ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2014/3/18

無機質な街・汐留  ちょっとお出かけ

こんにちは、一夜一夜にお散歩フォトのお時間です。

さて皆さんは、東京と聞いたとき真っ先にイメージするのは都内のどの街でしょうか。

丸の内?西新宿?渋谷?原宿竹下通り?

汐留の名が出てくることはまずないと思うのですが、私はここがいわゆる「東京」イメージに、東京の中で一番ピッタリ来る!と思っています。先進的で無機質で冷たくて取りつくしまのない印象。ロサンジェルスのダウンタウンにもちょっと似てる。

クリックすると元のサイズで表示します

非日常空間です。あちこち珍しくてシャッターぱしゃぱしゃです。珍しいと思わないと寂しくなりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

↑テーマは「都会の孤独」


クリックすると元のサイズで表示します

新橋駅から浜離宮に行くのに、もう少し歩きやすく大回りしないでも行けるようになるといいんですけど!

1

2014/3/17

浜離宮恩賜庭園の菜の花畑  写真

浜離宮は、徳川家の鷹狩場であった場所を歴代将軍により改修工事を重ね、十一代家斉の時代にはほぼ現在の姿となっていたそうです。その後の関東大震災や戦災で建物や樹木は消えてしまいましたが、昭和20年に東京都に移管され、翌年恩賜庭園として公開されたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

園内はとても広いのですが、今回は見頃となっていた菜の花畑だけ見てきました。他の用のついでだったとはいえ、もったいないお出かけだったと今園内マップを見ていて思います。

クリックすると元のサイズで表示します

菜の花畑は大手門(銀座側の入り口)からすぐ。

クリックすると元のサイズで表示します

ブライダル・フォトの前撮り中。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

花を撮るときは、他のどこでもないその場であることを花と共に写し込もうと意識しますが、ここは菜の花と汐留地区の高層ビルとの組み合わせですね。都内はわりと容易に叶います(実は青森は難しいんです(^ ^;))。

先週末は、当初の予定では梅の写真をどこかに撮りに行くつもりでした。向島百花園か?湯島天神か?と。でもツイッターの都立庭園 園長の採れたて情報で浜離宮の菜の花のことを知り、急に変更しました。ツイッター、今もなかなか役に立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

浜離宮には梅林もあり、好きな豊後が満開でした。

これからも四季折々で様々な見どころがあるようです。


浜離宮恩賜庭園
東京都中央区浜離宮庭園1-1
開園時間; 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
入園料; 一般個人300円 みどりの日・都民の日は無料開放


公園は平和と豊かさのバロメーターですね。都の公園もあちこち私が若い頃に比べたらだいぶ立派になっていて、久しぶりに行くと驚きます。
1

2014/3/16

昭和な水道橋駅  ちょっとお出かけ

東京ドームの最寄駅、中央・総武線水道橋。その昔、巨人戦があったときは混んだよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに降りて、30年前からの変わらなっぷりに驚きました。後楽園球場はあんなにピッカピカに変わったのにね!

東京にはときどきある。変わらなすぎる場所。見つけるとうれしい。



ところで右奥のポスター、辛フェスと読んで、変わったフェスティバルがあるもんだね〜?と見ていましたが、卒業の卒の間違いでした。でも辛いものフェスティバルってやったら人集めそうだよね〜。世界の、日本の辛い料理、珍しい唐辛子の販売、辛さを和らげるお漬物・お飲物とかサ。

2

2014/3/14

咲き誇るシンビジューム  写真

祖父が生前好んで育てていたので、いつも身近にあった花でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、

クリックすると元のサイズで表示します

状況を説明的に写すと、こんな感じです。バックにいろいろあってアングルも制限されますって (≧ω≦)。欲を言えば、花以外の空間をもっと広く作りたかったのですが、ま、なかなかね〜。


以上の2枚は狙って撮ったもの、撮る前から写真のイメージはできていました。

ところが、場所を変えて北側の窓のほうへ移って撮った一枚は、

クリックすると元のサイズで表示します

再生のモニターを見て、おおっ!とびっくり。まったく予期せぬ効果が現われました。静謐さの中にある躍動感って感じ。

これがあるから、写真はおもしろいです。

1

2014/3/13

奇跡の一本松 絵手ぬぐい  分類なし

陸前高田市にある和雑貨のお店「いわ井」さんオリジナル絵手ぬぐい、奇跡の一本松です。

クリックすると元のサイズで表示します

製作は濱文様。

絵てぬぐいの柄は奇跡の一本松最後の夜明けの姿です。
地元新聞社の記者が切り倒される日の夜明けに撮った写真をもとに、
空を飛ぶカモメ、水面にうつる松の姿、色合いや色数を、
何度も何度も調整して、ようやく寂しいながらも希望を感じる
凛とした夜明けの立ち姿をオリジナルとして製作しました。

(商品に同封された栞より)


今はレプリカが立っている一本松。それは自然の木のように何十年、何百年とは持たないけれど、樹脂が劣化して役目を終えるころ被災地の街に、人々の心に、潤いが戻っていることを願い、それまでの間皆の心に希望の灯が絶やされぬよう、その姿で支えてくれることを祈っています。



奇跡の一本松絵手ぬぐいは、いわ井さんの楽天市場店からも購入できます。
http://www.rakuten.co.jp/iwai/

1

2014/3/11

福島県産の米という呼び名  がんばろう日本!

昨日ボランティアの話題が出たところで、関連の話しです。


去年の東京国体の期間中、選手やボランティアに配られた弁当には福島県産の米が使われていました。町田だけではなく、東京全体で使用していたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

それを一口食べて、おいしさにびっくり!こういった仕出し弁当レベルの味ではない米でした。このおかずのいらない味は、たぶんコシヒカリ。

コシヒカリだとして話しを進めさせていただきますが、

通常コシヒカリだったら、それは大きなセールスポイント、銘柄が明記されます。なのにただの「福島県産の米」とだけ。

そこが、悲しいな・・・と思いながら食べていました。


作るのが難しい高級な銘柄米が、品種を名乗れないことに、

他の米と一緒くたにされて義侠心で買われていることに、

悲しさを覚えます。

2

2014/3/10

着ぐるみボランティア再び。  まちだの話題

3月8日土曜日は、町田市こどもマラソン大会で募集していたボランティアに応募し、参加しました。

クリックすると元のサイズで表示します

集合は7時。朝日差し込む野津田陸上競技場です。パンフレットを見ると私が登録しているボランティア組織まちだサポーターズから47名の参加があったようです。

私が配属されたのは「本部」とあるので、仕事内容は本部席にいて市長や来賓にお茶を出す、とか?などと想像していたら、開始前のミーティングで指示がありました。

「まちサポさんの活動はですね、ゆりーとです」

こう言われても、ゆりーとを介添するの?とまだわかってない私。だって私以外は見るからに60〜70代の人たちなんだもん!私だってまあトシだけど。


でも、まさかまさかの着ぐるみイン!でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆりーとは国体キャラクターだったから、国体終了と共にさようならかと思っていたのですが、スポーツ推進大使に任命されオリンピックまで活動するんだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

この日呼ばれたのは、左から町田のサッカーチームゼルビアのゼルビーくん、ケーブルテレビJ-comのザックくん、そしてゆりかもめ+アスリートのゆりーとです。

ゼルビーくんの子どもを喜ばせる!という使命感とフットワークの軽さは素敵でした。

ゆりーともがんばろうね〜♪

1

2014/3/8

町田 グリルママ  まちだの話題

町田のちょ〜老舗、グリルママ。ほんっと昔からここにあった。小田急町田駅南口()を出てすぐのレンガ通りから、鈴木楽器店はなくなり、ミツミネなくなり、カフェドサンパなくなり、ジローがなくなりと、周りが変わってもずっとここに。

(後日の追記; 失礼しました!鈴木楽器店現在も健在です)

でも50年町田に住んでいて、一度も入ったことなかったの。思えば、中が暗くて外から見えない店の造りって、私たちより上の世代が好んだ形。オネエサンたちが入る店と思い続けていた。

バブル世代の私たちは一転、通りに面して全部ガラス、壁は白く床は白く、テーブルは高くて足が細くて、そんなスケスケな感じを好んだのは、前世代が好んだ重厚感を嫌ってのことだったと回想するのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

初めてというものは年齢が高くなるほど怖くなる。よし、ここはひとつ勇気を出して入ってみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューも当時から変わらなそうですね。私が子どもの頃(昭和40年代)の憧れのごちそう。往年のデパートの大食堂的な。お得なランチメニューもありました。

クリックすると元のサイズで表示します

いくつかのランチメニューの中から、若鶏生姜焼ランチ720円をチョイス。ライス(大盛りサービス)、スープ付。

クリックすると元のサイズで表示します

鶏の生姜焼きに付くコロッケは、11月〜3月はカキフライになりますって、うれしいじゃないですか!これまた大粒のカキ。鶏の生姜たれもいい味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

店内のインテリアもきっと当時のまま。久慈の喫茶モカさんを思い出しました。バブルの風にゆるがなかったその姿は、もはやかっこいい!

インテリアもメニューも時代を感じさせるけど、味は今風。おいしかった。もっといろいろなお料理をいただいてみたいものです。メニューをみていて気になったのは、ママランチA(ハンバーグ・魚フライ・カニコロッケ)770円、お得感ありますね〜。


グリル・ママ
東京都町田市原町田6−11−7 風月堂ビル 1F



町田駅、前の呼び名は新原町田駅。昔はこんなに大きな駅じゃなくて、少しずつ広がって出口が増えていったんですね。だから利用はしているけど、北口・南口という口の名前は覚えようともしてなくて、記事を書くために地図で調べました。驚いたことに全部名前が付いてる!へ〜、ここが南口なんだ〜、とかね。

3

2014/3/7

桔梗屋の信玄プリン  グルメ・クッキング

息子の遠距離恋愛中の彼女から、お土産にもらった「桔梗屋信玄プリン」。

クリックすると元のサイズで表示します

もう、義理堅いしっかりものの子なんだから、こんな気遣いしなくていいのに、って口では文句みたいなこと言っても、内心うれしいもんで。息子は、いい子を見つけたものだ。いい子に見つけてもらったものだ、かな?

クリックすると元のサイズで表示します

きな粉の味のプリンに、信玄餅らしく黒蜜をかけていただきます。信玄餅と違ってむせる心配がないですね。

おいしかった。ごちそうさま!

0

2014/3/6

行列の有名店亀戸餃子はあっつあつ  グルメ・クッキング

亀戸には青森交流ショップむつ下北があります。リンクを見ていただければおわかりいただけますが、店主の河野さんは素敵な方、
でしょ?でしょ!?

その河野さんに、教えてもらった亀戸餃子。

クリックすると元のサイズで表示します

有名店だそうです。1時過ぎでしたが行列していました。

料理は餃子だけ。酒(特に中国酒)のバリエーションはわりとたくさん。注文するなら飲み物だけ。
「お客さん、お飲物はどうする?」
「あ・・・、えっと」
「お水でいい?」
「はい、お水で」
のやりとりは、荷物を降ろしたり、腰かける前の中腰で。

クリックすると元のサイズで表示します

座るやいなや餃子がさっと目の前に置かれました。1皿250円。料理だけの人は2皿以上でお願いします、と貼り紙があります。お安い御用です。

クリックすると元のサイズで表示します

焦げ目の部分はパリパリさくさく、合わせ目部分はツルッとなめらか、中のあんは野菜多めでシャキシャキ。こ〜れは、おいしいわ!皮が薄いので腹にたまることもなく3皿ペロリと平らげました。いや、時間があったらもっといけたな!

クリックすると元のサイズで表示します

私は火の近くの席だったので、ときどき炎がワーッと上がってすごい迫力でした。どおりで案内されたとき、
「こちらのお席でいいですか?すみませんね」
と言われたわけです。でもそれもおいしさの演出。厚い鉄なべで焼いた餃子はさすがにおいしい。

クリックすると元のサイズで表示します

この箱、中身は全部餃子。なくなったら閉店だそうです。

今まで外で餃子を食べたくなることはなかったけど、ここを知ったら以後ふとした拍子に「餃子が食べたい!」となることもありそうです。

河野さん、教えてくれてありがとうございました〜。


亀戸餃子本店
江東区亀戸5-3-4
11:00〜18:30

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ