も世界一周楽団もお客さんも小心ズもみんなが楽しめる夜でした。盛り上がったー。小心ズがまた好きになりました。幸せな気分になれました。

 小心ズ、ヤノミ(青)とクロナツ(赤)の世界はまさにメイドの学芸会。寸劇と歌と踊りのオンパレード。1910年代にアメリカで、顔を黒く塗った白人が歌や踊りや寸劇で演じていたエンターテイメントのミンストレル・ショーは、もしかしたら小心ズのようだったのかもしれないと思った。もちろん小心ズには当時のミンストレルショーのような人種差別的な風刺はないです。でも白塗りのメイドが全然メイドの仕事をしないで、自由に踊り、歌い、暴れまわる様子はまさにコメディーだし、大衆のエンターテイメントなのだと思いました。世界をまたにかける小心ズをずっと応援したいと思います。そういえば、飲んでる席で来年一緒にニューオリンズに行く話がでました。実現したら素晴らしい。夢がまたかなう。

 世界一周楽団もがんばりました。いつか世界一周するのです。しばらくは都内(高円寺あたり)でがんばりますので皆様、よろしくお願いします。りゅうへい、まゆこお疲れ様。何回乾杯しただろう。ビールがおいしかったなー。


 日曜日は静岡へ。結婚式の余興のお仕事でした。ケンゴさんとノブコさんには初めてお会いしましたがいい結婚式でした。お幸せに。アニキプロジェクトもお疲れさまでした。静岡が以外と近いことが判明。新幹線だと1時間ぐらいで着いてしまうんですね。アニキ「だから俺は東京に住まないんだ」の言葉になっとく。


 月曜日は世界一周楽団のレコーディング。ストンプストンプのクリスマスバージョンを1曲とりました。アコースティックスイングのオムニバスCDのためです。Yanoo Recordsから12月に発売となります。お楽しみに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さあまたがんばりまーす



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ