ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/9/27

Bubby's のエッグベネディクト  グルメ・クッキング

前から、他のテーブルに届けられるこれを横目で見つつ、あれ食べたいな〜と思っていました。今回こそは頼むぞ!と決意して入店。おほっ、さすが平日、行列ないぞ!っと。

クリックすると元のサイズで表示します

エッグベネディクトとピンクレモネードのセット 1,400円。

2枚に割ったイングリッシュマフィンを焼いてバターたっぷり染ませ、こんがり焼き色のハムは豚肉感しっかりロース、そして半熟卵、上からオランディーヌソース(酸っぱくないマヨネーズみたいなもの)。添えられているのはポテトとオニオンを炒めたもの、ホームフリットって言うんだって。

クリックすると元のサイズで表示します

とろ〜り半熟具合がサイコー♪調理人さん、上手だねえ。
(切り方と写真もうまい?うん、一個目失敗したからね)


こちらのお店はおいしいメニューがたくさん。前々からエッグベネディクトを食べたいと思いつつ、ある日はアップルパイに引っ張られ、また別の日はパンケーキに引っ張られ、両方を頼むお金はないし(ここ何気に高い)、胃袋の容量もない。

しかしこの日はパンケーキやアップルパイの誘惑に勝ち切った!

たっぷりバターのイングリッシュマフィン、おいしかった。自分で塗ったらここまで塗れない、コレステロールが怖くて。でもけちったらこの旨味は出ないね!

食べながら、夕飯以降雑穀や野菜や寒天たっぷり摂ろう、エクササイズがんばろう、と自分に言い訳していました。

満足じゃ。


Bubby's ヤエチカ
東京駅八重洲口地下街


ところでイングリッシュ・マフィンって英語でなんていうの?これって和製英語だよね?と思っていたけど、アメリカでは English Muffin でいいらしい。びっくりだ。

じゃ、もう一つ謎、イギリスではなんと言うのだろう?こんどこそ、まさかイングリッシュ・マフィンなんて言わないよね!

ホラさつまいもを薩摩ではさつまいもと言わないって言うじゃん(いきなりドメスティック)。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ