ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/3/29

夜桜を撮ってみました。  写真

クリックすると元のサイズで表示します

懐中電灯で描いたハートマーク。(画像編集で赤を強調しました)


思いつきは一度の失敗から。

桜を懐中電灯で照らしてカメラにピント合わせを依頼し、シャッター半押し。するとカメラが合図をくれる。

「合いましたよ」(赤ポチ点灯)

よし、と下までシャッターを押す(2秒タイマー設定)。なんて作業をやっていたら、左手の懐中電灯を降ろすのを忘れたんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そのままボーッとシャッターが切れるのを見ていたという、どこまで間抜けなワタシ(≧▽≦)。
そこで、そっか、お絵かきできるのか・・・と思いついた次第です。

一枚目の写真のシャッタースピードは3秒。シャッター半押しすると、

「○秒で行きますから」

とカメラが通知してくれるので、そのつもりでくーりくりくーりくりとハートの軌跡を描きます。

ええ、何度も失敗しました。イオス・キッスもけっこうウソつきますんで。この写真だって通知では10秒と言っていたのに、実際は3秒で露光を止めています。

描く線が最後まで行く前にカシャと音を立てて露光が終わり、ランドルト環の絵を何枚も作りましたヨ。

クリックすると元のサイズで表示します ランドルト環

「開いている所を言ってください」「左ななめ上」みたいなのを。


ところでこの場所、よそのお宅の居間の出窓のすぐ外、三脚でカメラ構えて何かしてる、一歩間違えれば不審者ですよ〜。ゆっくり撮りたいのはやまやまでしたが、早々に引き揚げました。

ハートのほかにもかわいい模様を思いつけばよかったナと、ちょっと心残りがあります。その桜の枝の広がり具合に合わせて、いろいろと。懐中電灯アート。ちょっとがんばれば、スマイルマークとかできるかな?

ところで、

クリックすると元のサイズで表示します

これはLEDライトで同じように照らしてみたものですが、イマイチ軌跡がはっきりしませんでした。不思議ですね。白熱球より光の直進性は高いはず、もっとクリアな線が出ると思ったのですが。

こちらはホワイトバランスは蛍光灯、パープルで大人な雰囲気に。


夜景撮影のおもしろさは目に見えない世界を作り出すこと、なんだそう。発想次第で楽しい世界が広がります。

これから桜前線が到達するところにお住まいの皆様、こんなお遊びいかがでしょう?



** 言わずもがなでございますが、他に撮影者がいる場合、被写体をライトで照らすのは相当な顰蹙、迷惑行為ですので、許可を得るとか控えるとか撮影マナーにはご留意なさいませね。**

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ