ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/7/26

お花がいっぱいの種差海岸遊歩道  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

種差遊歩道は白浜漁港の脇から始まります。漁港入り口がゲートになっているので、
「え?入っちゃいけないところ?」
とキョロキョロしていたら、近くにいた男性が、
「遊歩道はこの先からですよ」
と教えてくれました。一目で観光客とわかったのですね?あ、手にパンフレットを持っていたからか。

クリックすると元のサイズで表示します

歩道はきれいに整備され、安全で歩きやすく作られています。でもアップダウンはけっこうあります。ゆっくり歩いて、ところどころベンチもあるので疲れたら休んで、時間をかけて楽しむと良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

スカシユリ(オレンジ)とアサツキ(薄紫)とキリンソウ(黄)

クリックすると元のサイズで表示します

ノハナショウブ。ハナショウブの原種だそうです。園芸品種のような派手さはありませんが、しっかりした存在感があります。きれいです。

7月はたくさんの種類が咲きますが、9月には白いハマギクがボリューミーに咲き、八戸の人が撮る写真で見ると、そちらもかなり美しいようです。

クリックすると元のサイズで表示します

歩きはじめてわりとすぐに、お隣の深久保漁港が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ウニの水揚げの真っ最中。ウニがいっぱい入った網袋が重そうです。すぐ脇では網袋の中身を地面にあけて、大勢で素早く選別をしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

白岩(しらいわ)はウミウの糞で白くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

歴史のある淀の松原にさしかかると、松の木陰を渡る風はいっそう爽やか。

でも、たくさん歩いてきて、ちょっと暑くなったね。

クリックすると元のサイズで表示します

と、思ったのも束の間。いにしえの賢人は言いました「女心と八戸の空」。まさにそんな驚愕の変化がこの直後起こるのです。(*)

クリックすると元のサイズで表示します

そう、ちょうどこの辺りのことでした。

つづく。


(*)まさか3回もこのフレーズを使うとは。


今回の旅程はこちらにございます。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ