ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2007/7/18

弘前  旅行

駅につくと、ねぷた金魚がお出迎え。弘前はもうすっかり祭り色。いいなぁー、ねぷたのときに弘前に来られる人。この金魚の提灯、案外デフォルメしてなくてホンモノの金魚そっくりなの!背びれがなくて丸っこくてかわいい種類なのです。
クリックすると元のサイズで表示します

那覇空港にも↓こんな人いたっけよ。
クリックすると元のサイズで表示します
青森と五所川原のねぶたも一緒に宣伝している。

駅前で路線バスを待っていると、左のほうからねぷたリズムの太鼓の音が聞こえてきていた。
私「なんか、合ってなくない?」
息「だから!これから練習して合うようにするの」

  *  *  *

 昨日「やませがこんなに寒いとは知らなかった」と書きつつ「今日は寒いなぁ」と思っていたら、なんと昨日は関東にもやませが来ていたんだそうだ。

 でも八戸はもっと寒かった。一方、津軽平野は真っ青な夏空、カラッと乾いた穏やかなそよ風、まるでてんごく。どうも津軽というと豪雪!地吹雪!厳寒!!のイメージだが、夏は、というかイネが育つ期間は、とても穏やかな気候らしい。イネの育ちも良かったもん、その手前で車窓から見ていた田んぼに比べて。

↓津軽平野に侵入しようと目論見るが、うまく行かなくて足踏み状態のやませ。
クリックすると元のサイズで表示します
やませは通常1,000m ぐらいの高さまでで、八甲田山(標高1,500mちょっと)を越えられないそうだが、このとき出ていたやませはなかなか大きく(関東にまで来るぐらいだから)、高い空の雲とは色の違う不気味な色のかたまりが、山頂を隠してユラユラユラユラゆれていた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ