ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2012/7/31

ガレッテリア・ダ・サスィーノで、旬の「あを盛」  旅行

青森駅から歩いてすぐ、青森港に面した場所にあるおしゃれな建物はA-FACTORY です。

クリックすると元のサイズで表示します

海になじむ warehouse 風の建物。1階はおみやげ品などのお店と、奥にはイートイン・コーナー。陸奥湾のネタのお寿司が食べられるお店もあることを行ってから知り、

「うっわ、どうしよう」

と迷いましたが、予定していた2階へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ガレッテリア・ダ・サスィーノでお夕飯をいただくことにしました。

ところで弘前もこれまた何度も行っているのですが、オステリア・エノテカはまず敷居が高いにしても、ピッツェリアすら入ったことがない、憧れのサスィーノの系列のお店です。

ああ、やっと入れた。ヽ(´▽`)/

ホットペッパークーポンでシードルのサービスを受けました。シードルはドライをチョイス。

「シードルはお先にお持ちしてよろしいですか?お食事と一緒にお持ちしますか?」

の質問にちょっと考え、シードルは食事と一緒、まずビールくださいと。

クリックすると元のサイズで表示します

いただきま〜す。(ビール目の前にしてピンぼけを撮り直す気もなし)

クリックすると元のサイズで表示します

フロアの横は一階の吹き抜けで、広々とした印象があります。隣のテーブルともほどよく離れ(私はこれすごく重要視)、さびしくもなくうっとうしくもなく、落ち着ける配置でした。

クリックすると元のサイズで表示します

サスィーノだからね!と鼻息が荒くなっていたけど、メニューを見ると思いのほかお手軽なお値段で、奮発してちょっと高級なメニューを頼みました( ̄ー ̄)b。 その名も「あを盛」

「季節の青森の食材をひとつのガレットに、たっぷり詰め込みました」ということで、

クリックすると元のサイズで表示します

この一皿に、ホタテ・水タコ・しめ鯖・スモークササミ・タマゴ・長芋ピクルス・アピオス・ズッキーニ・ルッコラ・ベビーリーフ・にんにくチップ・くるみ・ごぼうチップ・チーズと、青森県産食材がふんだんに使われています。

ガレットは言ってみればそば粉のクレープ。こう、具材が華やかな料理って、店によってはそのベースの味付けが大雑把なことがあるのですね。いじわるな私は、まずナイフで端を少し切ってガレットだけを口に運び・・・、

「うわお!うめえっ」

その香ばしさ、ほどよい塩気。あまりのおいしさに携帯を取り出しツイートしたことは、ツイッターで繋がっているかたはご存じです。

上に乗せられたもしゃもしゃは、さくさくの歯触りがおいしいごぼうチップ。中には、黄身がトロリ半熟の目玉焼きが、たっぷりのとろけたチーズとともに隠れていて、そのトロリ黄身ソースを、チーズを、ガレットにからめて食べます。ガレットのほどよい重量感が濃厚な味を受け止め、もう!ハーもう!

具材もそれぞれ丁寧な仕込みでした。しめ鯖はなじみのある和風味ではなくて、スモークもされていたし、スモークしてからマリネしたのか、マリネしてからスモークか?で、このマリネ液の配合はどうなんだろうか?酢は白ワインビネガー?あ、青森だからりんご酢?とか、いくら考えてもわからないんだけど、作り方を考えるのってわくわくしてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

けっこうゴロゴロ入っていたアピオス。精力がつく野菜だそうですよ。


旅行先ではあまり大食いにならない私ですが、これはスルスルッと食べきって、いい食材ばかりだったせいか穏やかな満腹感。薬膳と言ってもよいお料理だったかもしれません。

このとき、帰りの夜行バスの出発時刻があり、あまりゆっくりできなかったのですが、ここのお店はガレットのようなカジュアルなメニューばかりでなく、丁寧なつくりのおしゃれなメニューも色々あるようでした。向こうのテーブルに運ばれていたデザートもおいしそうだったなぁ。今度またゆっくりできるときに行って、色々なお料理をいただきたいものです。

ガレッテリア・ダ・サスィーノ
青森県青森市柳川1-4-2 A-FACTORY 2階


お料理が出てくるまで少々待ったのですが、そのおかげでベイエリアでやっていた花火が見られてラッキー♪


今回の旅程は こちら にございます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ