ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/10/19

津軽線の車窓と三厩駅  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

今別の手前。海はもうすぐ。

クリックすると元のサイズで表示します

「まもなく終点三厩駅に到着します」のアナウンスが流れる頃の車窓。ひとしきり雨が降った後です。


三厩は静かな駅でした。

クリックすると元のサイズで表示します

「やっと、来たよ」

時刻表をたどって、まだ見ぬ三厩駅に憧れていた中学生の私に語りかけたい。やっときみの夢をかなえたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

外ヶ浜町営バスに乗って、これから龍飛崎へ行きます。駅備え付けのスタンプは、しっかりていねいに押しました。


後日、三厩駅夕暮れ編もアップします。




今回の旅程はこちらにございます。
3

2013/10/18

JR津軽線蟹田駅で乗り換え  旅行

蟹田と聞くと、太宰治の小説津軽に出てくる強烈なキャラ、蟹田のSさんを思い出します。

クリックすると元のサイズで表示します

青森から乗った列車は蟹田止まり、三厩行きの接続待ち23分。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

右下端に「お・も・て・な・し」♪ 
シートの古さから行って、あのプレゼンテーションより前からここにかかっていたでしょう。流行語を先取りしてましたね!

クリックすると元のサイズで表示します

14:20発三厩行は1両編成。だいたいの座席は一人ずつで埋まっていました。


この日のお昼は、青森の駅ビル1Fこまち屋で買ったおにぎりを列車の中でこっそりもぐもぐ。梅干し・ホタテ貝焼き味噌・半熟煮玉子の3種類。どれもおいしかったな〜。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は煮玉子おにぎり。半熟具合がちょうど好みです。

今回の旅程はこちらにございます。
2

2013/10/17

まちなかレンタサイクル 青森市内は5キロぐらいらっくらく♪  旅行

青森市しんまち商店街のホームページで発見した、まちなかレンタサイクル。

クリックすると元のサイズで表示します

青森駅に向かって右端にある市営自転車等駐車場で手続きをしました。初めて利用するときは身分証明書が必要です。

クリックすると元のサイズで表示します

青森は車社会と聞いていたので、自転車は走りにくいかな?と覚悟していましたが、なんもなんも、整備された自転車レーンや自転車通行可の広い歩道で安全に走れます。またとにかく真っ平らな地形のおかげで、5キロの移動が信号待ちを含めても30分弱で出来ました。それだけに自転車の人は多かったです。

旅行前に地図を見ていて、どう通れば良いのかさっぱりわからず、ボトルネックと認識していた国道103号の八甲田大橋(青い森鉄道を跨ぐ)は、

クリックすると元のサイズで表示します

自転車は橋の下を通るよう看板がありました。踏切周辺は自転車が利用しやすいようスロープになっています。現地に行ってみれば、なんとかなるもんだ。

青森自動車道よりちょっと南側の目的地まで、汗ばむことも、道に迷って冷や汗をかくこともなく、到着できました。

自転車の時速8キロくらいが、私にはピッタリです。気になるものがあれば、さっと止まったり、写真を撮ったり。次回は、興味の向くままあちこち寄り道してみたいな。


まちなかレンタサイクル
レンタル料金 1台 1回 300円
実施期間 4月29日〜10月31日(今月いっぱいというところが要注意なのだよ)
http://shinmachi.aomori.jp/category/service/rentacycle/

今回の旅程はこちらにございます。
5

2013/10/16

弘南バス津軽号で青森へ  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

今年8月実施の制度改正で、弘南バスの乗り場も新宿三井ビル北側路上から、新宿高速バスターミナルへ変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

いろんな方面へ行くバスが発車するターミナル、常に発車案内のアナウンスが流れていて騒がしい所です。

クリックすると元のサイズで表示します

津軽号は29人乗りのバスを25人乗りに改装した、3列シート・前後の間隔広々・トイレ付の豪華バスですよ。発売開始日をねらってすぐ予約しました。

クリックすると元のサイズで表示します

各席はカーテンで仕切って半個室風。落ち着きます。佐野SAと紫波SAで下車休憩できますが、行きも帰りも熟睡していて停車していたことを知りませんでした。

以前の高速ツアーバスと違い、定時運行が求められる新高速乗合バス。定刻通りに青森駅に到着しました。弘南バスはいつも1時間前到着だから、と予定を組んでいて、ちょっと忙しくなってしまいました。イカンナ(^ ^;)ゞ


今回の旅程はこちらにございます。
2

2013/8/31

牛たん煮込みカツサンド  旅行

仙台駅新幹線改札を入った中の売店、午後5時頃にはまだ十分な品揃えがありました。

入り口近くにはご当地色豊かな豪華弁当(1,000円〜)がきらびやかに並んでいましたが、それほどお腹すいてないからなー、と壁際の冷蔵ショーケースのほうへ。

牛タンを煮込んで、カツにして、パンにはさんでるの?ま、なんて手の込んだサンドイッチ。これにしよう。

クリックすると元のサイズで表示します

(株)こばやし 牛たん煮込みカツサンド 530円。

クリックすると元のサイズで表示します

ふうん、パンをトーストしてあるんだ〜、それはそれは。


パク。


・・・あら!

これは・・・、あらら。


あの言葉が口をついて出てしまいそうな。あの、ちょっと抵抗のあるアレ。

うぅ、抑えても喉の奥からこみ上げてくるっ!



まいう〜



牛タンをこの厚さで口に入れたことはないですね。煮込みというだけあって、豚のロースカツより柔らかく仕上がっています。カツにからめたソースは甘さ控えめ、ピリリと来る辛子の風味が、大人向けの味わい。タンのうちでも、いい場所を使っているのではないでしょうか。

あっ、ちなみに、私タンは大嫌いでした。焼き肉で食べる人の気がしれないとすら思っていました。そんな私の「まいう〜」です。元々タンが好きな人が、どうお感じになるかは?・・・どうでしょうね?

クリックすると元のサイズで表示します

車窓の景色も味のうち♪ごちそうさま〜。


。*・°*・°*。☆・。*。・°* 。*・°*・°*。☆・。*。・°* 。*・°*


さてこの日の夕飯は、上のカツサンドとビールだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

この日の朝食は、あまり食欲もないしでこんな感じ。昼は昨日アップしたタコライス。他にこの日、口に入れたのはソフトクリームと小さなクッキー2,3個。

一目瞭然、まずい食事です。いいわけがありません。てきめんに便秘になりました。

帰ってきてから寒天と雑穀粉2倍増し摂取。悪くなるのは一瞬の気の緩み、元に戻すのはけっこう努力。あ〜気を付けよう。

0

2013/8/29

1時間の昼休みで仙台漫喫っ♪な気分  旅行

おんなのこ3人で、サンモール一番町方面へ歩きました。おんなのこ

「キャーここおいしそう」でランチは即決。

クリックすると元のサイズで表示します

Kawara CAFE & DINING 仙台店

クリックすると元のサイズで表示します

私はタコライス・味噌汁付(800円)。
お店が瓦という名前だけあって、和定食はお盆ではなく瓦に乗って来ていましたよ。ビックリ!


次も「キャーおいしそう」で、行列最後尾へ。

クリックすると元のサイズで表示します

食べるか食べないか、とか、並ぶか並ばないか、は迷いませんでした。迷ったのは、抹茶かミックスかだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはお茶の井ヶ田・一番町本店。あっ・・・思い出した。ずんだパフェもいいなー、と迷ってました。

ソフトクリームを食べながら道を歩くのなんて、何十年ぶりだろう?おんなのこ楽しー♪ソフトクリームの癒し効果ってすごいもんです。


と、その前にもう一軒寄っていました。藤崎百貨店の少し先に、間口の小さいお店「上海風水館」があります。

「あのね、友達がね、これこれこういうことで悩んでいて、そこの店でパワーストーンを買ったら、ほんの数日後にこれこれこんな変化があって解決しちゃったんだって!!」
「エーッうそー!!行きましょ、行きましょ!」

クリックすると元のサイズで表示します

ここでも即決でブレスレット購入。店入り口の「50%OFF」コーナーで見つけました。これ一つ千円、安いっ!

レジに持っていくと、
「あら?これさっき作って置いたばかりですよ」
「エーッそうなんですか!?」
おまけにサイズもぴったり。ひゃあ〜♪


帰ってから調べました。これらの石は、

アマゾナイト; 精神面を明るく前向きな状態に整える。
アクアオーラ; 自己実現の不全から来るマイナス感情を癒す。
オブシディアンオパール; 明るさと積極性をサポート。

このとき出席していたワークショップの内容と目的が合っていて、出会うべくして出会ったって感じ。しばらくこれ一本で行きます。


今、書いてて気づきました。満喫した!気分は、迷わず直感で行動したときに起こるのですね。この気づきは仙台のおかげ。やっぱり私、東北とは良縁だわ、と思うわけ。うふっ。

1

2013/8/27

仙台市 ラドン温泉天龍閣で朝風呂  旅行

仙台市街地から徒歩圏で立ち寄り湯あります。ラドン温泉 旅館天龍閣

クリックすると元のサイズで表示します

大人530円。朝8時〜夜11時までとなっていますが、電話で問い合わせたところ、9時から10時まで掃除するので8時から入ると一時間だけになります、と言われました。

クリックすると元のサイズで表示します

ええもう一時間で十分です。お風呂に入れるだけで幸せです。

ラドン温泉は一回の入浴は10分にしてください、と浴室内に注意書きがありました。が、お湯が強いの強いくないのの前に、

熱いの!

がんばりましたが10分入っていられませんでした。でもね、朝風呂は熱い湯にサッと入るのがいいんです。おかげで湯あたりもせず、シャキッと目が覚めました。元気元気。

天龍閣さんは、伊達正宗公が祀られる瑞鳳殿のすぐ向かいにあり、

クリックすると元のサイズで表示します

素敵な杉並木の参道を通っていきます。タクシーの中で、どこへ行ってしまうのかと驚いていました。

ラドン温泉、初めて入りましたが、金曜日にできていたやけどが急に小さく平たくなったのは、この温泉のおかげかと思っています。



さて幸せな入浴も済ませ、歩いて市街地へ戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ケヤキは大好き。大木がずらりと並び圧巻です。

街路樹を大きくできるのは、気象条件に恵まれているからですよね。大雪が降らないとか、強い台風が来ないとか。

クリックすると元のサイズで表示します

通りを歩いているだけで森林浴。この気持ちよさは、他にはちょっとないな〜。



実は温泉から戻るとき道を間違え、予定外の青葉通りをずっと歩きました。かなり大回りになりましたが、朝のケヤキ並木はとても気持ち良く、かえって良かったと思いました。

1

2013/8/26

早朝の松島  旅行

いきなりですが昨日は仙台にいました。

早朝からいるのは、いつもの通り夜行バスで行ったからです。仙台到着5時10分ちょっとすぎ。ちなみに新宿発23:30。9時間は眠りたい私は大いに睡眠不足。うー、ねむ。

クリックすると元のサイズで表示します

仙台城(まで徒歩)と松島と、どっち行こうか現地で決めようと2つ計画を立て、当日体に聞いて決まりました。「眠くて歩きたくない」と。じゃ仙石線に乗って、あと40分間うとうとしましょうか。私にやさしい私。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝早いので、とーても静かな松島でした。


再び仙台に戻ったのが7時45分。10時集合のワークショップまで、まだたっぷり時間があります。温泉行こう〜♪

つづく。

1

2013/8/7

2013年7月みちのくひとり旅アーカイブ  旅行

今回の旅行記は、旅程順では以下の通りとなります。

午前5時台の八戸線
ムツミナトで朝食を − 南部せんべいは天ぷらに限る!
鮫駅バス停は駅から離れたところ。おまけに、
八戸市 白浜海岸
お花がいっぱいの種差海岸遊歩道
女心と八戸の空
八戸市 洋望荘で玄米菜食コース
リゾートうみねこの車内で、meet 階上町
たねいちウニまつり2013
天野家の食卓に小久慈焼
喫茶リアスのモデル 久慈市 喫茶モカ
岩手きずな号「乗り場はどこ?」の巻


関連記事

夏ばっぱ愛用の湯呑み − 小久慈焼

クリックすると元のサイズで表示します

八戸で一番好きな場所は種差海岸遊歩道。ということは、海岸線続きで階上町の遊歩道もいい感じかもしれませんね。パンフレットをいただいたのも、何かのご縁。いつか行ってみたいと思います。

0

2013/8/6

岩手きずな号「乗り場はどこ?」の巻  旅行

今年3月に運行を開始した岩手きずな号は、久慈を出発し九戸・二戸・八幡平・厨川・盛岡が乗車場所の、岩手県北部と東京をつなぐ初の路線です。

クリックすると元のサイズで表示します

久慈駅前から乗車で切符を取りましたが、「久慈駅前」というから駅の前なのでしょう、とそこで思考停止してしまい、乗り場を調べもしませんでした。

ところが、小久慈焼さんへ行くときに乗ったタクシーの運転手さんが、私が質問したわけでもないのに、たまたま語ってくれたのよ。

「きずな号はね、駅前から発車じゃないんですよ、乗り場がちょっと離れているんですよ」

エエーッ!

それ聞かなかったら、駅で待っていました。きっと乗りそびれていました!あぶねーっ。

クリックすると元のサイズで表示します

知れば近くなのですが、駅を背に右斜め方向100メートルほど離れた、まちなか水族館(元々沿岸部にあり津波で被災、さかなクンも協力して空き店舗に再オープンした小さな水族館)の前から発車です。JR久慈駅のベンチに座っていたり、待合室の中にいたら、バス停に大型バスが来ていることも見えない位置なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんとバス停もあるので、明るいうちならわかると思うんだけども。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅は、バスの乗り場であわてたことが2度ありました。鮫と久慈。駅前のロータリーに発着場があると、使う方は楽なのですが・・・。


さて乗車は20時5分、まだ眠るには早いから起きていようと思ったけど、窓の外は真っ暗、ヘッドライトに照らされるのは道路と草だけ、延々それだけ。それを見ていたら九戸に着く前に寝ちゃっていたよ。

きずな号は降車場所もユニークで、東京ドームホテル・東京駅八重洲口・六本木ヒルズ・田町駅入口・芝浦車庫と止まっていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

東京駅でほとんどのお客さんが降りました。私は小田急線により近い六本木ヒルズまで行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

六本木ヒルズ森タワーの1Fに車寄せがあって、そこに停車しました。外を通らずに六本木駅を利用できる場所です。

旅行帰りは大きなターミナル駅が苦痛なので、この降車場所はありがたいです。ねぼけ頭でぼーっとしたまま乃木坂駅まで歩きました。


今回の旅程はこちらにございます。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ