ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/11/3

武田流明治神宮流鏑馬神事  文化・芸術

ひょんなことから、おごそかな神事を拝見することができました。主に神奈川県で活動している武田流の流鏑馬です。

私は何もわからないので、撮った写真をただ並べていきます。といっても、一眼持って行かなかったのですみません、こんなので。(一眼持って行ってもどうだったか?というのもあるが)

クリックすると元のサイズで表示します
流鏑馬神事に先立ち本殿へ参拝なさります。

今日の明治神宮は主に七五三の参拝客と外国人観光客でにぎわっており、この装束の射手たちは注目を集めていました。



クリックすると元のサイズで表示します
天と地に向けて弓を引く(矢は射らない)儀式

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
私は二の的の手前に立っていました。走る馬の上の射手は胸から上が全く揺れないのです。

クリックすると元のサイズで表示します

板の的で2度走った後、陶器の的に変え的中の多かった射手だけで走ります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
割れると中から紙吹雪。そして馬の姿はカメラに写ってないという速さ。

クリックすると元のサイズで表示します
奉行の前を通るときは左足をあぶみからはずします。アメリカ大統領の前で流鏑馬を披露したときは両足をはずして礼を尽くしたのだそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
凱陣の式
奉行の前で的を持っているのは、最多的中の射手です。エイエイエイと奉行、全員でオーの掛け声。

この後、明治神宮より感謝状が贈られ、

クリックすると元のサイズで表示します
直会の式、一人ずつお神酒をいただいています。これですべての神事は終了です。

膝の裏が痛いなあ?と思ったら、時計を見てびっくり!2時間半も経っていました。あっという間に感じました。すごい迫力でした。流鏑馬の前後の作法の美しさも含め、日本人なら一度見ておくべきだと思います。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ