ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/ このブログはteacup終了に伴い、gooに引っ越ししました。 https://blog.goo.ne.jp/1yo1yo213

2011/8/7

亀乃家の天中華  旅行

「お昼、何にしようかな〜」
と、津軽鉄道の車内(詳細後日)でもらったチラシを見ると、右端にこの文字

Q亀乃家(そば処)
・遂に営業再開!ラーメンの上に天ぷらが乗った「天中華」は一食の価値ありです!!


天中華って、jazzさんのブログでおいしそうに書かれていたあれだ。そうか、ここは五所川原だ!キマリ。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

津軽の細いちぢれ麺は、すすり込むときに唇の端をプトプト叩いていく感触が楽しくて、
「もう一口、またもう一口」
自然と箸の動きせわしなく。

スープはあっさり醤油味。カラリと揚げ立て天ぷら衣は、スープを吸い込んでふやけると、まろやかな小麦粉の風味が引き立ちます。

天ぷら衣の中は、甘〜いベビーホタテがごろごろと。ホタテの味の濃さは、さすが青森。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼時より少し遅い2時ちょっと前でしたが店内は満席、入店まで少し待ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

行列の私のすぐ後ろにいた男性に、天中華(700円)を食べるつもりであることを言うと「私も」とのことで、カウンターに隣同士で食べましたが、その方もしきりと
「うまい、うん、うまい!」
と賞賛していました。北九州からいらしたその方、定年退職をして被災地ボランティアを2週間行ったのち、東北の祭りに合わせて各地を旅しているのだとか。うらやまし〜い旅程です(*´∀`*)。

私のすぐ後に入店したグループの注文、
「すいませ〜ん、中華ざると天ざると天中華」
聞いて、アレ?今同じ物2度言わなかった?と反芻してしまいました。
( ’。’).。o○ あ、言ってないか。
中華ざると天中華は東京にはないから、一瞬頭が混乱してしまったのですよ。


そば処 亀乃家
青森県五所川原市上平井町(地番不明ですみません・立佞武多の館駐車場正面です)
営業時間 10:00〜18:00(冬〜17:00)
月曜日定休


今回の旅程は こちらにございます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ