ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/6/23

薬師池公園の花菖蒲2013  写真

薬師池公園の花菖蒲が見頃、という情報をツイッターで得てから、だいぶ時間が経ちました。咲いていてくれたのが奇跡のよう、うれしいです。

花は少な目ですが、今日は久しぶりにきれいな青空が出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
弥生鏡

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

深窓佳人

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

長く花が楽しめるのは、花がら摘みをする「花摘み娘」さんたちのおかげです。ありがとうございます。


久しぶりに一眼のカメラを持って出かけ、いろいろな被写体の撮影を楽しみました。
同じ園内の紫陽花編に続く。

0

2013/6/14

ジャンクションの写真を撮るには?  写真

高速道路のジャンクション、頭の上に覆いかぶさるうっとうしい構造物としか思っていなかったものが、夜景の写真集を見て、こんなに魅力的なものだったのか、と考え直しました。

あくまでも見上げる視線にこだわりたいものです。夜景は、見下ろせば何でも必ず美しいでしょ。美しくないと思っていたものが美しく見える、それが写真のおもしろさだもん。

それで今回、かあっこいいなあ!と思ったのが、

クリックすると元のサイズで表示します

ここ、西新宿ジャンクション。(首都高4号線と首都高中央環状線)

去年、夜景の撮影方法も教わったし。ジャンクションの奥には新国立劇場の高層ビルが写り込むはずです。ここはいいよ!

・・・と、私の上の写真を見ただけでは「なにが?」と思う方が圧倒的に多いはず。

コンパクトカメラで撮ってみてわかりました。

ジャンクションを摂るなら、もっと広角なレンズか、魚眼レンズを持ってないとだめだ!



などと、最近レンズを言い訳にして写真への情熱を薄めているかもしれないhitomiでした。

2

2013/4/5

東京駅周辺スナップ・ショット  写真

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この翌日New Openだった kitte。東京初出店というお店もたくさん入っているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

撮影日; 3月20日
0

2013/4/1

スナップ撮影 隅田公園桜まつり  写真

東京メトロ浅草駅4番出口10時集合。隅田川のほとりにある隅田公園へ向かいます。隣りにいた人に
「桜が持ってよかったですね〜」
と話しかけたら、
「え?桜があるんですか?」
と聞き返されました。遠いところからご参加された方だったようです。先生、大人気。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
吾妻橋と水上バス「竜馬」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します (*)
アサヒビールタワー

クリックすると元のサイズで表示します (*)

クリックすると元のサイズで表示します (*)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カメラのファインダーを通して、桜を十分漫喫しました。


(*)印を付けた写真は酒井梨恵先生のご指導です。

ご一緒に歩くことで、知らなかった路地を知ることができるし、先生の切り取り方を真似することで、その発想の一片でも自分の中に入ってくるように思え、楽しい講習でした。


「ここを撮りなさい。露出はこう、WBはこう、露出補正はこう」

と聞いただけでは「?」で、自分で撮ってモニターで見て、初めて「おおっ!」と感動してました。どうなんだ?この鈍さ(笑)。

でも「?」のままやってみるって大事だと思うんですよ。

私は、もうけっこういい年だけれども、「私はこれ、これ以外ナシ」と決めるのは慎重にしていきたいと思っています。それって老いにつながるような気がしてね〜。

そんなわけで、示唆に富んだスナップ講習でした。ありがとうございました。来月の御茶ノ水の回はもう満席だとか。うーん、また参加したいなぁ。




1

2013/3/31

スナップ撮影 東京スカイツリー  写真

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以上の凝ったアングルは、すべて講師の酒井梨恵先生のご指導によるものです。

一枚目のにょきにょき写真は、とうきょうスカイツリー駅のすぐそばにある墨田区立小梅児童遊園で撮った物ですが、一見意味不明のオブジェが先生に見つかるとこうなるんだもの、すごいよね。


私のオリジナル↓

クリックすると元のサイズで表示します

東武スペーシアに紫があるんだ!と興奮した一枚でした。江戸紫ってやつですね。

なんてこどもっぽい。((+_+))


隅田川桜まつり編へつづく


ところで、前回カメラを使ったのが夜の撮影だったので、手振れ補正機能をオフにしたら、この日はそのままになっていました。帰ってから気付いてガビーン。スカイツリーは動かないので、まあ良かったんですが、桜まつり会場では子どもの姿など一瞬のシャッターチャンスなどを追ったため、もうブレまくり (≧ω≦)。

「キタッ!」なんて慌ててはいけないですね。一瞬の表情を捉えるのがうまいポン太さんの撮影を見ていると、ふわーん、ふわーんと力まずに撮っています。見習わなくては。




0

2013/3/29

夜桜を撮ってみました。  写真

クリックすると元のサイズで表示します

懐中電灯で描いたハートマーク。(画像編集で赤を強調しました)


思いつきは一度の失敗から。

桜を懐中電灯で照らしてカメラにピント合わせを依頼し、シャッター半押し。するとカメラが合図をくれる。

「合いましたよ」(赤ポチ点灯)

よし、と下までシャッターを押す(2秒タイマー設定)。なんて作業をやっていたら、左手の懐中電灯を降ろすのを忘れたんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そのままボーッとシャッターが切れるのを見ていたという、どこまで間抜けなワタシ(≧▽≦)。
そこで、そっか、お絵かきできるのか・・・と思いついた次第です。

一枚目の写真のシャッタースピードは3秒。シャッター半押しすると、

「○秒で行きますから」

とカメラが通知してくれるので、そのつもりでくーりくりくーりくりとハートの軌跡を描きます。

ええ、何度も失敗しました。イオス・キッスもけっこうウソつきますんで。この写真だって通知では10秒と言っていたのに、実際は3秒で露光を止めています。

描く線が最後まで行く前にカシャと音を立てて露光が終わり、ランドルト環の絵を何枚も作りましたヨ。

クリックすると元のサイズで表示します ランドルト環

「開いている所を言ってください」「左ななめ上」みたいなのを。


ところでこの場所、よそのお宅の居間の出窓のすぐ外、三脚でカメラ構えて何かしてる、一歩間違えれば不審者ですよ〜。ゆっくり撮りたいのはやまやまでしたが、早々に引き揚げました。

ハートのほかにもかわいい模様を思いつけばよかったナと、ちょっと心残りがあります。その桜の枝の広がり具合に合わせて、いろいろと。懐中電灯アート。ちょっとがんばれば、スマイルマークとかできるかな?

ところで、

クリックすると元のサイズで表示します

これはLEDライトで同じように照らしてみたものですが、イマイチ軌跡がはっきりしませんでした。不思議ですね。白熱球より光の直進性は高いはず、もっとクリアな線が出ると思ったのですが。

こちらはホワイトバランスは蛍光灯、パープルで大人な雰囲気に。


夜景撮影のおもしろさは目に見えない世界を作り出すこと、なんだそう。発想次第で楽しい世界が広がります。

これから桜前線が到達するところにお住まいの皆様、こんなお遊びいかがでしょう?



** 言わずもがなでございますが、他に撮影者がいる場合、被写体をライトで照らすのは相当な顰蹙、迷惑行為ですので、許可を得るとか控えるとか撮影マナーにはご留意なさいませね。**

1

2013/2/7

サザンカをじっと眺めて考える  写真

引き続き昭和記念公園内、サザンカです。民家の生垣や庭木としてよく見る木ですが、広い公園に植わっているサザンカは樹高3メートル以上、のびのびと大木になっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


前から書いていますが、私はサザンカの魅力がイマイチわからず、わからないながらひっかかる花でした。


そうなんです、私はわからないと思うと、即座に「それではいけない、わからなくてはいけない」と反応するタイプなんですね。

それは「無理」であるから「理解」から遠ざかるべき、というのも一理あるのですが、そう言われるとそれもまた納得がいかない。

が、最近わかった。こういう場合、理解しようと努めれば私はいつか理解できるはず、という楽観が心の底にあるんだな、と。

私の本質はいい加減、理解の努力にも飽きると簡単に頭が切り替わるので、「わかんない」と引っかかっているうちは引っかかっていよう、と思った次第です。

で、今回のサザンカも然り。

魅力的な花なら、すぐさまファインダーを覗いて何回もシャッターを切りますが、サザンカはわからないから、肉眼でじぃっと眺めて考える、じぃっと恐い顔で。

何がいいんだ?この花。
どう写せば魅力が出て来るんだ?

そうやって突き放して観察している時間には、好きな花と向かい合ってワクワクしているのとは違う充実感があります。

難しいなあと思う体験は貴重ですよ、とカメラの先生に言われました。難しいことも楽しんでみましょう、飽きるまで。

0

2013/2/5

虚勢に垣間見る健気さ アイスチューリップ  写真

昭和記念公園ふれあい広場、紅葉の頃の混雑がうそのように静かな、冬の一日です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ふれあい広場の一角には、アイスチューリップの花壇ができています。アイスチューリップは冷蔵処理で花を早い時季に咲かせるもの。花期が長いのが特長だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しっかりしたピンクのクリスマスドリーム

クリックすると元のサイズで表示します

赤に黄色のふちどり、キースネリス

この二種類は他の種類に先駆けて開花したがんばり屋さん。冬らしからぬ色の鮮やかさが、目に新鮮に映ります。

クリックすると元のサイズで表示します

花壇の空間をつなげるシロタエギクやフリル咲きのビオラ「ミルフル」も美しいので、じっくり見ましょう。

花は見頃の始め、まだまだこれから楽しめそうです。黄色いチューリップは、葉の間から出ようかどうしようか迷っているような姿でした。もうちょっと待ったほうが、よかったみたいです。


さて、立川がいかに町田より寒いか。

クリックすると元のサイズで表示します

先日アップした忠生公園の蝋梅を撮影した次の日です。咲き方が全然違いますもんね。
北に風をさえぎる山がないから。相当寒いとみました、立川。

花を目当てで行くときはその点を考慮に入れないと。

私は市部で町田より寒いところはないと思っていたんだよ。立川なんてイメージ的に都会だし。


1

2013/2/3

白く可憐な花 セツブンソウ  写真

昭和記念公園こもれびの里近く、松の木の根元にセツブンソウが大事に育てられています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

折からの暖かさにつられ、松葉のおふとんから顔を出し、

クリックすると元のサイズで表示します

松ぼっくりとお友達。

クリックすると元のサイズで表示します

セツブンソウ(節分草)
キンポウゲ科 セツブンソウ属
日本特産の多年草 関東以西の本州に分布


ちなみに、

クリックすると元のサイズで表示します

植栽部分はこんな感じです。低い位置の花を撮るのは、ちょっと大変(^ ^;)。

奥の白いシートに覆われた斜面は、秋にコスモスが植わっていたところ。今はポピーが少し芽を出していて、5月に見頃になるそうです。

0

2013/1/2

さがみ湖イルミオン  写真

あけましておめでとうございます。年初いっぱつめ!昨年ネタ収集記事ですみません。

こちらはさがみ湖リゾートプレジャーフォレスト。さがみ湖イルミオン'12 - '13へ撮影目的で行ってきました。

私は車を運転しますが、好きではないほうです。神奈川県も山梨との県境辺りにあるこの遊園地、周辺は真っっっ暗な山道ハー怖い、自分で運転して行こうなんて夢にも思いません!往復ツアーバス(入場料込)を利用しました。楽でいいです。

最低限キャプションでタターッといきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
光のゲート

クリックすると元のサイズで表示します
流星群の大地

クリックすると元のサイズで表示します
銀河の海

クリックすると元のサイズで表示します
ホワイトトゥインクルガーデンと、奥のピンクは光の花畑

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
光の大聖堂

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
光の並木道

関東最大級と言われるこちらのイルミネーション、後援には相模原商工会議所や、町村合併前の各商工会・観光協会・青年会議所の名前が並んでいます。言うなれば地域おこしイルミなのですね。

東京で見慣れている街のイルミと違って、面積が広く、視界いっぱい光の海。さ〜て、これをどう切り取ろうか、考えているとワクワクしてきます。

ところで、園内は順路があり、1〜10までのイルミネーションを順番に廻れます。が、8〜10はリフトに乗らないと行けないのですね。ツアーバスでの現地滞在時間は2時間程度なのに、リフト乗り場まで来たときには、チケット購入で45分待ちという状態・・・。

うへーい!知っていれば、順路をすっとばしてまずリフトに乗りましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

山の上にある観覧車の周りの8〜10、きれいだったのかなあ?
これから行く皆様はお気を付けください。


さて、各写真にこんぺいとうのような星が写ってたりしますが、これで占いができます。まずは自分の星座マークの星を見つけること、といってもさそり座が全然見つからないよ?

通りすがりのグループが

「結局、おうし座なかったねー」
「ねー」
「あったじゃーん!」

と会話していました。広い園内に12個散らばっているので、結構見つけにくいんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

おお!あった、あった、さそり座。えらく人通りが少ない通路に。ボタンをぱこんと押してみると、赤い色になりました。赤が出ると

「今のあなたはエネルギーで満ち溢れています。好きなことに情熱を注いだり、好きな人に積極的にアタックするとよいでしょう」

なんだそうです。ふむふむと読んでいて、ハッと気づきました。世間の一般常識に。

クリックすると元のサイズで表示します

イルミネーションってカップルで来るべきものなんだね!


さがみ湖イルミオン 公式HPはこちら
http://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ