ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/10/22

新百合ヶ丘 大雪軒  グルメ・クッキング

ラーメン不毛の地「新百合ヶ丘」って言われてるんだって。おまけに新百合ヶ丘駅周辺は価格カルテルを結んでいるんじゃないか?ってくらい、客単価高めに設定している。

クリックすると元のサイズで表示します

新百合ヶ丘ビブレ5F
大雪軒
味噌そば \800



クリックすると元のサイズで表示します

昼時には行列ができているが、入店してみると店内はガラガラだったりする。食券を買って、すぐ店の入口で店員に渡しておくスタイルだが、その客のラーメンの調理に取り掛かるタイミングで席に案内しているようだ。それまでは店外で立ちんぼ。

クリックすると元のサイズで表示します

冷凍物のほうれん草を除けば、トッピングの煮卵・チャーシュー・メンマは丁寧な作り。麺は太めストレート。とんこつベースのスープは少し力が弱い。完ツユできる程度の塩気は太ストレート麺には合わないし、といって塩気が弱い分、麺の咀嚼中に出汁素材や油の too much 感を覚えてしまい、スープを飲み干そうとも思えず食事終了。

そんで\800.-。

これでもこの店では安い方から2番目、売れ筋(売りたい筋?)は \930 や \1000 で、サイドメニューの注文も期待しているようなボリューム。

いかにも厳しく書いたけど、もし\650.-ならお気に入りになるかもしれない。。
とりあえず、作為ある行列作りはやめたらいいのにナー。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ