ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/2/24

海ほたるより  ちょっとお出かけ

十三湖の記事を書いたときに、「東京湾の向こうに津軽半島があったら、今見えてる高さの2倍ある」と書きました。

イメージわかないかたには、すみませんでした。写真を撮ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

東京湾から見た房総半島です。

クリックすると元のサイズで表示します

カメラの向きを少しずらすと、横浜の街の向こうに富士山。

山って写すの難しいですね。房総半島も富士山も、目で見るともっと迫力があったのですが。


クリックすると元のサイズで表示します

洋上のパーキングエリア、海ほたる。正面は千葉・木更津方面で、ここから橋になります。

まず、すごいものを作ったものです。とっくですが。私はやっと行けました。

2

2013/1/20

ふるさと祭りの出しそびれ写真  ちょっとお出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

青森ではありません。14日の東京です。この通路はビル風が吹くんですね。傘が壊れるかと本気で思った(とか言って写真撮ってる)。ほんの数十メートルだけど雪が降れば津軽地吹雪体験だぁ!

前にアップしたふるさと祭り東京のレポートは、かなりのボリュームになったので、泣く泣く割愛した写真がありました。

コメントをくださったいかさば様のお言葉に甘えて、もう少し出させてください。

クリックすると元のサイズで表示します

混雑具合。ホラ、床が見えるでしょう?よっし、目論み通り空いていた!
(クリックで少し拡大します)

クリックすると元のサイズで表示します

八戸三社大祭のミニチュア。記念撮影の人がいない数少ない瞬間を待ちました。ミニチュアといっても大きいですよね。



一方、

クリックすると元のサイズで表示します

東京ブースのすき具合には、さみしいものがあります。この大雪の日だけだったのでしょうか。手前右側に町田市、左側に府中市。うう、地味ですかねえ。独逸屋さんのフランクフルト、おいしいよ。

一番混んでいるのって、やっぱり北海道エリアだったでしょうか。まあ、さすがです。


館内にいると全く外の天気がわからず、美食に舌鼓を打ちふけっていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

雨漏り?雪漏り?これを見てハッと我に返りました。東京ドームの屋根が壊れるとは、外は一体どういうことになっているんだ!

サバ寿司を買って、そそくさと帰路についたというわけです。このときJRの運行はあやしかったので、地下鉄を利用して無事帰りました。


ふるさと祭り東京は本日18時まで。

1

2013/1/15

ふるさと祭り東京2013、久慈まめぶ汁に感激。  ちょっとお出かけ

旅行記は一日お休みして、イベント・レポートです。


昨日の大雪、実は狙っていました。こういう天気なら、ここも比較的空くだろうと!

クリックすると元のサイズで表示します

東京ドームシティで開催中、ふるさと祭り東京2013です。

ワタシ日本大好きだから。こーんなにバラエティ豊かな文化があって知らないものだらけで、外国へ目を向ける余裕をまだ持てないのよ。

クリックすると元のサイズで表示します

写真右下の辺りが入り口。そこから入ってすぐ正面に、青森県のブースが並びます。弘前ねぷた、青森ねぶた、八戸三社大祭のミニチュア(といってもけっこう大きい)人形も飾られていました。

クリックすると元のサイズで表示します

五所川原立佞武多の演舞タイム。ねぶたを押しているのは、一般公募のお客さんたちです。動かすのは、かなり重そうでした。

クリックすると元のサイズで表示します

五所川原のねぶたは囃子がカッコイイ!本物を見に行きたいな〜。



さてメインのお楽しみ、お食事ですが、今回は「名前は知っているけど食べたことのないもの」狙いで行きました。宇都宮餃子(栃木県)とか、

クリックすると元のサイズで表示します

白いかのうる焼き(鳥取県)とか。

どちらもおいしかった!やっぱり、その土地が自慢するのものは、どこの物でも実においしいのです。

中でも特に感動したのは、

クリックすると元のサイズで表示します

久慈のまめぶ汁(岩手県) 拍手〜! 

クリックすると元のサイズで表示します

ひっつみと同じようなモチモチ食感のだんご。真ん中には黒砂糖と刻んだクルミが入っています。ここですよ、
「エ?塩辛い汁の中に、甘い味? ( ̄〜 ̄;)」
と引いていたのは。甘い味付けは苦手なほうなので。

でもこれは、おいしい。甘さがパッと出てスッと消えるからかな?フツーの野菜のおつゆを食べていて、
「あ、おいしいものが口に入った♪」
とうれしくなる感じ。

あまりのおいしさに、お店の人をつかまえて質問しました。
「出汁はなんですか?」
「あ、昆布と煮干し、あと根菜類やきのこから味が出てるね」
なるほど〜。調味料少なめのやさしい味で大地の恵みたっぷり、元気が湧いてきます。
豆腐を三角に切ってる、おもしろ・・・て、そんなことより、この豆腐もおいしい!
全然PRしないけど、これ相当ハイレベルなお豆腐だと思います。これが岩手の普通なんだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

これからふるさと祭りへ行く皆様、久慈のまめぶ汁はオススメです。エリアはA。角にあって目立ちますよ。


というわけで、さんざ浮気してごめんね青森マイラブ。

クリックすると元のサイズで表示します

おみやげには八戸のサバずしを買って帰りました。これもうまかったな〜。実は別の県のサバ寿司も買ったのですが、肉厚感・脂の乗りが全然違うんだもの!ああ、私があなたを好きになったことはやはり間違いないワ青森県。


ふるさと祭り東京2013は今月20日まで。
http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/


5

2012/12/16

渋谷川散策(?)  ちょっとお出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

春の小川は さらさらいくよ

クリックすると元のサイズで表示します

岸のすみれや れんげの花に

クリックすると元のサイズで表示します

姿やさしく 色うつくしく

クリックすると元のサイズで表示します

咲けよ咲けよささやきながら

クリックすると元のサイズで表示します



0

2012/12/5

都営大江戸線の飯田橋駅  ちょっとお出かけ

この駅は、改札階からホーム階まで降りる階段の照明がおもしろいんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

色が色ならスパイダーマン風?

ランプは普通の蛍光管FLR40w(エスカレーター上から目を凝らして読み取った!)なんですけどね。


飯田橋なんて地味な駅を、なんでこんなに派手派手にしているのか?
後楽園ゆうえんち、いやいや、東京ドームシティが近いからワクワク感を盛り上げるため?と思ったけど、地図を見ると最寄駅は次の春日ですね。

わからないけど、おもしろいです。


0

2012/11/28

小石川後楽園のもみじ  ちょっとお出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

小石川後楽園は水戸徳川家の中屋敷(のちに上屋敷)であった庭園です。後楽の名前は
「天下の憂いに先だって憂い、天下(民衆)の楽しみにれてしむ」
から付けられ、光圀の政治信条を表すものだそうです。

さて、前回までをおさらいしますと、
「江戸では赤は差し色だ、視界のすべてがモミジという見せ方はしない、どうやら上方はそうするようだね。あれっ小石川後楽園ってモミジすごくなかったっけ?サーッ(←血の気の引く音)私はデタラメを言ったか!?」
・・・というところまででした。

で、確認のために足を運んだわけです。

えーとですね、園内は美景の名所を模して造られていまして、モミジがたっぷり植えられた部分は、京都の大堰川・渡月橋、はたまた龍田川の名を付けた部分でした。

どうやらデタラメでもなかった、ということで、よろしいでしょうか。相当ホッとしております!

クリックすると元のサイズで表示します

↑人々が渡っているのが「渡月橋」、その下の水が「大堰川」なんですって。写真が小さくてわかりづらいですが、皆さん笑顔でカメラを掲げているのは、この橋からの景色が見事だからです。

これです↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ツワブキ花盛り。


京都ゾーンを離れ、一番大きな池の「大泉水」へ、中央の蓬莱島には一際鮮やかなモミジが目立っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


一周回って入り口近くへ戻ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、笹で覆われた築山が中国の廬山に似ていることから、小蘆山と名付けられています。いつもさっぱりと刈り込んで美しい小山です(たまたま?)。


今回は春に見ごろになるゾーンには行かず、小回りにしましたが、写真を撮りながら歩いたので2時間かかりました。園内はくまなく歩いても、所要時間は1時間程度だそうです。


人が大勢いますが、一眼を持っていると「シャッター押してください」はよく言われます。どうぞどうぞ使ってください。撮影し、カメラを返しながら「確認してください」とその場で見てもらって、「うわーっきれーい!」と言ってもらえると単純に喜んでいます。



小石川後楽園
東京都文京区後楽1-6-6
入園料 大人300円 65歳以上150円 小学生・都内在住在学の中学生は無料



大堰川も龍田川も廬山も、写真はないけど寝覚ノ床(長野県)も、あちこち実物を見られる現代人には、苦しいものがあるというのは言いっこなしよ。

1

2012/11/26

東京ミッドタウンのイルミネーション  ちょっとお出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

東京ミッドタウン、外苑東通りから見て大きな建物の奥にある芝生広場で、スターライトガーデン2012が開催されています。

スターライトガーデンは、日本初のモーション・イルミネーション。音楽に合わせて光がどんどん変化していきます。きれいだよ〜(*´∀`*)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

開始は5時から、早い時間ならそう混んでもない?と読んだのですが、見事にはずれ。逆に5時半頃になると、最初から見ていた人が離れて、いいアングルを求めて歩き回れるぐらいになりました。その時間が穴場かも。

クリックすると元のサイズで表示します

特に感動的だったのは↓

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機のエンジン音とともに、大きな影が流れていく演出。自分の頭上をジェット機が飛んで行ったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

協賛;エミレーツ航空。真っ青から一転赤い色が出てきて、ハッと印象的でした。

期間は12月25日までの毎日17:00〜23:00。皆様もぜひ、ぜひ!

詳しくはこちらをどうぞ
http://www.tokyo-midtown.com/jp/xmas/2012/illumination/stlgarden.html


ミッドタウン内は、オーソドックスなツリーイルミネーションもやってます。

クリックすると元のサイズで表示します ワイングラス

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


私の動きとしては、ミッドタウンの建物の正面から入って芝生広場へ行き、そこから左方向(乃木坂方面)へ歩きました。建物の右方向へ行っても、別なイルミネーションがあったようです。そっちでは、うまいことすれば東京タワーとのコラボの写真も撮れるのかもしれない。

と、思いつつ、もう寒くて寒くて。一時間足らずでギブアップでした。近場だと根性が出てこないものです。

0

2012/11/22

昭和記念公園 移動は貸自転車で  ちょっとお出かけ

話題は昭和記念公園に戻ります。昨日は変な記事を書き、フェイスブックにはさらに輪をかけてバカなことを書きましたが、元(?)に戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は自転車を借りました。21-067号、3時間のお付き合いだったけど途中から愛着がわいてきました。というのも、園内の見どころごとに駐輪場があり、そこには止めきれないほど自転車が並んでいますが、辛うじて隙間に入れて離れ、しばらくして戻ると遠目でもわかるんですよね、
「あ、キミだね」
と。全部同じデザインの自転車なんですが、なぜか。心が通じたみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

園内は左側通行の二車線で、交差部分はサークル。逆方向へ行く自転車とすれ違うこともなく、快適です。歩行者とは完全に分離されていて、ときどき自転車道に入ってくる人にはパトロールの係員が注意をしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ナンキンハゼは逆光が美しい葉っぱ。

クリックすると元のサイズで表示します

順光で見るやさしいぶどう色とは、ガラリと印象が変わります。ナンキンハゼを見かけたら、ぜひ日の光を透かして見てください!

クリックすると元のサイズで表示します

この白い遊具はトランポリンのようになっています。いいなー、私も小さい子どもが一緒なら乗ってみたかった。

次のチャンスは孫か?

0

2012/11/20

昭和記念公園 真っ赤なカエデ  ちょっとお出かけ

赤い色付きには個体差があるもので、この木は一際鮮やかな美人さん。樹皮は白いしなめらかだし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

イチョウに比べると、カエデの植え方はぽつぽつと。「赤は差し色」という江戸の美意識でしょうか。

京都のほうでお寺の参道がカエデ並木というところがあったと思いますが、こっちではそういう見せ方はしないですね(*)。視界のすべてが真っ赤というのも、素敵ですけど。

クリックすると元のサイズで表示します

ところどころ、赤をピリリと効かせていた公園内の日本庭園です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日本庭園ではあまりの人の多さ(と狭さ)で写真が撮りづらく、すぐに出てきてしまいました。門の前には小さなお店が出ていて、陶器に弱いワタクシはちょっとだけ無駄遣いしました。その件はまた後日。


(*)
と、書きつつ、そうだっけ?と記憶を探ってみると、小石川後楽園はけっこうボリュームのある植え方をしてましたっけ・・・?しょうがないなー、見に行ってみるかー。

0

2012/11/7

昭和記念公園 雑木林の丘  ちょっとお出かけ

昭和記念公園は元陸軍の立川飛行場、戦後米軍に接収されて昭和54年に全面返還、公園として整備されたものです。元飛行場だから、とにかく平ら!

ですが、今は標高30mの雑木林の丘ができています。

米軍が使用していた当時の、滑走路や建物のコンクリート瓦礫を集めて作った丘だそうです。ここが立川市で一番標高の高い所だということにも、びっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

標高30mというと、たいしたことなく思えますが、広さがすごい。見渡しても、自然の山の雑木林と全く遜色ありませんよ。30年以上に渡る関係各位の管理の賜物ですね。


雑木林の丘を越えると、子ども向けの遊具広場。その一角にある建物に、年代を感じさせるかわいい流しが。

クリックすると元のサイズで表示します

この建物は倉庫として使われているそうです。

高さは2階建て位ありながら1階と屋根裏(?)のような造りは、この辺ではあまり見慣れないものです。板壁というのもめずらしいし、タイルの色使いが変わってます。これも米軍時代の名残りでしょうか。


ご存じのかたがいらしたら、教えてくださるとうれしいです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ