ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/7/18

八戸市 洋望荘で玄米菜食コース  旅行

三陸復興国立公園種差海岸の、種差漁港近くに建つ洋望荘さんは自然食をいただけるオーベルジュ。人気漫画「美味しんぼ」で100巻と108巻の二度取り上げられた、完全予約制のレストランです。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・との説明をホームページで読み、小心者の私はちょっとビビりつつ予約の電話をしました。ひ、一人で、ランチだけでもいい?マクロビ知らないと怒られる?とか。そうしたら、きさくな奥さまの応対でホッとしました。

メニューから玄米菜食コースを選びました。と、さらっと書くとうそっぽい。魚介類コースも玄米菜食コースもどっちも食べたくて猛烈に悩み、いよいよ注文の段階になっても、やさしい奥さまの雰囲気に甘えて、
「あ、ちょっと待って・・・、やっぱり、いや、でも・・・」
と、まだ迷い、相談に乗ってもらいながら結局玄米菜食コースに、単品でうにしゅうまいを追加してもらいました。ふぅー悩んだ。

この日の玄米菜食コースは、

クリックすると元のサイズで表示します
玄米雑穀ご飯と梅干し・糠漬け・自家製味噌に漬け込んだ昆布

クリックすると元のサイズで表示します
豆腐の野菜あんかけ。右側にある味噌をつけながら食べます。

クリックすると元のサイズで表示します
刻みめかぶ

クリックすると元のサイズで表示します
100時間煮込んだ野菜の煮物(左奥)と、ゴボウの味噌和え(右手前)

塩は微生物と一緒に摂りなさいということで、味付けには味噌が多く出てきます。

クリックすると元のサイズで表示します
インゲンの胡麻和え。炒り胡麻と醤油のシンプルな味付けとシャキシャキの歯触りがおいしくて、作り方を教えてもらいました。うちでも作ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
えのきだけと茎付き葉先わかめと長芋とろろの味噌汁。具だくさんです。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、追加注文のうにしゅうまい。シュウマイ全体が蒸したウニと同じ柔らかさで、口の中でとろけました〜(*´o`*)。


あとは、テーブルに届けられるときに「よかったら」との言葉が添えられたので、もしかしてコース外のおまけでしょうか。ごちそうさまです!

クリックすると元のサイズで表示します
自家製パン。表面に岩塩をふって焼いてあり、何もつけなくても程良い塩味があります。一枚目の写真の窓の外に写っている薪は、パンを焼くための薪だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
テーブルに来て、思わず「キャー♪」と拍手してしまった生ウニ。季節です〜!

クリックすると元のサイズで表示します
やさしい味わいの自家製醤油がかかっていました。ウニの味を引き立てる醤油です。

他のお客様方が帰り、私はお昼時間最後の客になったので、シェフさんが近くのカウンター席に座り、ビール片手に色々なお話しを聞かせてくださいました。食の大切さ、健康を維持する食事・避けるべき食品のこと等々、説明書きもいただき勉強になりました。

でも難しい話しばかりでもなく、初っ端はこんな切り出しで。

「こちらのことはインターネットで検索して見つけたんですか?」
「はい、そうです」
「『イケメン・シェフ』で検索して?アハハハハハ〜」

笑ってらっしゃいましたが、そうなんです。ちょっと高橋英樹似で筋骨隆々とした素敵な50代の男性でした。動物性蛋白質を摂らなくても、こんなにいい筋肉がつくのね〜。実は肉嫌いで我慢して食べていた私は、目からウロコでした。

今回いただいたお料理は、素材も味付けも大好きなものばかり。食べ終わってとても気持ちいい。ああ、この感じが健康に近づく感覚なんだ、と体感できたような気がします。

オーベルジュなので、一回きりの食事ではなく、宿泊してじっくり食事を見直すこともできます。健康に不安のあるお客様もいらしているそうですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の一部は味噌蔵になっていて、生徒さんたちが各自作った味噌の樽が並んでいました。生徒さんは二週間に一遍天地返しに通っているそうです。


と、話しについつい夢中になって、電車の時間ぎりぎりになってしまい、お店の外観の写真を撮り忘れました!ザンネン。

クリックすると元のサイズで表示します

種差海岸駅から徒歩10分の場所にあります。



洋望荘/自然食研究所
青森県 八戸市大字鮫町字遥望石13

詳しくはお店のホームページをどうぞ http://chefsato.com/top

旅行中はつい美食・過食になりがちです。青森の県南地域は雑穀の優良産地なのだから、健康的な食事がガッツリいただけるレストランがあればいいのに、とずっと探していました。自然食とかマクロビオティクスを謳ったお店では、大抵「量が少ない!」と不満が残るので苦手だったのですが、こちらのお料理は、素材の無農薬野菜も自家製調味料も真っ当な力強さを持ち、ボリューム的にもとても満足でした。


今回の旅程はこちらにございます。
5

2013/7/12

スナップショット in 新宿  写真

クリックすると元のサイズで表示します

地下通路を抜けたここが、新宿で一番好きな場所。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2013/7/11

震災トラウマと復興ストレス 宮地尚子著  

つい最近、図書館で見つけた本ですが、発行は2011年7月です。本との出会いは、自分がそれを読める状態になったからだと思います。この内容は、震災があった年の私には理解できなかったでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

震災トラウマと復興ストレス
宮地 尚子著
岩波ブックレット No.815


あとがきの書き出しは「言葉の力を信じてみたい。そう思ったのが、本書執筆の理由です」とあります。

以前から著者がトラウマの臨床をする中で作ったモデル「環状島」(内海を持つ島)を、震災後の日本社会に当てはめ、内斜面の被災者・外斜面の支援者・外海に当てはまる被災地から遠い人たちの、三者それぞれのつらさについて、当事者を代弁するように説明され無理なく理解できます。

私は一応「外斜面の支援者」となりますが、その章にあった「支援競争・共感競争」の説明には、身につまされるものがありました。

また、「被災地から遠い人たち」の章を読むと、当時は意識していなかったにしても、私はこのつらさから逃げたくて、ボランティアに行ったり、被災企業に出資したりといった行動を取ったのかもしれない、とも思いました。

日本人は自責の念や罪悪感を持ちやすい国民性なのかもしれません。どの位置にいても日本人として、皆それぞれが自分を責めて苦しんでいること、それを知ることで、ともすれば自分のつらさばかりに目が行き、他の人は楽をしていると批判的になることを防ぐことができます。

この本から得た「知」のおかげで、無用な批判から自分を遠ざけられることには、ああ、読んでよかったと心から安堵できました。その安堵があるから、「内海の水位を上げない(詳しくはお読みください)」努力をしていかねば、と思えるようになります。

60ページほどと薄く、表現も平易でとても読みやすく書かれていますが、かなり読み応えのある内容です。私は何度も読むのを止めて、自分で経験したことなどを思い返してしまい、案外時間がかかりました。

読んでいて、人それぞれに「ドキッ」と来る場所は違うことでしょう。私も実はここには書けない「ドキッ」がありました。でもこの本の全体を読んだ後ならば、その「ドキッ」を罪悪感に発展させることもなくいられます。その意味でも、ありがたい出会いでした。

0

2013/7/6

一ノ橋JCTの真下 麻布十番の古川  ちょっとお出かけ

先日書いた一ノ橋ジャンクションの下には、古川という川が流れています。現在とほぼ同じ形で、江戸の古地図にも載っている歴史のある川です。

クリックすると元のサイズで表示します

東京湾の竹芝桟橋の脇から内陸に入り、ほぼ直角に曲がるこの場所は、荷卸し場となっていたそう。江戸時代、この辺りは松平様の広大なお屋敷ばかり、さぞ日本中の貴重な物資が集まったことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します 一之橋

この川は江戸時代から盛んに河川整備工事が行われていました。芝公園の方からこの一ノ橋までの工事と、白金方面からここまでの工事の2度、この辺りが十番工区となったことから、「じゅうばん」と呼ばれるようになりました。近くの馬場は十番馬場、近辺の住民で工事に参加した人を十番人工と呼んだそうです。

それが今の麻布十番という地名に引き継がれています。

クリックすると元のサイズで表示します

十番馬場はこの辺にあったらしい。

古川はこの先、渋谷区に入ると渋谷川という名前になり、渋谷駅のところで消えていますが(地下水路になっているのかもしれない)、江戸の地図ではさらに新宿区方向へ延び、玉川上水と繋がっていたようです。

渋谷のあの坂を思うと、海から遡って物資の運搬に使えたのは渋谷駅辺りの谷底につくまでで、そこから上流は農業水路としての役割だったのかと思います。地図では川の周囲にだけ田んぼがあり、少し離れると畑ばかりになります。棚田で苦労しながらも細々と稲作を続けていたことでしょう。

川瀬巴水の版画を見ていると、昭和初期までは物資の運搬に水路を使っていたようですから、水運が盛んな時代から、真上に高速道路が作られ、川がただの排水路のようになっていく変化を、つぶさに見ていた人もいるはずです。

社会を覆う新しい時代を歓迎するムードの一方、大事にしていたものが役割を失い、見捨てられていく側面もありました。
「ひでえことしやがる」
なんて老人の小さな嘆息が聞こえてきそうな、一ノ橋ジャンクションの下の眺めでした。

1

2013/7/4

タモリのTOKYO坂道美学入門  

図書館で借りて、パラパラッと読んで即「これは買うべし!」と思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

タモリさんって、いいですよね!愛する対象(この場合坂道)に対してあくまでも謙虚。知ったかぶり、通ぶりしないところがスマートです。東京生活が長いのに、あくまでも地方出身者のスタンスをつらぬくのも、芯のある人という感じでかっこいい。

よその人間としての東京(江戸)を眺める視点・発想には、一応住所の頭に東京都とつく所で生まれ育った私でも共有できるものがありました。突然視界に迎賓館が現われたときのビビリとか。東京は、そこで生まれ育ったぐらいで知った顔ができるほど小さなものじゃないです。とんでもなく大きな街なのです。

本を買ってこの情報を所有したくなったのは、タモリさんオススメのルートをなぞって歩きたくなったからです。貸出期限の2週間じゃ到底足りません。お立ち寄りSPOTで紹介されているお店(ハンバーグが多い気がする)も魅力的。行ーくぞー!

沖縄の格言で「男の一人くらい養えなくて何が女か(いきがちゅいちかないゆーさんてぃからいなぐやみ)」と言う言葉がありますが、そこから派生して、「街中の坂道4〜5キロ軽く歩けなくて何が東京人か」って感じですかね!

でもこれからの季節は、ちょっと止めておきましょう。涼しくなるまで待ちましょう。


坂道の写真も、以前から撮っています。

クリックすると元のサイズで表示します 鳥居坂

クリックすると元のサイズで表示します
名称不明(渋谷区内)

どうなんでしょうね、坂道というと上り坂を撮りたくなりますが、ダイナミックさが伝わるのは下りだと最近思っています。次に歩いたときは、もう少し真剣に撮ってみます。

0

2013/7/2

句読点を。や、でなく . , で表記することについて。  いい気分♪

息子と共有しているパソコンで、息子がIME設定をいじり、句読点がピリオドやカンマで表示されるようにしました。

私は、それが書くのも読むのもイヤなんですね。日本語を書くときに、なんで英語の記号を使うの?ぷんぷん。

と言いたくても、息子は出かけているか寝ているかのどちらかなので、めったに話しもできず、自らネットで下調べしました。

・・・と、なんとぉ!レポートの記述はカンマピリオドを使えというセンセイがいるらしい!!
なんだよ?それっ!

理系の修士以上にカンマピリオド派が多いらしい、ともわかりました。

(´・ω・`)

これじゃ息子を責めてもかわいそうだ。私が使うときはIME設定を句読点にしても、電源を切る前にカンマピリオドに戻しておいてあげよう。


<ご参考(というか備忘録)・IME2010>
ワードやエクセルなどを開いた状態で、
右下にある薄茶色の道具箱みたいなアイコンを左クリック
   ↓
プロパティを選択
   ↓
全般タブで、句読点のところ右端の▼をクリックすると、選択肢が出てきます。



理系の修士以上の人が、論文上で変なことをしていても別にいいです。それは業界内で専門用語を使っているようなものだから。

でも一般社会でまで、その表記を使うのは変です。でもネットを見ていると、ときどきいますよね。カンマピリオドを日本語に混ぜ込むことで、何かイケてる演出になるだろうという意図だとしたら、発想もやることも安直すぎです。


この件で調べていたら、カンマピリオド使用に違和感を覚える人(理系の修士以上の人にも、もちろんいる)は、かなり怒っています。私もです。でも気分が悪いと思うのは私だけじゃないとわかったし、私以上に怒っている人を見ると、「そーだ!そーだ!」とうれしいで〜す。


なので、自分の使用が終わったら、息子が使いやすいようカンマピリオドにちゃ〜んと戻しておいてあげようっと。人はうれしいと寛大になるものです♪


<後日の追記>

起きているときに息子をつかまえて聞いたら、とっくから自分が使うときはIMEの句読点を変更して使っていたんだそうだ。この日はたまたま元に戻すのを忘れたんだって。

1

2013/7/1

私にとっては奥入瀬のイメージ -- 小暮武彦「水と光の魔法」  音楽

小暮(shake)武彦さんの「水と光の魔法」は、アコースティックギターによる全曲インストゥルメンタルのアルバムです。

クリックすると元のサイズで表示します

富士山ろくに移住し自然から受けるインスピレーションをもとに
「自然の中にいて起こる目覚めと喜び、不思議」をテーマに制作した・・・
小暮武彦official web siteより)

というこのアルバム、ギターのひとつひとつの音から、自然の風景がビジュアル的に浮かび上がってきます。

私の頭の中に浮かんだのは奥入瀬や蔦の景色、木の葉の間から差し込む光や、岩から浸み出し苔の先端から玉になって落ちる水滴、ブナの枝をしっとりと覆う濃い霧・・・、ギターの音が映像を作り出していきます。

それらの音を目を閉じてじっくりと、ちょうど奥入瀬の苔の感触を手のひら全体で感じるように集中して聞いていると、CD一枚聞き終える頃には、そのとき感じていた心の苦しさも、

「まあ、いいっかあ〜!」

という気分になります。

癒されるという言葉は、安直に使われすぎて好きではないので別な言い方をすると、ニュートラルになれるという感じでしょうか。自分の身に起こったプチ事件が客観的に冷静に見られるようになるような。

いい音楽に出会えました。

アマゾンのサイトでは45秒間の試聴もあるので、ご興味があったら聞いてみてください。能書きばかりの安っぽいヒーリングミュージックより、ずっと力強く心地よい音です。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ