ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/9/7

麻布 暗闇坂ほか  ちょっとお出かけ

タモリさんの本を参考に坂の散策をしてみよう、涼しくなったら、と言っていたのに、なにもこんな日に(´〜`;)という陽気の日になりゆきでやってきました。この日の最高気温36℃、なにもこんな日に。

クリックすると元のサイズで表示します

暗闇坂は、その昔樹木が生い茂って暗かったことから、その名前が付きました。

クリックすると元のサイズで表示します

暗闇のようだったら、どんなに良いことか。右側の建物はオーストリア大使館。ここのおかげですっかり炎天下坂。(´o `;;;)

クリックすると元のサイズで表示します

坂の終盤ゆったりとカーブする辺りは、往年の暗闇をちょっとだけ彷彿とさせます。それにしても、ここを歩いている間追い越して行く車の、まあ、高級なこときらびやかなこと。そんなところも麻布散策の見もの。

クリックすると元のサイズで表示します

暗闇坂の終わりに接する大黒坂。麻布十番駅方面へゆるやかに下っていきます。ビルのむこうに、見えるとちょっとうれしい東京タワー。

クリックすると元のサイズで表示します

暗闇坂からさらに上る一本松坂。そこに生えていた松の木に、源経基(って誰?とを調べたら、京の宮家の生まれながら臣下に下り武蔵の国のために働いてくれた人でした)が平将門が起こした反乱の平定のさい、装束を掛けたという言い伝えが残っています。

写真左に写っている現在の松の木は、火災によりなくなった先代の松の後継者、昭和20年4月に植樹されたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

3つ坂の位置関係は、こんな感じ。さして歩かず立て続けに坂が出てくるお得な場所でした。


暗闇坂はその名前から気になっていたので、今回フルに歩けて満足しました。次は、もう一つその名前から気になっている狸穴(まみあな)坂を歩いてみたいと思っています。


。*・°*・°*。☆・。*。・°* 。*・°*・°*。☆・。*。・°* 。*・°*


坂つながりで。↓こちらが、私の知る中で一番迫力があると思っている坂です。

クリックすると元のサイズで表示します

小田急線鶴川駅から駅前の都道沿いに西へ300mほど行ったところ。坂の下に花火店があるので、花火坂とか勝手に名付けてるんですが。

タモリさんのいう「よい坂」の条件は、
1.勾配が急である
2.湾曲している
3.まわりに江戸の風情がある
4.名前にいわれがある

1、2はバッチリ満たしています。3はさらっさらありませんな。4は私が知らないだけで、この辺の人には通称名があるのかもしれません。

写真では見えませんが、中盤以降左に湾曲してそこからさらに急坂になるこの坂、自転車で坂を上る趣味の方には、かなりお勧めです。日野の百草園の坂といい勝負?かな。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ