ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/9/2

近所のおまつり  文化・芸術

 昭和60年代が底だったと思います。東京近郊の、盆踊りや祭りの廃れ具合は少しずつ持ち直してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 当市は東京のベッドタウンとして昭和40年代から急激な人口流入がありました。移住してきた人たちは故郷への敬慕の念を大事にしたいのでしょう、今住んでいる地域とは没交渉でいたい(特に世帯主が都内に勤めるサラリーマン世帯にその傾向があった・これは今移住してくる世帯と大きく違うところ)と望み、一方地元民には、ヨソから来た人間に参加させるものか、と拒絶の空気があったのだと思います。

 そして、そして、なのでございます。



クリックすると元のサイズで表示します

 持ち直しの努力をしてくれているのは、現在小学生の親御さんたちです。神社での神事は氏子関係者で朝から執り行われ、昼間には今まではなかった子ども御輿の運行がありました。新しい風を嫌がるひねしょうがみたいなオヤジたちへの説得、警察への手続き諸々、実現までのご苦労には頭が下がります。

 そんなわけで、こっちの祭りでは横笛のきれいなお姉さんや、山車を引くマッチョな(//▽//)テレテレ 男性など望むべくもありませんので、写真は「祭りの点描」シリーズでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ステージを終えた演歌歌手。さすが華があります。

クリックすると元のサイズで表示します
やすおさんに感化されて狛犬を改めて見つめてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
息子の友人たち。みんな立派になってしまって。「おばさん!」と声を掛けられて、やっとわかります。ごめんねー、今年はうちの抜けちゃって!(合宿中でして)

クリックすると元のサイズで表示します
バナナチョコは、午後8時には売り切れで仕舞い始めていました。

お疲れ様でした。また来年、と安心して期待できるのって幸せですね。


豪華で立派な祭りは見に行きゃいいのさ、電車が通っているのだもの♪

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ