ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/3/31

スナップ撮影 東京スカイツリー  写真

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以上の凝ったアングルは、すべて講師の酒井梨恵先生のご指導によるものです。

一枚目のにょきにょき写真は、とうきょうスカイツリー駅のすぐそばにある墨田区立小梅児童遊園で撮った物ですが、一見意味不明のオブジェが先生に見つかるとこうなるんだもの、すごいよね。


私のオリジナル↓

クリックすると元のサイズで表示します

東武スペーシアに紫があるんだ!と興奮した一枚でした。江戸紫ってやつですね。

なんてこどもっぽい。((+_+))


隅田川桜まつり編へつづく


ところで、前回カメラを使ったのが夜の撮影だったので、手振れ補正機能をオフにしたら、この日はそのままになっていました。帰ってから気付いてガビーン。スカイツリーは動かないので、まあ良かったんですが、桜まつり会場では子どもの姿など一瞬のシャッターチャンスなどを追ったため、もうブレまくり (≧ω≦)。

「キタッ!」なんて慌ててはいけないですね。一瞬の表情を捉えるのがうまいポン太さんの撮影を見ていると、ふわーん、ふわーんと力まずに撮っています。見習わなくては。




0

2013/3/29

夜桜を撮ってみました。  写真

クリックすると元のサイズで表示します

懐中電灯で描いたハートマーク。(画像編集で赤を強調しました)


思いつきは一度の失敗から。

桜を懐中電灯で照らしてカメラにピント合わせを依頼し、シャッター半押し。するとカメラが合図をくれる。

「合いましたよ」(赤ポチ点灯)

よし、と下までシャッターを押す(2秒タイマー設定)。なんて作業をやっていたら、左手の懐中電灯を降ろすのを忘れたんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そのままボーッとシャッターが切れるのを見ていたという、どこまで間抜けなワタシ(≧▽≦)。
そこで、そっか、お絵かきできるのか・・・と思いついた次第です。

一枚目の写真のシャッタースピードは3秒。シャッター半押しすると、

「○秒で行きますから」

とカメラが通知してくれるので、そのつもりでくーりくりくーりくりとハートの軌跡を描きます。

ええ、何度も失敗しました。イオス・キッスもけっこうウソつきますんで。この写真だって通知では10秒と言っていたのに、実際は3秒で露光を止めています。

描く線が最後まで行く前にカシャと音を立てて露光が終わり、ランドルト環の絵を何枚も作りましたヨ。

クリックすると元のサイズで表示します ランドルト環

「開いている所を言ってください」「左ななめ上」みたいなのを。


ところでこの場所、よそのお宅の居間の出窓のすぐ外、三脚でカメラ構えて何かしてる、一歩間違えれば不審者ですよ〜。ゆっくり撮りたいのはやまやまでしたが、早々に引き揚げました。

ハートのほかにもかわいい模様を思いつけばよかったナと、ちょっと心残りがあります。その桜の枝の広がり具合に合わせて、いろいろと。懐中電灯アート。ちょっとがんばれば、スマイルマークとかできるかな?

ところで、

クリックすると元のサイズで表示します

これはLEDライトで同じように照らしてみたものですが、イマイチ軌跡がはっきりしませんでした。不思議ですね。白熱球より光の直進性は高いはず、もっとクリアな線が出ると思ったのですが。

こちらはホワイトバランスは蛍光灯、パープルで大人な雰囲気に。


夜景撮影のおもしろさは目に見えない世界を作り出すこと、なんだそう。発想次第で楽しい世界が広がります。

これから桜前線が到達するところにお住まいの皆様、こんなお遊びいかがでしょう?



** 言わずもがなでございますが、他に撮影者がいる場合、被写体をライトで照らすのは相当な顰蹙、迷惑行為ですので、許可を得るとか控えるとか撮影マナーにはご留意なさいませね。**

1

2013/3/28

無人島星空撮影会 in 猿島(横須賀市)  趣味

クリックすると元のサイズで表示します

東京湾に浮かぶ無人島、猿島へ向かいます。株式会社トライアングル様主催、無人島星空撮影会に参加しました。

クリックすると元のサイズで表示します

猿島は横須賀沖1.7km、船で10分ほどの場所にあります。横浜球場4個分に相当する広さで、園内の散策路を利用すると一周60分ほどで回れるそうです。写真を撮りながらだと、軽く3〜4倍の時間を見るようですけどネ!

今では当たり前のように船で渡れ、レジャーに使われていますが、元々は海軍の要塞、第二次世界大戦後はアメリカに接収され、返還後はショッカーのアジト(仮面ライダー)として撮影に使われたり、なぜか90年代にも海水浴場が廃止となったり、と紆余曲折があった島なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

受付手続きと料金(\4,800)の支払いをし、無料レンタルで申し込んだ三脚を受け取りました。初めて使う自由雲台タイプです。

クリックすると元のサイズで表示します

島までの運賃は1,200円(往復)。私たち撮影参加者は料金に含まれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

管理棟は木のぬくもりの感じられる素敵な建物でした。ここでまず講師の方からレクチャーを受け、その後自由に夕景の撮影開始。

その後暗くなってから再集合で、希望者は島の反対側まで行く冒険ツアーに参加しますが、ほぼ全員だったようです。約20名ずつ2グループに分かれて移動しました。

園内は真っ暗なので、懐中電灯で自分の足元を照らしつつ用心して歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します

明治時代に整備されたこの島が、戦争のときに要塞として機能したことはなかったそうですが、今も園内各所に煉瓦造りの施設が残っています。フランス積みというアーチのトンネルは、日本でも2番目に古い歴史があるものだとか。昼間に来ても、おもしろそうな被写体だと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

夜間の撮影ということで、一回のシャッターが10秒〜30秒ほどになり、下手な鉄砲でも数打てない。一回一回とにかく集中。皆、無言です。この雰囲気、好きです。

クリックすると元のサイズで表示します

題名になっていた星空ですが、あいにく雲が多く、ほんの少ししか撮れませんでした。

おまけにうっかり長時間露光にしたため、星が点ではなく短い線になるという、「一番みっともない」(講師の方の表現)撮れ方だったので、アップなしね ( ̄〜 ̄;)。でも東京近郊で星の撮影ができるとは!ちょっと驚きでした。


普段は最終の船が17:00猿島発、それ以降この島にいることはできません。貴重な体験と共に撮影の勉強もできて、オトクなイベントでした。

講師の鈴木雄二先生、まるやゆういち先生、スタッフの皆様、企画のトライアングルさん、ありがとうございました。

1

2013/3/25

初めてのお出かけ、横須賀。  ちょっとお出かけ

縁がなかったというのでしょうか、行けない距離ではないけれど行く機会のなかった横須賀へ行きます。JR横浜駅で京浜急行に乗り換えて、横須賀中央駅まで。

ミナトのヨーコヨコハマヨコスカ、なんていっしょくたに言うから近いと思っていたさ。

クリックすると元のサイズで表示します

遠いよ!!

どこまで行くんだ?こんなに電車で行っても、まだ地面があるのかっ?と思うほど遠い。

でも京急はこの先、終点三崎口までまだまだ続くのです。東京辺りではくっついている各私鉄も、終点まで行くとかなり旅気分になりますね。今回は行ってないけど。想像。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、駅から歩いて15分、海岸にある三笠公園です。

クリックすると元のサイズで表示します

公園内では横須賀市の花、オオシマザクラが花盛りでした。桜餅の葉を採るオオシマザクラ。風下に立つと、なじみのあるい〜い香りがします。

クリックすると元のサイズで表示します

横須賀はびっくりするほど軍人さんと中華料理屋さんばっかり。文化の違うところへ来たなあ!と思いました。


横須賀に何しに行ったかは、次回。

0

2013/3/23

ご近所の春フォト  ちょっとお出かけ

2月まではずっっと寒かったのです。寒さの底の頃の気温がずっっと続いていました。そこで一気に暖かくなったので、見事な咲き方をしているのが、

クリックすると元のサイズで表示します

辛夷。この木は毎年見ていますが、これほどの咲き方は珍しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

アタミカンザクラ

クリックすると元のサイズで表示します

アカシデ。今年は雑木林の芽吹きも早い!

クリックすると元のサイズで表示します

キブシ

クリックすると元のサイズで表示します

まあこんな忙しい春もめずらしいですね。

東北はいつもこうなんだとか。この春のスピードに太刀打ちするには「まだか、まだか」と待ち受ける気持ちが必要です。

東京にいるとそれがないから、もう目が回りそう〜(◎ ◎;)。

0

2013/3/22

東京地方は本日ソメイヨシノ満開宣言  ちょっとお出かけ

日本橋タカシマヤを出ると、正面に桜並木が見えました。日本橋さくら通りです。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人の本能(?)として吸い寄せられます。

クリックすると元のサイズで表示します

頭上にはけたたましく鳴く小鳥が、桜の花をついばんでは、下に落としていました。

クリックすると元のサイズで表示します

あらあら、かわいそうに。

でも頭上からひらひら落ちてくるのを受け取れると、ちょっとうれしかったりして。

クリックすると元のサイズで表示します

日本橋から東京駅までは少し距離があると思っていましたが、桜に見とれながらあっという間に八重洲口まで歩いてしまいました。

ああ、歩いたという実感も疲労感もありません。桜の下では、往々にしてこういうことが起こりますネ。


(写真は3月20日撮影です)
0

2013/3/21

日本橋タカシマヤ「大いわて展」2013  分類なし

♪タカシマヤ〜のローズちゃん、バラの包みのタカシマヤ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、日本橋タカシマヤです。普段デパートに行くったって多摩地域にある私鉄系が精々なもんで、老舗高級流通系は何もかもが

カッコイーッ!

上の写真のローズちゃん、どこにあると思います?トイレの入り口ですよ、トイレ。トイレですら、この高級感。エレベーターガールは、よくぞ揃えました美声の美女ばかり。

「大いわて展」が目的だったので、怖気づきそうなエントランスやエレベーターの重厚感にも目をつぶって乗り切りました!

8階催物場に入ると、なんかもうすごい迫力。お店の数がすごいし、ボリューミーな陳列、お客さんも大勢で歩きづらいほど。

出店は以下の通り

<実演>
前沢牛オガタ(奥州市)
ピーコック・トレテール(盛岡市)
若大将(大船渡市)

<お食事処>
東家(盛岡)
ぴょんぴょん舎(盛岡市)

<食品>
中村家(釜石市)
館ヶ森アーク牧場(一関市)
高源精麦(花巻市)
ファーム菅久(雫石町)
タルトタタン(盛岡市)
肉のふがね(岩手町)
三上商店(宮古市)
きのこのSATO(陸前高田市)
トロイカ(北上市)
道の奥ファーム(遠野市)
及川冷蔵(大船渡市)
リアス海藻店(釜石市)
S-FARM (盛岡市)
佐々長醸造(花巻市)
小山製麺(奥州市)
三陸おつまみ研究所(大船渡市)
山田の牡蠣くん(花巻市)
八木澤商店(陸前高田市)
はまなす亭(洋野町)
さいとう製菓(大船渡市)
小岩井農場(雫石町)
竹屋製菓(久慈市)
回進堂(奥州市)
折戸養蜂場(二戸市)
小岩井農場(雫石町)
佐幸本店(久慈市)
田村りんご店(遠野市)
盛岡せんべい店(盛岡市)
工藤菓子店(西和賀町)
道奥(花巻市)
尾田川農園(軽米町)
古舘製麺所(軽米町)
佐々木製菓(一関市)
カスイ(花巻市)
松栄堂(一関市)
日進堂(宮古市)
森弘商店(大船渡市)
浦嶋商店(大船渡市)
伊藤商店(釜石市)
マルト(大船渡市)
大井漁業部(宮古市)
遠野味噌醤油(遠野市)
JA江刺(奥州市)
藤原ラズベリーファーム(一関市)
せんや 水沢米菓(奥州市)
丸一食品工業(花巻市)
いわいの里ふるさとづくり研究会(一関市)
大黒醤油(軽米町)
吉田製麺(奥州市)
いわて銀河プラザ(中央区銀座)

<酒>
くずまきワイン(葛巻町)
ベアレン醸造所(盛岡市)
エーデルワイン(花巻市)
酔仙酒造(大船渡市)
あさ開(盛岡市)
廣田酒造店(紫波町)

<工芸品>
南部鉄器協同組合(盛岡市)
浄法寺漆器工芸企業組合(二戸市)
さわはん工房(金ヶ崎町)
染屋たきうら(盛岡市)
岩谷堂箪笥(奥州市)
瑞泉硯房(大船渡市)
夢考房(北上市)
中新(久慈市)
久慈琥珀(久慈市)
草紫堂(盛岡市)
丸三漆器(一関市)
長山工芸(一戸町)
うに染アトリエぐらん(宮古市)
シルバージュエリー吉田まり(盛岡市)
炭工房グリーングレース(北上市)
螺鈿澤井工房(宮古市)
大野民芸家具組合(洋野町)
木売内工房(久慈市)
木工房さとう(北上市)
山口家具(岩泉町)
流工房(雫石町)

(順不同・というかチラシの左上から右下の順です。)

ハー、つくづくこの規模はすごい。読んでいくのも大変ですね。ごひいきのお店がありますか?

私もたくさん買いましたが、一つだけご紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

折戸養蜂場の「こごらのみつ」の、ウルシ蜂蜜とアカシアの蜂蜜。ウルシは店頭に出ていただけで終了だそうです。生産量の少ない貴重品。買えてラッキーでした。

パンフレットのかわいいイラストは、ブログ「農家の嫁の事件簿+」を書いているAKIさんによるもの。今回大いわて展の情報を得ようとグーグル検索したら、AKIさんのブログ記事がトップに来ていて、私は折戸養蜂場さんを知りました。

試食もどうぞ、と生ローヤルゼリーとプロポリスを始めて味わってみました。

それらの味は・・・、野性味あふれるパワフルな味です!ローヤルゼリーは相当すっぱい。プロポリスは苦い?表現しづらい味。う〜ん、高麗人参とかスッポンとかその範疇の食品ですね。味を楽しむものじゃない。

販売者によっては天井知らずのお値段になるローヤルゼリーやプロポリス、比較的お求めやすい価格で買えるのは、生産者の方だからこそでしょう。

で、口直しで蜂蜜も試食させていただき(助かった!)、うまうま。ピュアな蜂蜜は後味がさらっとしています。

対応してくださったのは、奥様でしょうか。色々なお話しをお聞かせいただき、ありがとうございました。



こういう物産展の魅力は、国産の良質な製品に出会えるところ。

食の安全に興味があっても東京で探すのは大変だし、高価になってしまいがち。毎日食べるものだからこそ、長くお付き合いできる価格で購入できることも大きなポイント。その点でも、岩手の生産者さんたちのお店は、かなりお勧めです。


大いわて展は3月25日まで。動きやすい服装(!)で、がんばって行ってきてね〜。



0

2013/3/20

メインを凌駕するサイドメニュー 無双六本木店の北海バタめし   グルメ・クッキング

らーめん無双は都内に7店舗ほどあるチェーン店で、お値段安めの気軽に入れるお店です。

クリックすると元のサイズで表示します

六本木交差点からほど近く、外苑東通り沿いにある六本木店。

クリックすると元のサイズで表示します

塩らーめん 600円 に、もち餃子トッピングでプラス100円。スープはあさり風味。
これは珍しい。

それよりも感動したのは、サイドメニューのこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

北海バタめし!

クリックすると元のサイズで表示します

まんべんなくご飯にからんだバターは、ほんのりと風味を添える。そこに鰹節のふりかけと三升漬け(*)。

バターご飯に醤油はよくあるけれど、三升漬けとはこれまたうまいこと!ピリリと青唐辛子が効いて、辛い味好きのhitomiにはたまりません。

こんなの知って困りますよ、家でやったら三杯飯軽くいけちゃいます。ぷふぅ苦しい〜ってなるほど食べた〜い。

無双のホームページを見ても、メニューに記載がない北海バタめし。六本木店限定でしょうか?


らーめん無双 六本木店
東京都港区六本木4-11-9


(*)三升漬けは青森で知りました。醤油・青唐辛子・米麹を一升ずつ混ぜて漬けたものです。

1

2013/3/18

吉原弁財天と関東大震災 旅立った魂は・・・  ちょっとお出かけ

吉原弁財天は、ほど近い吉原神社に合祀された弁天様です。

クリックすると元のサイズで表示します

遊郭であった吉原一体は、遊女たちが「足抜け」しないよう塀で囲まれており、出入りは大門一箇所となっていたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

大正12年9月1日午前11時58分関東大震災発生、この一帯は大きな火災が発生しました。しかし、唯一の逃げ道である大門が閉められてしまい、逃げ場を失った人々はこの場所にあった吉原公園の池へ次々と飛び込みました。

クリックすると元のサイズで表示します

現在の池から視線を上げると、奥にNTTの建物があります。

クリックすると元のサイズで表示します

そちらのほうまで広がる深い池だったため、飛び込んだ490名ほどの人々はこの池で溺れ、命を落としたという悲しい場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

現在では園内はきれいに整備され、お地蔵様にも新鮮なお花がたくさんお供えされていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最初にこの場所に入ってきた時、弁天様の目はどこを見ているのかわからない表情でしたが、お参りをして再び見上げると、しっかりとこちらを見てくださっているように感じました。なぜ、一度目に黒目の場所がわからなかったのか、全く不明です。

この場所は、人によっては強い霊気を感じるといいます。私も実は、一歩足を踏み入れた途端全身にゾクーッと寒気がし、鳥肌が経ちました。何かに波長があってしまったのでしょうか。


ただ、ここで亡くなった女性たちが身売りされた遊女だったから、悲惨な死に方をしたから、かわいそうだと評価をくだすのは違和感があるし、成仏のために供養しなくてはという考え方にも抵抗があります。

自分がその立場だったら、東北の貧しい寒村に生まれ(実際そういう人が多かったらしい)口減らしのために身売りされるという、厳しいけれども与えられた運命を受け入れ、生きていた存在であったとしたら、後々までその時の価値観で評価され同情されたいかな、と。

私は、その時が穏やかであろうが悲惨であろうが、旅立った魂には、すぐさま天から救いの手が差し伸べられると思いたいのです。

魂は現世を生きる人間の供養によって成仏するものでしょうか。それほど生きている人間が強い力を持つ有能なものなのかと、そこが信じられません。

ここで手を合わせるのは、先人の魂と、それを救いそして今私たちを見守っている大きな存在へ、敬意をお届けするためです。

私はこの場所に立って、そのように感じました。皆様はどのように思われるか、余裕があれば足をお運びくださいね。


吉原弁財天
台東区千束3−22

3

2013/3/16

八木澤商店のみそスイーツ  がんばろう日本!

クリックすると元のサイズで表示します

届きました。八木澤商店、新発売のみそスイーツ。予約限定30個。真っ白い箱にワインレッドのリボンを一巻したシンプルな包装。味に自信あり!の風情にわくわくしてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

今回発売されたのは、みそチーズケーキとみそパンデロウ。私はみそパンデロウにしました。

限定数が少ないから一人で両方買うなんてまずいだろう、と遠慮したら、その後フェイスブックで知りました。

「送料の問題もあるので(すみません...^^;)両方一緒にご注文される方がほとんどのようですが、」

なんだ!( ̄□ ̄;) いらぬ遠慮をしてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

パン・デ・ローはポルトガルのお菓子。卵をたくさん使って、あえて火を完全に通さずに仕上げるため、半熟カステラと訳されます。

クリックすると元のサイズで表示します

冷凍便で届いたみそパンデロウ。冷蔵庫でゆっくり解凍します。食べるのは冷たいままでも、温めてもOK。

温めるときは電子レンジで15秒程度とのこと。お風呂の温度ぐらいになるかな?

内なる声が「温めなさい」と頭の中でこだましています。温めましょう。かすかに湯気の上がるくらいに温めると、表面の半熟部分がトロッとしました。

クリックすると元のサイズで表示します

こう半熟にするのってどういう風に火を通すんだろうな?などと考えつつ、フォークですくって、ぱく。


ああ・・・!

前頭前野活動休止の幸福感!


どうやって火を通すかって?それはもうプロにまかせる!ワタシただ食べる人でいい!

表面のトロッの食感、底の方のふんわりシフォンケーキのような食感、どちらも濃厚な卵の風味。

味噌は名前に冠されても味では表に出ず、本来の主役の卵を支え、引き立てている感じ。しかし静かにその塩辛さでコクを増しつつ、食べ飽きしないアクセントになっていました。

味噌の複雑な風味は、スイーツの味に深みと広がりを与えます。これは素晴らしい。


ネットショップでも大人気ですが、少量生産のためすぐ売り切れてしまうそうです。エエ、この味は大量生産では出せない繊細さでしょう。消費者はがまんして待ちますから、このまま味を変えずに行ってほしいものです。

ところが東京の人、チャンス。日本橋高島屋で20日から開催される「大いわて展」で、みそパンデロウが買えるそうです。

http://yagisawa-s.co.jp/blog/2013/03/320-25.html

行くべし!
(フェイスブックでも大人気なので、のんびりしていると売り切れもありそうな気がします)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ