ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2014/1/30

銀座 とんきのカキフライ〜ヽ(´▽`)/♪  グルメ・クッキング

寒いねえ、いやだねえ、と嘆くのも寒さが徐々に増していく1月中旬くらいまで。

寒さが底を打ち、もうこれ以上はないと見えてくると安心する。今からこんなに寒がっていてどうするんだ?って思わなくてよくなるから。

クリックすると元のサイズで表示します

その安心にプラスして、北国で獲れる冬の旬がぐぐっとおいしくなるのでね!俄然、冬っていいねえ、になるよ。

旬の味を楽しもう。銀座のとんき(きは七を三つ書くきの字)でカキフライ。ランチメニューで1,100円。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

うう、パン粉の香ばしさと牡蠣のほろにが。自家製ソースのやさしい味は、牡蠣を味わうじゃまを全くしない。

とんきのフライは生パン粉。普通のパン粉の擬音語がザクザクとすると、生パン粉のフライは、

シャシャシャシャシャクゥゥゥ〜!

豚ロース肉ならザクザクでもいい。でも牡蠣はシャシャシャシャシャクゥゥゥ〜が、いい。

変なたとえだけど、ネコのトイレぐらい大きなバットにネコのトイレ砂ぐらいたっぷり入った生パン粉(これでネコを飼っている人には分量の多さが伝わるはず・ネコを飼っていない人には不潔感しか伝わらないですか、ごめんなさい)、そこに小さな牡蠣を入れてサッサッと衣を付けるのだもの、家庭とは全然違う味になるわけだよ。

クリックすると元のサイズで表示します

こんもり山盛りキャベツの下にはマヨネーズで和えたマカロニ。宝探しみたいに出てきたときうれしい。

クリックすると元のサイズで表示します

カウンターに積まれたお皿の脇から、ご主人がひょっこり顔をのぞかせて、
「全部食べたの?あんなに大盛りの」
とにこにこ。
「はい、おいしいので」
と答えると、
「おいしいでしょう〜」
と優しい笑顔で返事をしてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

銀座ってすごいなぁ。

メインストリートから一本入って一本入ってまた一本入って地下に降りる、天井照明が蛍光灯の小さな食堂で、これほどの味を出すのだもの。


とんき
東京都中央区銀座6-5-15 銀座能楽堂飯島ビルB1



0

2014/1/28

被災地応援ファンド 出資者特典を受け取りました。  がんばろう日本!

陸前高田の八木澤商店から、出資者特典が届きました。

クリックすると元のサイズで表示します

震災のその年に、こんにゃく工場の一角を借りて、つゆ・たれの製造から再開し、去年のお歳暮用贈答品から新工場で生産されたお醤油も売り出されました。ファンド会社主催のイベントやツアーで、折々にその過程を知らされて来たので、ここまで来たかと感無量です。

新工場見学の様子は、こちらの記事に。
http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/2765.html

たくさんあるので、お世話になっているご近所さんにもお福分けします。

クリックすると元のサイズで表示します

右側のいわて丸むらさきというお醤油は、小麦も米も全て岩手県産だそうです。今どきレアです。

河野社長からのお礼のお手紙が同封されていましたが、こんなに素晴らしい商品に出会わせてくれて、お礼を申し上げたいのはこちらのほうです。

そして、八木澤商店さんと私を繋いでくださったファンド会社ミュージックセキュリティーズさんにも、感謝申し上げます。

2

2014/1/27

Bois Vertの離れVol.2 小笠原店長のラテンに乾杯!  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

現代青森料理とワインの店、ボワヴェール。1月25日はイベント、Bois Vertの離れVol.2。キューバ音楽ソンのライブ、オードブル、ワインがついて3,150円とは、なんてお得!

クリックすると元のサイズで表示します

冷たい人参のスープとシャモロックのリエット。スープは人参の自然な甘みとバターの香り、リエットはシャモロックの旨味濃く、食欲が呼び覚まされました。器は津軽金山焼、乗せてあるものがひきたつ色ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

大鰐温泉もやしとベーコンのキッシュ。

大鰐温泉もやしは普通に市販される水耕栽培のもやしと違い、温泉水と土で育てられた長さが30cmほどもあるもやしです。細い茎の繊細な見た目に反してシャキシャキの歯ごたえと、土を感じる濃い味わいがあります。生クリームやベーコンとの相性も抜群。パイのサクッホロッの香ばしさも、端っこだけどきちんと味わって。

クリックすると元のサイズで表示します

以上のオードブルは、ユースケシェフの作。訥々とした説明に、並々ならぬ思い入れを感じました。

ワインは赤・白グラスに2杯ずつ。ラテン音楽のライブに合わせてチリワインです。

クリックすると元のサイズで表示します

まず白ワイン、ミラマン(右)、続いてオヴェハネグラ(左)が出されました。両方ともソーヴィニヨンブラン種のワインだけど、味が違う!前者からはお日様をいっぱい浴びた果物感をストレートに感じ、後者はちょっとヨーロッパっぽい、陰影を感じる味わいでした。

hitomi軍配: 圧倒的にオヴェハネグラ。チリワインの概念を覆しました。

赤はミラマンのメルローと、オヴェハネグラのカベルネフラン&カルメネール。カルメネールという品種は、フランスではフィロキセラ(害虫)のため全滅したけれど、害虫発生以前に海を渡ってチリで栽培されていた木は、そのまま残ったという古い品種です。

hitomi軍配: うーん、やっぱり好きなメルロー単一のミラマン。
いずれカルメネール(知らなかった)がじっくり味わえるワインも試してみたいものです。

クリックすると元のサイズで表示します

これらのワインは、十和田市出身小笠原店長のセレクト。

店長としては、地形的多様性に富むと言う点で青森と共通点が見られる産地の、オヴェハネグラがオススメだそうです。オヴェハネグラとは黒い羊の意。黒い羊は群れから離れる習性があるのだとか。自分の道を進むという醸造家のコンセプトを表わす名だそう。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてライブ。バンド名ロンコンソンはスペイン語で、酒(ラム)と歌という意味。ソンのノリノリの雰囲気は、知らない曲でも聞いていて楽しくなります。ソンと日本語ってなんて相性がいいんでしょう。ボーカルのかわべまいこさんは、この日の朝には39℃の熱があったそうですが、こちらの心配を吹き飛ばすパワフルなステージを見せてくださいました。

私は追加で通常メニューから、奥入瀬ガーリックポークのテリーヌと、ガーリックトーストを注文しました。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューを見ると、一皿の単価がいい値段だな?と思ったけど、量が多いんですね。二人分と言ってもいいかな?でもこのテリーヌのこのピンク色!ふわとろ感!量が多かろうが箸が止まりません。もう夢心地(*´∀`*)。

クリックすると元のサイズで表示します にんにくといえば青森。
 ガーリックトーストも中央ににんにく、どんと。
 このにんにくがトローッとして、
 パンの香りがふわ〜っと来て、

クリックすると元のサイズで表示します

ああ・・・、恍惚


ごちそうさまでした。
楽しいひとときを、ありがとうございました。




3

2014/1/26

お山の上で有喜堂のいちご大福ぱくぱく  ちょっとお出かけ

高尾駅北口からほど近い場所にある、有喜堂 支店。
(帰ってきてから知りましたが、本店は高尾山口の真ん前にあります(^ ^;))

クリックすると元のサイズで表示します

ひらひらと揺れる「いちご大福」と書かれた旗に引き寄せられました。どうもこの、ひらひら揺れるものというのに弱いです。

クリックすると元のサイズで表示します

買ったのはこの3つ。いちご大福、いちごミルク大福、黒豆大福。

いちごミルクは練乳を練り込んだ白あんで、あらおいしい。小豆のあんこよりイチゴと相性いいかも。

クリックすると元のサイズで表示します

リフトを降りてすぐの休憩所で、3つ軽〜くペロリ。眼下に東京を見下ろして、景色のいいところで食べる大福は一層うま〜い。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても休憩所のこの空きっぷり。これも冬のいいところ。

クリックすると元のサイズで表示します

北側に見える八王子ジャンクションです。こんな人目につかぬ山間に、こんな美しいジャンクションがあったとは!夜景がきれいかも・・・と、ここで開くと思わなかったジャンクション萌えの引き出しがびよーんと開いたのでした。



20日から書いていた高尾山シリーズはこの記事で終わります。今回は散歩気分でふらっと行きましたが、それでもけっこう楽しめたし、山を歩くにしても登山路がいくつもあるので、「高尾山を知っている」と言い切るには何度も通い、そのたびに新たな楽しみに出会えそうな、奥深い魅力のある観光地だと思いました。

やっぱミシュランってすごいね、こんな八王子のはずれの山に目を付けるのだから。

高尾駅から歩いていて、地元の人と少し会話をしましたが、どの方も親切に接してくれました。観光関係者以外の人からも感じるホスピタリティ、これも高尾山の魅力の一端ですね。

1

2014/1/24

高尾山の冬そばキャンペーン  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

第12回高尾山の冬そばキャンペーン 1月18日〜3月31日
今年も温かい冬そばが、あなたをお待ちしています。


チラシの写真を見ると、どこもおいしそう。カメラマンすごいな、上のほうから説明的に写して、なんでこんなにおいしそうに見えるのだろう?うーん、うまい。

クリックすると元のサイズで表示します

参加18店の中から、栄茶屋さんにおじゃましました。先日そば打ち体験をやって、そばを延ばす難しさをとくと思い知ったところ、外から見える職人さんの手付きにほれぼれしたからです。

クリックすると元のサイズで表示します

とろろそば 900円。(キャンペーン参加店の単価はだいたいこのラインらしい)

キリリと細く、腰の強いそば。ちょっと甘めだけどあっさりしたツユは、上からは見えないくらいの量が絶妙です。とろろは、そうこのねっとりと重いとろろ、口に含めば山芋の野性味がプワ〜ン、鼻腔に広がります。これはいい芋(たぶんイチョウイモ)だ。

クリックすると元のサイズで表示します

追加で自然薯豆腐 350円も頼んでみました。形はゆるやかにまとまった寄せ豆腐のようですが、自然薯の粘りで、ぷりっぷりの弾力があります。塩とわさびでいただき、うん、これもいい味。

自然薯豆腐は、栄茶屋さんの近くのそば工房高栄堂さんの製造。高栄堂さんに行けば、おみやげに買うこともできるようです。


キャンペーンのチラシは100円引きのクーポン券3枚付き、京王線の駅に置いてあります。チラシは持っていたのにクーポンを出し忘れましたが、栄茶屋さんでは
「今キャンペーンなので」
と、会計から100円引いてくれました。


その後、何人かの人に高尾山でどこに入ったことある?おいしかった?と聞くと、皆お店はバラバラだけど、「わりとおいしかった」と言います。全体的にレベルが高いみたいですね。

観光地なのに!!

鎌○とは大違い。 ( ̄o ̄;)ボソッ

0

2014/1/22

高尾山薬王院へ初詣  ちょっとお出かけ

クリックすると元のサイズで表示します  2010年2月百草園の梅まつりのときに
 もらった「高尾山冬そばキャンペーン」の
 手ぬぐいです。行こうかな?と思って早や4年、
 やっと来られました。遅くなりましたが初詣です。 

クリックすると元のサイズで表示します

浄心門をくぐり、男坂の108階段を上ってしばらく歩くと、手ぬぐいに描かれた場所に来ました。右側に並ぶ板には、杉苗を奉納した人の名前が書かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

とても真剣に、様々な角度から撮影していたガイジンさん。日本語の文字が全くわからなくて模様として見たら、これ、きれいかもしれませんね。読めるとつい、ほお〜○○さん8万本も!すっげえな、などと下世話に考えてしまいますが。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
山門

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

木の立て看板には、願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)をくぐり、次に大錫杖(だいしゃくじょう)を鳴らして、さらなる諸願成就をご祈念下さい、と書いてあります。

が、大錫杖がね、鳴らすって、へ?前の人たちは、太い棒で杖にかかった輪を叩いているけど、ほとんど鳴ってないよ?・・・(´・ω・`)

そうか!きっといい音がしたら諸願成就だ!と早合点し、輪を思いっきり叩いたら、何かが壊れたようなずいぶんと品の無い音がしまして、バチが当たりそうでした。

クリックすると元のサイズで表示します
急な階段を上って仁王門

クリックすると元のサイズで表示します
御本堂

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど本堂で御護摩修業が始まる時間となり、僧侶たちのお渡りに出会いました。思いがけないことでびっくりです。居合わせた皆さんも立ち止まっていました。礼儀としては合掌してお見送りするものでしょうが、スミマセン、シャッターを押しまくっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに階段を上って御本社。本堂の地味な色合いとはうって変わって、極彩色の見事なお堂です。
一日目の記事のうち天狗が前に立っている建物)

引いたおみくじは吉。
クリックすると元のサイズで表示します 久困漸能安(きゅうこんようやくよくやすんず)
 雲書降印権(うんしょいんけんをくだす)
 残花終結実(ざんかついにみをむすぶ)
 時亨禄自遷(ときとおりろくおのづからうつる)

こう書いてあって、なぜ吉だろう?大吉じゃん!

久しく困りごと、ああ高尾の権現様はわかってくれていた!残りものの花が実を結ぶ♪禄はそっちからやって来るというし、雲書うんぬんはなんでしょう?
「おまいの能力を認めて仕事をさせてやる、さらに励め」
というのならうれしい事です。漢詩の予言が自分に入り込むよう、繰り返し見るために持ち帰りました。良い年になりますように。

クリックすると元のサイズで表示します

上りとは違う階段から降りると・・・、(写真は、階段を降りはじめたら林の中からキジバトが飛んできて驚くの図)

クリックすると元のサイズで表示します

修業を終えたお坊さんたちが引き上げるところでした。伝統的な僧侶の装束は、実に美しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

御本社まで行けば程なくして山頂だったらしいのですが、夕飯の支度の時間から逆算すると行くのは無理そう、あきらめて帰途へ付きました。3時を過ぎると日が傾いて急に寒くなってきました。

京王線の駅でご当地ピンバッジを買う(いい大人がけっこう恥ずかしい)と、出てきたのは「高尾山頂」と書かれたバッジ。

クリックすると元のサイズで表示します

おお、これは(^^)、山頂をあきらめた私へのなぐさめ、また来てねの印。

最後までありがとう、高尾山。


高尾山薬王院公式ホームページは、ステキな充実っぷりですよ。
http://www.takaosan.or.jp/index.html




0

2014/1/21

二度目だけど訳あって初めてのような高尾山  ちょっとお出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

ここは国道20号、正面に見える山が高尾山です。京王線を高尾で降りて歩いていました。

なぜ高尾山口まで行かないで高尾から歩いたのか、ですが、お昼に行こうとしていた店が高尾と高尾山口の間にあったからです。しかし行ってみたら「本日イベントのため臨時休業」との貼り紙が。

( ̄□ ̄;)ガーン!

出鼻くじかれるし、ひと気のない国道を歩くの寂しいし。

クリックすると元のサイズで表示します

高尾山口駅まで来たら人がたくさん歩いていて、うれしくなりました。

以後ずっと、人がいることを喜んでいたhitomiです。←高尾山はこの心でないと!オフ・シーズンだと言うのに、そこそこの人出がありました。ほどよくにぎやかでいい具合。

クリックすると元のサイズで表示します

ケーブルカーもリフトも切符売り場は同じ、正面の三角屋根の建物です。で、降りる場所はけっこう離れるんですね。ケーブルカーのほうが山頂に近い所まで行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

リフトもケーブルカーも料金は同じ、片道470円・往復900円。駅の名前は違い、ケーブルカーが清滝駅、リフトが山麓駅です。リフト乗り場まで長い階段をのぼります。

クリックすると元のサイズで表示します

混んでいるときは階段も全部行列なんだろうなぁ。

前日も書きましたが、遠足で来たのは小学校5年か6年でした。なぜほとんど記憶にないのか道々考えていましたが、たぶん記憶に留めたくないから憶えていないのだろう、と思うに至りました。そのときの担任(当時40代男性)が、ささいなことで「キレる」という表現がぴったりの怒り方をする人で、遠足の当日も何かあったんじゃないでしょうか。戦争に行った年齢でもないのに軍隊風が好きで、暴力もあったし恐怖の2年間でした。今じゃ考えられない教師ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなわけで、初めて見た気のする「たこ杉」。

樹齢約450年。薬王院への表参道を作る工事に、この杉の根が邪魔なので切ろうとしたところ、一晩にして根が後方に屈曲したため、そのたこの足に似た様子から名が付いたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

この土の色は憶えていました。薄黄色で縦にポロポロ取れるんです。

記憶はそ〜んだけだったなぁ。40年も経てば、あちこち立派になって当時とはかなり変わっているんだろうし。


この後行った薬王院は立派でした。つづく。

1

2014/1/20

高尾山で冬フォト  写真

冬の良いところは、湿度が下がるから空気が澄んで、光と影がくっきり出るところ(´▽` )。

悪いところは、寒いところ(´〜`;)。

正月に奥多摩に行って「寒いのはもうけっこう」と書きましたが、今回は「寒いのはもうイヤ」。(とか言ってhitomiさん、来月も何か計画してるらしいよ)

18日にはふと思い立って高尾山へ出かけ、たくさん写真を撮りました。今日は、これから書く「お出かけ記」に使えないはぐれ写真をアップします。(写真はクリックで少し拡大します)

クリックすると元のサイズで表示します
不思議童子

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ミツマタ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
リフトは寒かった!でもスキー場ではありえない急斜面が楽しい!

クリックすると元のサイズで表示します

小学校の遠足以来だから、約40年ぶりです。最近つとに人気が出ている高尾山ですが、そんなに良いっけ?と不思議でした。

でもね、行ってみてわかりました。うん、ここは楽しい。


ではしばらく高尾山ネタつづきます。

0

2014/1/16

テーブル・フォト講座で名刺素材を撮影しました  写真

ブログの名刺を自作しています。

クリックすると元のサイズで表示します

これは一眼のカメラを持ち始めた頃に撮った写真で、その後もたくさん写真を撮っているのに、どうも更新ができずにいました。

ちなみに、蓮の花はアナーハタ・チャクラ(対人のチャクラ)を象徴するモチーフなので、自己紹介のツールにふさわしいと考えたのですが、チャクラとか知らない人には「ただの季節外れ?」なんですよね!説明のいらないデザインで作り直したかったのです。


さて、去年から受講を始めたEOS学園ですが、今回はテーブルフォト講座に、いい名刺素材が撮れることを期待して参加しました。

1時間目はカメラの操作方法、2時間目は講師の作例を見ながら効果的な表現を学び、3時間目は用意された様々な小道具を使って実際に撮影しました。

今まで私が撮るものといったら、行き当たりばったりのものが多かったのですが、テーブルの上に自分が表現したい世界を作るところから始まるテーブルフォトは、予想外に私に合ってるかも!?おもしろいものでした。

自分は何を表現したいのか、何のための表現なのか。誰かがこうしていたとか、こういうのが流行ってるとか、こうすれば誰かにウケそうだとか、そういう雑音に耳を貸さずに、自分の感覚に集中するのは心のヨガのようです。

とはいえ、何のとっかかりもなく背景色から選んでいったら大変なので、色合いは川邉翔子先生に教えてもらったバースデイ・カラーの黄色をメインにしました。背景は皆それぞれ好きな色紙を選びましたが、私のほかに黄色を選んだ人はいませんでしたね〜。薄紫とかペールオレンジとか水色とかが人気。そうだと思います〜、理由がなければ黄色ってまず選びませんよね〜。


というわけで、

採用候補1↓

クリックすると元のサイズで表示します

これを画像編集で、ひよこ色っぽく↓

クリックすると元のサイズで表示します

又は、青くしてレモンイエローっぽくするか。彩度・明度を変えて文字が引き立つようにしようかな?左下をトリミングして天使の裾を切ろうか?

採用候補2↓

クリックすると元のサイズで表示します

文字を入れてプリントしてみて、フォントや文字色・大きさもあるから、まだまだ迷います。

皆様は1と2、どちらのほうが良いと思いますか?



名刺だけでなく、これからはカフェで注文したケーキや、自分みやげに買った品物などを撮るときも、今までより気合いを入れて撮ろうと思います。今回撮った天使のベルと同じように、それを作ってくれた人への感謝と、自分の感覚を認める気持ちとの両方を大事にしながら。



蛇足ながら、ブログタイトルの背景画像もこのとき撮ったものです。
やっぱり黄色こだわりで(^^)。当初は3本のパステルにピントを合わせるつもりが、その横にある「ユンヌ・ペルソンヌ・インポルタント」の言葉が気に入って(ちょっと意味不明だけどw)、そっちにピントを合わせたものです。そういう細かいこだわりを出せるところが、テーブルフォトのおもしろいところですね。開眼!

1

2014/1/13

わさびみそはお勧めです。  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

先月アースガーデンでそばを食べたとき、薬味で付いてきたわさび。おおっ、本わさび!まるごと!おほっ♪

あえて使い切らず、包んでもらい持ち帰りました。

これでおいしいお刺身を食べるぞ〜♪というつもりでしたが、奥多摩町の観光パンフレットに地元での食べ方が紹介されていたのを見て、そちらをやってみることに。

わさびみそ。

クリックすると元のサイズで表示します

わさびをすりおろして、

クリックすると元のサイズで表示します

味噌とみりんを加えるだけ。

これが、これが、・・・うううう〜〜〜まいっ!!

わ〜すごい。口の中にポワポワーッと予想外の味が生れ出づる。チーズとワインのマリアージュのように、単体では感じられなかった味が口の中に広がるんですよ。日本酒との相性もよさそう!わさび味噌をなめながらちびちびと、なんて素敵ネ。

産地の人はこの味を食べているのか〜。簡単なのに、未知の味でした。


と、もう一つ。


今月参加したツアーには、ティータイムがありました。そのときいただいたのは、2種類ある奥多摩オリジナルブレンドのうち、リラックスティーという方。そちらはカモミール主体の飲みやすいお茶でした。

で、お土産には飲まなかった方のワサビティーを買ったんです。

クリックすると元のサイズで表示します

使用ハーブ; 大葉・ワサビ・ジンジャー・シナモン・ダンディライオン・マジョラム・オレガノ・レモングラス・ペパーミント

味の想像が付けにくいな?

飲んでみましたら、・・・うーん、うーん?


上級者編って感じの味です。


10包入り1,260円(ツアー参加者は1,050円)。

健胃・滋養強壮の効果があるそうです。体が求めていれば、おいしく感じられるのかも?

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ